カテゴリー別アーカイブ: 漫画

はじめの一歩 1189 “見えざる壁” スタンダードなボクサーがサウスポーを嫌う理由

一歩vsゲバラ | はじめの一歩

一歩vsゲバラ | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 第1189話ネタバレストーリー・あらすじ「見えざる壁」
  2. はじめの一歩 第1189話ネタバレ感想・考察
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1189話ネタバレストーリー・あらすじ「見えざる壁」

新型デンプシーロールでゲバラに迫る一歩。

しかし、一歩のパンチは空を切るばかり。

ゲバラにヒットしない。

板垣は一歩のパンチは当たらないという。

板垣は、邪魔者がいると指摘する。

板垣の言うとおり、一歩のパンチはゲバラに当たらない。

青木は、板垣のいう「邪魔者」を見出そうとするもわからない。

青木は、リング上には一歩とゲバラとレフェリーしかいないという。

しかし、板垣はよくみてくださいと念を押す。

ボクサーがサウスポーを嫌う理由 | はじめの一歩

ボクサーがサウスポーを嫌う理由 | はじめの一歩より引用

ゲバラの前足と一歩の前足がぶつかりあっている。

それに気付く木村。

邪魔者の正体はサウスポーの前に突き出した右足は、ゲバラに猶予を与えている。

ボクサーがサウスポーを嫌う理由 | はじめの一歩

ボクサーがサウスポーを嫌う理由 | はじめの一歩より引用

踏み込んでいるようにみえて届かない。まだスウェーで避けられる空間が存在する。

一歩の新型デンプシーロールにロングパンチはない以上、もうひとつ踏み込まないと当たらないと八木も指摘。

それに気付いた青木は、サウスポーは前足が壁になるのかとサウスポーに対してめんどくさがる。

いぬやしき 最終話 ジャンプの新人賞に入選する犬屋敷麻理

父親のことを聞かれて言葉に詰まる麻理 | いぬやしき最終話

父親のことを聞かれて言葉に詰まる麻理 | いぬやしき最終話より引用

  1. いぬやしき 最終話ネタバレストーリー・あらすじ
  2. いぬやしき 最終話ネタバレ感想・考察
  3. いぬやしき 概要
  4. いぬやしきを連載しているイブニングについて

いぬやしき 最終話ネタバレストーリー・あらすじ

地球に迫ってきた巨大隕石。人類の力では衝突は回避できなかった。絶望する地球。その巨大隕石を自爆することで守ったいぬやしきと獅子神ヒロ。

守られた地球はなんでもない日常に戻っていた。

女子高生の会話 | いぬやしき最終話

女子高生の会話 | いぬやしき最終話より引用

麻理が通う高校でも隕石消滅は話題になっていた。

麻理を取り囲む女子高生は、隕石消滅はアメリカのおかげだと話し合っていた。

アメリカさまさまだと。

そんな話題に入っていけない麻理。

隕石消滅の真実を知る数少ない人間の一人。

女子高生たちは、話題を麻理のお父さんに変える。

一人の女子高生が、いなくなった麻理のお父さんが帰ってきたかを麻理本人に聞く。そのことを知らなかった女子高生は、何があったのかと聞く。

言葉がでない麻理。

麻理は、涙を浮かべ蹲る。

麻理の母親は、パートで働くも身に入らない。

カツアゲされる麻理の弟 | いぬやしき最終話

カツアゲされる麻理の弟 | いぬやしき最終話より引用

麻理の弟は、屋上でカツアゲにあっていた。

父親が失踪して、母親がパートで働いているからカネはないというもカツアゲするほうは、万引きしてでもカネを作ってこいと麻理の弟の頭を殴る。

あと1時間待つから1万円集めて来いと命令する。