カテゴリー別アーカイブ: オケラのつばさ ネタバレ感想考察

オケラのつばさのネタバレ感想考察。オケラのつばさについて。親の遺産を相続して人生バラ色の桶川翼は、ある日バイクの事故で瀕死の重傷を負う。そこに神様がやってきて命を救われる。命の代わりに「お金が一切使えない」という条件で甦った翼は今後どうなるか。傲慢なイケメンと冴えない貧乏神のコンビが織り成すギャグ漫画。

オケラのつばさ 54 打ち切り最終回。次回は「しあわせアフロ田中」

しあわせアフロ田中|オケラのつばさ

しあわせアフロ田中|オケラのつばさより引用

オケラのつばさ概要

親の遺産を相続して人生バラ色の桶川翼は、ある日バイクの事故で瀕○の重傷を負う。そこに神様がやってきて命を救われる。命の代わりに「お金が一切使えない」という条件で甦った翼は今後どうなるか。傲慢なイケメンと冴えない貧乏神のコンビが織り成すギャグ漫画。

オケラのつばさ今回のあらすじ

地球の新担当となった自由の女神は「何もしない」という。人類はそれほど馬鹿ではないという。自由にさせておけば大丈夫だという。貧乏神は人間は馬鹿だと思うというもそこは否定する。

そんな矢先、馬鹿の塊のような男中村が市役所から出てきた。そして、ガガの家に行き、「年金を払ってきた」という。ガガは中村のことを見直した。

翼は明日旅立つ事をおやっさんに告げる。明日、翼のお別れ会のバーベキューをすることになった。

中村は35万円だと世界旅行なんて金が足りないというも、そこは否定しない翼。金は足りなくてもなんとかなるという。結局、人対人ならなんとかなるだろうと。中村は歯ぐらいは入れろというもそれもいらないという。

翼は、イケメンとチヤホヤされてきたが美貌なんてものは一時のモノ。将来、必ず失うモノに頼っているわけにもいかない。だから歯はいいという。金も一緒だという。唯一ずっと存在するのは、自分のした経験だけだと。美輪明宏が言っていたんですよね?とおやっさんに確認する翼。

翼|オケラのつばさ

翼|オケラのつばさより引用

貧乏神はまずどこに行くのかと聞かれ、グアム島に長期滞在する予定だという。世界一周旅行の最初の地がグアムだとイメージが違うという中村。翼は中村を旅行に誘うも貧乏旅行はいやだと断る。翼は、次に貧乏神を誘う。金が使えるようになったから行くかと。貧乏神はビンボーな男よりも金持ちと結婚したいという。

出発の前におやっさんが翼に英語が喋れないのならせめて「I want」は覚えていけという。私は何々したいという意味で汎用性のある言葉だと。そして、翼は旅たつ。

そして、グアムで仕事を探す翼であった。

続きを読む

オケラのつばさ 53 大金に目がくらんだ友情の仲直りの方法

大金に目がくらんだ友情の仲直りの方法|オケラのつばさ

大金に目がくらんだ友情の仲直りの方法|オケラのつばさより引用

オケラのつばさ概要

親の遺産を相続して人生バラ色の桶川翼は、ある日バイクの事故で瀕○の重傷を負う。そこに神様がやってきて命を救われる。命の代わりに「お金が一切使えない」という条件で甦った翼は今後どうなるか。傲慢なイケメンと冴えない貧乏神のコンビが織り成すギャグ漫画。

オケラのつばさ今回のあらすじ

神の損害賠償で25億円を手に入れた翼。一方、中村は35万円だった。25億円が入っている銀行通帳をみて、翼は過去が甦る。カネの力にまかせてやってきた数々の悪事も思い出す。苦しいものだと感じる翼。

カネが使えなかったいままでが身軽だったと感じる翼。

翼は、おやっさんに封筒を渡す。おやっさんはなんだと聞くと封筒には100万円入っているという。いままでお世話になった御礼で受け取って欲しいと。おやっさんは欲しいというものの受け取れないという。受け取ってしまっては翼のことを「お前」と呼べなくなる。今までどおり「対等の関係」のほうが幸せだという。

翼は海を見ながら考える。そこに中村がやってきて3億円くれと言い出す。たった3億円でいいという。翼はダメだという。理由を聞くと、大金を手にしたら完全に不幸になるタイプだからという。中村は食い下がって、1億円でもいいという。25億円を2万5千円に例えたら、たった千円だぞと。そこから例え話を繰り返すも翼はダメだの一点張りだった。中村は翼をクズ呼ばわりして去っていく。

そこで翼は、中村と同じ残高の35万円になるようの残りの24億9千9百65万円を寄付してきた。通帳をみた中村はずっこける。翼は25億円で友達をなくすよりこっちのほうがいいという。中村はそんな翼をバカ呼ばわりして殴りかかる。よけられて転げる中村。泣き叫ぶ中村。

世界一周旅行を決意する翼|オケラのつばさ

世界一周旅行を決意する翼|オケラのつばさより引用

翼は35万円を元手に世界一周旅行でもしてみようかと考えていた。

続きを読む