カテゴリー別アーカイブ: 勇午Final ネタバレ感想考察

勇午Finalのネタバレ感想考察。勇午Finalについて。交渉人勇午の最終章。勇午史上最悪にして最凶な事件が襲い掛かる。人が人を食う事件が広がり、それを起こしている人物に近づこうとする勇午であったが、勇午自身も襲われてしまう。交渉に失敗すれば人類同士の大量虐殺が永遠に続く。

勇午Final 最終話 ドゥフとの交渉終結

最終話 | 勇午Final

最終話 | 勇午Finalより引用

勇午Final 概要

交渉人勇午の最終章。勇午史上最悪にして最凶な事件が襲い掛かる。人が人を食う事件が広がり、それを起こしている人物に近づこうとする勇午であったが、勇午自身も襲われてしまう。交渉に失敗すれば人類同士の大量虐○が永遠に続く。

勇午Final 最終話ネタバレストーリー・あらすじ「交渉人」

ハンナは銃口を父親に向ける。

勇午はハンナを止めようとするもハンナは、父親が行った罪を○んで償い、自分がすべての罪を背負う覚悟で涙を流す。

勇午は、ハンナの背負うべき罪ではないと説得するもハンナは、父親のF小麦と自分の研究のせいだからという。

勇午は、ハンナに引き金を引けば、ハンナの研究はただの○人兵器になると脅す。

その間にもハンナの父親は、スマートフォンでドローンを操作しようとする。

銃声が鳴り響く。

勇午は、ハンナの拳銃を抑える。

銃声は、遠くの建物から打たれたスナイパーの銃声。ジジがハンナの父のスマートフォンを打ち抜いたのだ。

ドローンは操作できなくなる。

これでアヤソフィアの惨劇はなくなった。

ハンナは叫ぶ。拳銃を抑えられたハンナは、勇午を振りほどこうとする。

勇午は、残る「永久機関」も止めることができるとハンナにいう。

その言葉で、ハンナは拳銃から手を放す。

最終話 | 勇午Final

最終話 | 勇午Finalより引用

ハンナの父親は、「永久機関」を止められるという勇午の言葉を鼻で笑う。

勇午は、4、5日フランツ小麦の摂取を止めれば、レセプターは消えると断言するもハンナの父親は、砂漠で育つフランツ小麦の栽培を止められる者はいないと豪語する。

しかし、勇午は、ハンナがレセプターを作らないフランツ小麦をつくるという。全ての罪を背負うという覚悟がある彼女なら遠くない未来に人畜無害なフランツ小麦が完成するでしょうと。

あなたが慈しみ育てた娘こそ「ドゥフ」の誤算だと勇午はいう。

この交渉で残った希望だという。

ハンナの父は勇午を有能なのに有色人種ということ憂い、自分がいなくなっても第2第3のドゥフが現れるという。

最終話 | 勇午Final

最終話 | 勇午Finalより引用

それでも勇午は、すべての「ドゥフ」と自分は交渉するという。

後日、病院にて勇午は、ソレルに面会していた。ドゥフとの交渉が終わったことを告げるとソレルは、勇午のことをグレートヴィンテージだと褒める。

勇午は、この交渉に成功させたのはソレルだという。勇午はソレルを称えるもソレルの手から力が失い、亡くなる。

日本に帰った勇午は、事務所でハンナがフランツ小麦の改良に成功したニュースを見る。

最終話 | 勇午Final

最終話 | 勇午Finalより引用

そして、勇午はまた交渉に出る。

勇午Final 最終話ネタバレ感想

勇午の最終回。もう勇午が読めなくなるのか。少し寂しい。

2015年11月10日発売 今週のイブニング14号「勇午Final」を読んで。

勇午Final 14 イスメト白状する

勇午とハンナ|勇午Final

勇午とハンナ|勇午Finalより引用

勇午Final 概要

交渉人勇午の最終章。勇午史上最悪にして最凶な事件が襲い掛かる。人が人を食う事件が広がり、それを起こしている人物に近づこうとする勇午であったが、勇午自身も襲われてしまう。交渉に失敗すれば人類同士の大量虐○が永遠に続く。

勇午Final 今回のあらすじ

ハンナを連れてハンナの両親が○されたホテル・タシュエヴにきた勇午とハンナ。そこでハンナの記憶が甦る。イスメトは勇午たちに銃と突きつける。ハンナは甦った記憶からアベル・マイスナーと一緒にいた人物だと証言する。

勇午は落ち着いた口調でイスメトに語りかける。ハンナは、フランツ・ナウマン夫婦の娘で、当時、ホテルでシュタージのクルト・ケステンと何をしていたのかを聞く。イスメトが応える前に勇午は応える。○人だと。司令部の報告書にもかけない○人だと。

否定するイスメト。自分は潔白だという。

勇午は、何があったのか真相を聞く。イスメトは白状する。生物兵器の情報を得て、エディルネを警戒していた。生物兵器の技術をもつのは東ドイツの科学者ですででにエディルネに潜伏しているという情報を手に入れ、単身乗り込んだと。そこでは、フランツ夫妻を○すクルト・ケステンがいて、目的は生物兵器の拡散を防ぐことでイスメトと同じ目的だという。ケルト・クルテンはフランツの靴からチップを取り出し、二人で情報を共有するという話になった。

イゼル中尉|勇午Final

イゼル中尉|勇午Finalより引用

イスメトは、勇午に銃を突きつけると。イスメトの後ろから銃をつきつけるものが現れた。イゼルだった。イスメトは勇午と手を組んだのかとすぐに察する。イスメトは国をそむくのかというもイゼルは、国にそむいているのはイスメトだと糾弾する。イスメトは国への忠誠心など30年前に捨てたという。

勇午はまだ間に合うと。真実を語れば多くの人を救うことができる。イゼルもイスメトに涙しながら願う。イスメトは諦めて銃を下ろす。

勇午は共食い事件の話を持ち出すも、イスメトは何をいっているのかわからないでいた。共食い事件を解決するために生物兵器の情報を教えて欲しいという勇午に何の話だと聞く。フランツ・ナウマン夫婦から奪った情報は、生物兵器とは無関係の作物の改良についての論文と付属情報だったと。それでクルト・ケステンは、アベル・マイスナーと名前をかえ、ハイパー小麦で実業家になっていると。

続きを読む