作成者別アーカイブ: soz

はじめの一歩 1182 防戦一方のゲバラに新型デンプシーロールを仕掛ける一歩

一歩に対して防戦一方のゲバラ | はじめの一歩

一歩に対して防戦一方のゲバラ | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 第1182話ネタバレストーリー・あらすじ「追撃」
  2. はじめの一歩 第1182話ネタバレ感想・考察
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1182話ネタバレストーリー・あらすじ「追撃」

世界ミドル級統一王者防衛戦のセミファイナルの幕之内一歩vsアントニオ・ゲバラ。

1ラウンド早々に、ゲバラは一歩のパンチでダウンする。

ゲバラは一歩のダッシュに追いつかれ、飛び込まれた瞬間に一歩の豪腕が唸る。

あっという間の出来事に観客が盛り上がる。

ナショナルチャンピオンクラスだと一歩は止められないという声も上がる。

そんな声に千堂は、自分のパクリだという。

一歩のダッシュ力に着目するボクサー達 | はじめの一歩

一歩のダッシュ力に着目するボクサー達 | はじめの一歩より引用

間柴は、一歩のダッシュ力は尋常じゃないと評価。打撃が派手で気を取られているが特筆すべき点はダッシュ力。

それは宮田も同意見だった。

まるで瞬間移動のようなダッシュ力にそれをとめるブレーキ能力。

一歩が以前にいっていたことは本当だったと考える宮田。新型デンプシーロールの発射台としての体づくりは完成していた。

ニュートラルでゲバラを見下ろす一歩。

レフェリーのカウントが続く。

このまま立ち上がれず、1ラウンドKOの風神復活なるかと観客も期待する。

観客は一歩のパンチでゲバラは立ち上がれないだろうと考えるも鴨川会長は違った。

パンチは浅いと見てゲバラは立ち上がると予想する鴨川会長 | はじめの一歩

パンチは浅いと見てゲバラは立ち上がると予想する鴨川会長 | はじめの一歩より引用

サウスポーのスウェーバックはオーソドックススタイルよりもはるかに遠い。ゲバラはスウェーで必死に逃げた。一歩のパンチはそれを追う形になり、パンチの当たりは浅いと見る。

鴨川会長は、ジェスチャーでニュートラルコーナーにいる一歩に合図を送る。

一歩も承知していた。薄く当たったのでゲバラは立ち上がってくると。

その二人の予想通り、ゲバラは立ち上がる。

観客やアナウンスは一歩の豪腕パンチを受けてまだ立ち上がるゲバラに驚愕する。

ゲバラの心はまだ折れていない。

新型デンプシーロールを出す気の一歩 | はじめの一歩

新型デンプシーロールを出す気の一歩 | はじめの一歩より引用

立ち上がったゲバラを見て、一歩はウォームアップを始める。控え室でモニター越しに一歩の試合を観戦している鷹村も新型デンプシーロールの試し打ちの頃合だと読む。

レフェリー試合再開の合図とともに弾丸のように突進する一歩 | はじめの一歩

レフェリー試合再開の合図とともに弾丸のように突進する一歩 | はじめの一歩より引用

レフェリーの試合再開の合図と同時に、一歩はゲバラに向けて弾丸のように突進する。

ゲバラのセコンドはジャブで牽制しろというもゲバラのジャブをくぶりぬける一歩。もう懐まで飛び込まれた。

ゲバラのセコンドは抱きつきでもなんでも時間稼ぎしろと指示を出す。ゲバラは一歩のボディブローを警戒して、ガードを下げる。

片手だがガードが間に合い、次に顔面のガードをする。

これもガードするもガード越しにゲバラの頭部は後ろにのけぞる。

サウスポー対策に必ず右から入ることをかかさない一歩。練習どおりにことをこなす一歩の真面目ぶりがスタイルを実現する。

ゲバラは防戦一方で、一歩の豪腕に押されて後退していく。

ゲバラをロープ際まで追い詰めた一歩 | はじめの一歩

ゲバラをロープ際まで追い詰めた一歩 | はじめの一歩より引用

ついに、ゲバラの背はロープについた。

一歩は、前回、ロープ際に追い詰めてカウンターをもらってKO負けしていることを危惧する鴨川会長。

一歩の動きをみると、その後遺症はないように思える。

ゲバラは手を出してくる。

そのゲバラのカウンターを一歩は回避し、新型デンプシーロールの体勢に入る。

はじめの一歩 第1182話ネタバレ感想・考察

これは終わりそう。決まればだけど。新型デンプシーロール不発になるか。

2017年5月24日発売 今週のマガジン「はじめの一歩」を読んで。

はじめの一歩 概要

はじめの一歩は、母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門してプロボクサーを目指し、活躍するボクシング漫画。

はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

週刊少年マガジンは、毎週水曜日発売の週刊少年漫画雑誌。

古くは手塚治虫や赤塚不二夫、つのだじろうといった通称『トキワ荘』組や小林よしのりなどといった複数の漫画誌を渡り歩いている漫画家を多く起用していた。1990年頃になるとその傾向は一旦低下するが、1999年頃から再び同社他誌の主力漫画家や他社デビューの漫画家を積極的に起用するようになっている。前者についてはCLAMP(『なかよし』)や福本伸行(『週刊ヤングマガジン』)が該当し、後者については大暮維人(『ウルトラジャンプ』)や木多康昭(『週刊少年ジャンプ』)、久米田康治(『週刊少年サンデー』)、ヒロユキ(『月刊少年ガンガン』)などがいる。その他能條純一や板垣恵介など他社の主力漫画家が一時的に『週刊少年マガジン』で連載を行なうことがある。

闇金ウシジマくん 434 熊倉に獅子谷のことを相談してしまった吉澤

獅子谷の悪趣味な耳ジャーキーネックレス | 闇金ウシジマくん

獅子谷の悪趣味な耳ジャーキーネックレス | 闇金ウシジマくんより引用

  1. 闇金ウシジマくん 第434話ネタバレストーリー・あらすじ「最終章 ウシジマくん20」
  2. 闇金ウシジマくん 第434話ネタバレ感想
  3. 闇金ウシジマくん 概要
  4. 闇金ウシジマくんを連載している週刊ビッグコミックスピリッツについて

闇金ウシジマくん 第434話ネタバレストーリー・あらすじ「最終章 ウシジマくん20」

竹本を恐喝したいたのは獅子谷兄弟だと知るウシジマ。

竹本の会社の専務のよっちゃんこと吉澤専務は、獅子谷に呼び出されていた。

獅子谷は、吉澤に視力を訊ねる。

吉澤は、両目とも1.0というと獅子谷は良かったと答える。理由は、獅子谷の足元に転がっているやつのようにメガネがかけられなくなるからだという。

獅子谷の足元に転がっている男の耳はそぎ落とされていた。

ミイラの技術は宗教儀式の一環として生まれた。死者の魂が永遠に行き続けるようにと獅子谷が語りだす。

吉澤は獅子谷が何を言うとしているかわからず生返事を返す。

獅子谷は首からぶら下げているものを何だと思うと吉澤に問う。

わからない吉澤。

耳ジャーキーだという獅子谷の首には人間の耳をつなげたネックレスがかかっていた。

獅子谷は自分に歯向かったり、要領の悪い人間は厳しく教育する。聞き分けの悪い奴は、ガスコンロで焼肉パーティー。それでも聞き分けの悪い奴は、一生歯向かえないよう気持ちが折れるまで徹底的に教育する。

耳ジャーキーをつくる。モノより思い出というが、形に残しておいたほうが忘れない。分かりやすい形の恐怖は永遠の服従につながる。

吉澤を脅す獅子谷 | 闇金ウシジマくん

吉澤を脅す獅子谷 | 闇金ウシジマくんより引用

持論を展開して前置きをした獅子谷は、吉澤の耳を掴み、例のモノは用意できたかと聞く。

吉澤は、竹本社長と相談中だと謝罪する。

獅子谷は時間切れだといい、明日までに用意できなかったら話し合いは終わりで実行に移すと脅す。

吉澤の実家は、父親、母親、妹で仲良く切り盛りしているラーメン屋。よく燃えそうだから火の気には用心しろと獅子谷は安易に吉澤の実家を攻撃すると伝える。

返された吉澤は、ヤバイヤバイと現在の状況を悲観する。

ホテルで、滑皮はキャバ嬢と会っていた。キャバ嬢は、太客とアフターでカラオケにいって喉がカラカラだというと滑皮はお疲れと労いの言葉を返し、今月ナンバーワンになったといえば、おめでとうと簡素に返事を返す。

キャバ嬢は、ここまで頑張れたのは滑皮のおかげだから何かプレゼントするという。買い物のいこうというも、滑皮は携帯に着信が入り、キャバ嬢を黙らせる。

電話の相手は熊倉だ。

キャバ嬢に冷たくあたる滑皮 | 闇金ウシジマくん

キャバ嬢に冷たくあたる滑皮 | 闇金ウシジマくんより引用

滑皮を呼び出す熊倉。いまから行くことになったというとキャバ嬢は寂しいという。しかし、熊倉を優先する滑皮。キャバ嬢に、30万円を要求し、ホテル代も払っておけといって去る滑皮。

熊倉の自宅にいくと熊倉は滑皮にメシを食ったかと聞くと食ってないと答える。

熊倉は作るから食っていけというと、雅子がでてきて自分が作るという。熊倉は、夜勤明けで疲れているだろうから自分が作るというとその言葉に甘える雅子。

熊倉は、オイルサーディンとネギを炒めて醤油をたらし、土鍋で炊いた米にのせて、味噌汁と一緒に滑皮に出した。

熊倉手作りのオイルサーディン丼を食す滑皮 | 闇金ウシジマくん

熊倉手作りのオイルサーディン丼を食す滑皮 | 闇金ウシジマくんより引用

滑皮は、礼儀正しく手を合わせて熊倉の作ったオイルサーディン丼を食べる。美味しいというと熊倉もまんざらでもない気持ちだ。食器は自分で洗えと熊倉がいうと滑皮は返事をする。

息子の光輝が小学校に登校するために部屋にはいってくる。滑皮に挨拶をする。熊倉は、息子に交通事故に気をつけるようにと見送る。

食べ終えた滑皮は、熊倉と家を出た。

向かった先は愛人のスナック幸子。スナック幸子で熊倉は幸子とことをなす。

声の大きさに驚く滑皮。

終わると熊倉は次の女のところに向かえと滑皮に指示を出す。

熊倉は女のモチベーションを上げるのも一苦労だという。

熊倉のスケジュール管理をする滑皮 | 闇金ウシジマくん

熊倉のスケジュール管理をする滑皮 | 闇金ウシジマくんより引用

滑皮は、2時間後にサンバービィという洋服ブランドの役員・吉澤のアポが入っていると熊倉に伝える。

覚えていることに感心する熊倉。言われる前に動くのが当たり前の世界で滑皮は見込みがあると評価する。

吉澤との打ち合わせにホテルに向かう。

吉澤は熊倉に今恐喝されていることを相談する。熊倉は、社長はどうしたと聞く。

闇金ウシジマくん 第434話ネタバレ感想

熊倉に相談してもカネを搾り取られることにはかわらないと思うんだけど、ここからどうやって解決に進んで行くのだろうか。いや、竹本がその後の話ででてこない(でてこなかった?)のなら、つぶれてしまうということか。

熊倉は、滑皮を可愛がっていたんだな。

2017年5月22日発売 今週のスピリッツ「闇金ウシジマくん」を読んで。

闇金ウシジマくん 概要

闇金ウシジマくんは、10日5割(トゴ)の超金利闇金融『カウカウファイナンス』の営業者・丑嶋馨の日常と、カウカウファイナンスに訪れる客およびその関係者の様々な人間模様と社会の闇を描いたストーリー。

闇金ウシジマくんを連載している週刊ビッグコミックスピリッツについて

週刊ビッグコミックスピリッツは、毎週月曜日に発売。発行部数は約30万部。週刊誌のため、4大ビッグコミックの中で発行頻度が最も多い。テレビアニメ化された作品は比較的少ないが、1990年代以降のトレンディードラマの台頭によって、柴門ふみの作品をはじめとしてテレビドラマ化された作品は多い。