カテゴリー別アーカイブ: ONEPIECE(ワンピース) ネタバレ感想考察

ONEPIECE(ワンピース)のネタバレ感想考察。ONEPIECE(ワンピース)について。「ひとつなぎの大宝石(ワンピース)」を探すため海賊になった少年モンキーDルフィを主人公とする海洋冒険ロマン。

ワンピース 866 四皇ビッグ・マムの過去編。お菓子セムラを求めて巨人族エルバフの戦士の村を破壊したビッグ・マム。

お菓子セムラ | ワンピースONEPIECE

お菓子セムラ | ワンピースONEPIECEより引用

  1. ワンピースONEPIECE第866話ネタバレストーリー・あらすじ「ナチュラル・ボーン・デストロイヤー」
  2. ワンピースONEPIECE第866話ネタバレ感想
  3. ワンピースONEPIECEの概要
  4. ワンピースONEPIECEを連載している週刊少年ジャンプについて

ワンピースONEPIECE第866話ネタバレストーリー・あらすじ「ナチュラル・ボーン・デストロイヤー」

四皇ビッグ・マムの過去編。

最も有名な巨人族、エルバフの戦士たちが住む島に、5歳のシャーロット・リンリン(ビッグ・マム)が海岸にいた。

シャーロット・リンリン(ビッグ・マム) | ワンピースONEPIECE

シャーロット・リンリン(ビッグ・マム) | ワンピースONEPIECEより引用

ここはどこかと、シャーロット・リンリン(ビッグ・マム)はママに尋ねる。

ママは、パパの仕事があるからここで待っててほしいというと駄々をこねるシャーロット・リンリン(ビッグ・マム)。

ママはお菓子があるからというと目をハートマークにしてシャーロット・リンリン(ビッグ・マム)は待つという。

しかし、船に乗った両親は涙をこっそり流す。

シャーロット・リンリン(ビッグ・マム)は、冬になってもパパとママの帰りを待っていた。

そして、エルバフといえば、100年前、世界で恐れられていた巨人の戦士たち。巨兵海賊団が船長二人を突然失い伝説になった。

マザー・カルメルことシスター・カルメルの若かりし頃 | ワンピースONEPIECE

マザー・カルメルことシスター・カルメルの若かりし頃 | ワンピースONEPIECEより引用

トップを失い油断した巨兵海賊団の残党が海軍に捕まり処刑される時、シスター・カルメルがそれを止める。

海軍は世界を恐怖に陥れた巨人族を容認できないというとシスター・カルメルはだからこそという。シスター・カルメルは、種族を超えて、笑い会える世界を導こうとしていた。

マザー・カルメルと羊の家 | ワンピースONEPIECE

マザー・カルメルと羊の家 | ワンピースONEPIECEより引用

シスター・カルメルはやがてマザーと呼ばれ身分問わず、行くあての失った子供たちを売れいれる「羊の家」という施設を開いた。

それから37年後、羊の家にシャーロット・リンリン(ビッグ・マム)が引き取られる。

ワンピース 818 グランドラインの最終地点『ラフテル』の場所と光月おでんの正体

最後の島『ラフテル』と聞いてドキドキするニコ・ロビン | ワンピースONEPIECE

最後の島『ラフテル』と聞いてドキドキするニコ・ロビン | ワンピースONEPIECEより引用

ワンピースONEPIECE第818話ネタバレストーリー・あらすじ「くじらの中で」

忍者雷ぞう、錦えもん、カン十郎は、くじらの上でミンク族の荒れ果てた街を見て、涙する。雷ぞうが来たときには、これほどのこうではなかったという。都市も川も美しく、町も賑わい、人々の暮らしがあり、国が生きていたと。それを雷ぞうを庇うために。

ワノ国の男子は泣かぬ。ただこれに報いる働きをいたすゆえに許せと涙が止まらない雷ぞう。

くじらの中では、ニコ・ロビンが赤い石ロード・ポーネグリフの解読を終えていた。ニコ・ロビンの記したとおりに海図はかけるというナミ。

この赤い歴史の本文、ロード・ポーネグリフはグランドラインの最終地点へと導くための石だとイヌアラシ公爵はいう。

グランドラインの最終地点と聞いて、ニコ・ロビンは最後の島『ラフテル』という名を挙げる。イヌアラシ公爵は「ただし」というもニコ・ロビンの『ラフテル』という名前で麦わら海賊団一同が絶叫する。

ルフィたちが目指していた。いや、すべての海賊たちが目指している島『ラフテル』がそこに書かれているならゴールだと、海賊王だと叫ぶ麦わら海賊団。

ロード・ポーネグリフは4つあるというイヌアラシ公爵 | ワンピースONEPIECE

ロード・ポーネグリフは4つあるというイヌアラシ公爵 | ワンピースONEPIECEより引用

イヌアラシ公爵は「ただし」ともう一度いう。赤い歴史の本文、ロード・ポーネグリフは世界に4つあるという。イヌアラシの言葉で、ルフィは最後の島『ラフテル』が4つもあるのかと驚く。赤い歴史の本文、ロード・ポーネグリフは、どこかの地点が記されているが『ラフテル』ではないという。

グランドラインの最終地点『ラフテル』の場所を記したロード・ポーネグリフ | ワンピースONEPIECE

グランドラインの最終地点『ラフテル』の場所を記したロード・ポーネグリフ | ワンピースONEPIECEより引用

それぞれの地点が記されている位置を知り、地図上で、4つの点を結んだその中心に、海賊王ゴールド・ロジャーのクルーたちしか行き着くことのできなかった最後の島『ラフテル』があるという。

ひとつなぎの大秘宝が見えてきてゾクゾクする麦わらの海賊団ルフィ | ワンピースONEPIECE

ひとつなぎの大秘宝が見えてきてゾクゾクする麦わらの海賊団ルフィ | ワンピースONEPIECEより引用

ルフィはゾクゾクする。『ラフテル』に『ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)』があるんだなと。

ルフィは嬉しくなって、早速サンジをつれてくるという。ペコムズが「ホールケーキアイランド」へ向かうなら間違ってないだろうとネコマムシの旦那はいう。

話は続く。

ロード・ポーネグリフの2つは四皇の『百獣のカイドウ』と『ビッグ・マム』が持っている | ワンピースONEPIECE

ロード・ポーネグリフの2つは四皇の『百獣のカイドウ』と『ビッグ・マム』が持っている | ワンピースONEPIECEより引用