カテゴリー別アーカイブ: グラゼニ ネタバレ感想考察

グラゼニのネタバレ感想考察。グラゼニについて。成果主義であるプロ野球においての「カネ」をテーマとした作品で試合描写よりも金勘定の話がメインとなる。プロ野球を題材とした漫画としては珍しく主人公が左の中継ぎ投手という比較的地味なポジションであり、その視点から描くことで超格差社会であるプロ野球のシビアな世界がより強調されている。

グラゼニ 東京ドーム編 44 再来年の次の年以降を見据える凡田夏之介とダーティー桜塚

ふっかけようとするダーティ桜塚 | グラゼニ 東京ドーム編

ふっかけようとするダーティ桜塚 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

グラゼニ 東京ドーム編 概要

成果主義であるプロ野球においての「カネ」をテーマとした作品で試合描写よりも金勘定の話がメインとなる。プロ野球を題材とした漫画としては珍しく主人公が左の中継ぎ投手という比較的地味なポジションであり、その視点から描くことで超格差社会であるプロ野球のシビアな世界がより強調されている。球界マネーサバイバル漫画。

グラゼニ 東京ドーム編 第44話ネタバレストーリー・あらすじ「幸せな則川ツー」

2DKのマンションの則川邸で婚姻届に署名する則川。色黒の女性と結婚する。結婚式をするわけでもなく、届出をするだけ。

則川の女 | グラゼニ 東京ドーム編

則川の女 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

結婚式を挙げないのではなく、挙げられない。理由は結婚式をして招待客の中に結婚相手の女と昔付き合っていた野球選手が何人混じってくるかわからないという。

この女はある意味有名な女だった。でも則川は、女の過去は聞かないことにしているし、女も喋らない。

則川の女の過去 | グラゼニ 東京ドーム編

則川の女の過去 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

結婚式の返りに則川があの女とよく結婚したよなという会話が聞こえてくると。だから結婚式ができないという。

則川の結婚観 | グラゼニ 東京ドーム編

則川の結婚観 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

女もそういう自覚があるから結婚式をやりたいとは言い出さない。則川はでもこの女でいいと考える。キレーでバカで何より明るい。田舎者でモテなかった自分には上玉の女を掴まえたと考える則川。

女は知っているという。則川がプロ野球界でずっと勝ち続けていること。そうじゃなくちゃ優勝の瞬間にマウンドの上にいないよね?と則川に聞く。

でも則川は、「男の世界」のことをわからなくてもいいという。しかも勝ち続けていないと。

女はでも不敵な笑いで「蛇の道はヘビ」という。則川の頭の中はハテナとなる。言った本人はつい意味深なことを言ってしまったと視線を逸らす。

蛇の道はヘビとは、その道の専門家はその道を良く知っているという意味。

凡田夏之介はダーティー桜塚に謝罪する。ダーティー桜塚も今回は自分の出番はなかったという。

辺見監督が先回りして、手厚い提案をしてくれた。後ろめたいことをするからと。

ダーティ桜塚 | グラゼニ 東京ドーム編

ダーティー桜塚 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

ダーティー桜塚は考え方の話をする。「3年2億4千万契約」と言える。今年8千万円、来年4千万円、再来年1億2千万円。合計2億4千万円。これを勝ち取ったといえると。

ダーティー桜塚はただ来年目いっぱい活躍して再来年・倍増という可能性も十分あったけどと添える。

凡田夏之介はダーティー桜塚の慰めに感謝する。凡田は辺見が監督1年目は動くことを考慮しても自分のことを最大限に配慮してくれたという。

肘についても手術までいってしまったけど、大事に使ってもほつれかかっていたという。

凡田夏之介 | グラゼニ 東京ドーム編

凡田夏之介 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

だから来年普通にプレーしたら成績を落としていた可能性も高かった。それは再来年の減俸につながると考える凡田夏之介。

トミー・ジョンを受けてよかった。手術でリセットされた自分が成績をあげて、その翌年の給料をアップする考えだというと、ダーティー桜塚はいいねという。人間万事塞翁が馬と。

人間万事塞翁が馬とは、幸せが不幸に。不幸が幸せに。いつ転じるかわからないから安易に一喜一憂すべきではないという意味。

ミーハーな則川の女 | グラゼニ 東京ドーム編

ミーハーな則川の女 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

役所に婚姻届を出しに来た則川とその女。女は窓口の人がモップスの則川投手だと。則川はそんなことを気にしていなかった。

ミーハーな則川の女 | グラゼニ 東京ドーム編

ミーハーな則川の女 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

窓口で、届出を出し、窓口の人もちらっと則川を見るも受理しましたというだけだった。素で気付かれなかったことに女は驚愕する。セ・リーグで優勝した瞬間にマウンドにいた人なんだよと。でもそんなものかと考える。

ミーハーな則川の女 | グラゼニ 東京ドーム編

ミーハーな則川の女 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

女は、誰が見ても一目でスグわかる選手と結婚したかったという。街中を歩いているだけで注目の的になり、いい女連れていると言われるような、そんなことを思っていた。

でも、自分は則川がお似合いかと考える。上玉を掴まえたほうだと。

ダーティー桜塚は、育成契約になるためには一旦「自由契約選手」になるという。聞こえがよくないけど仕方ないと思う凡田夏之介。ダーティー桜塚は、ただ囲い込みがミエミエだから横槍をいれてくるとこはないと思うというと、凡田夏之介は、案外手を挙げてくれるところあるかもという。

ダーティー桜塚は、その時はモップスよりもいい条件出してくるところがあったら考えようと。

そして、ダーティー桜塚は子犬の一球を抱えたまま帰ろうとして、凡田夏之介にとめられる。

凡田家を後にしたダーティー桜塚は、モップスは勝手に恩を売ってくれた。凡田が再来年復帰して「ちょっと」働いたら次の年は思いっきりふっかけると考える。

自由契約選手になった凡田だが、どこからもオファがなく育成契約でゴーサインを出す。一球も投げられない選手を取りに来る球団はないだろうとわかっていても凡田夏之介は少し寂しかった。

凡田夏之介はダーティー桜塚の再来年の次の年に球団からごっそり取ることを考えていることを見抜く。しかし、凡田夏之介はそれにとどまらないという。選手生命が延びたのだからもっと稼いでやると考えていた。

そのためにはモップスは一番カネ払いがいい球団だから出て行かないと考える。

凡田夫婦で一球の散歩にでかけると一般人に声をかけられる凡田夏之介だった。

グラゼニ 東京ドーム編 第44話ネタバレ感想

ダーティー、なにやら理屈述べてるけど、でも結局再来年は「口約束」でしかないのは変わりないんだから、「3年2億4千万契約」を「勝ち取った」とは言えないんじゃないかな。

プロ野球界は知らないけど、普通のビジネスの世界だと「口約束」なんて「無い」も同然なんだけど。コネや馴れ合いの関係だったら「口約束」でも「有る」だろうけど。

凡田を慰めるつもりで言ってたとしても凡田の味方としてもっと成果をあげる行動をとってほしい。その行動は再来年以降にとっておくということっぽいけど、再来年がないかもしれないのに。

夏之介の肘の手術をして「リセット」は考え過ぎだと思うけど。プロ野球は詳しくないんだけど、投手で野球人生のなかで一度も故障しない選手はいないのだろうか。それともトミー・ジョン手術は前よりも身体的に強化されるのだろうか。

2015年9月10日発売 今週のモーニング41号「グラゼニ 東京ドーム編」を読んで。

グラゼニ 東京ドーム編 43 年俸四千万円の男(文京モップス則川)の思考回路

年俸四千万円の男(文京モップス則川)の思考回路 | グラゼニ 東京ドーム編

年俸四千万円の男(文京モップス則川)の思考回路 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

グラゼニ 東京ドーム編 概要

成果主義であるプロ野球においての「カネ」をテーマとした作品で試合描写よりも金勘定の話がメインとなる。プロ野球を題材とした漫画としては珍しく主人公が左の中継ぎ投手という比較的地味なポジションであり、その視点から描くことで超格差社会であるプロ野球のシビアな世界がより強調されている。球界マネーサバイバル漫画。

グラゼニ 東京ドーム編 第43話ネタバレストーリー・あらすじ「幸せな則川」

則川の色黒彼女 | グラゼニ 東京ドーム編

則川の色黒彼女 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

則川のプライベート。自宅でブランデーを傾けながら嗜好品を吸い、色黒の彼女の肩を抱いていた。

則川の彼女は年俸四千万円の野球選手の奥サンになるんだぁと露骨なことをいっている。

則川の色黒彼女 | グラゼニ 東京ドーム編

則川の色黒彼女 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

則川は、年俸1千100万円のときは結婚してくれなかったくせに、ゲンキンな女めという。彼女は「今年のオフ」に結婚するといっていたと言い訳をする。

則川はイヤミたっぷりに品定めしていただろという。

してないというしてたら他の選手と結婚していると更に下手なごまかしをする。則川はそのノリにのって自分を将来の1億円プレーヤーと呼ぶ。

それには彼女もいいねという。モップスにいる間が稼いじゃえと。

則川は彼女にモップスの選手狙いだなというと彼女はモップスの選手してはカッコ悪いけどねと結果けなしていることを気づかず、自分が金目当てじゃないと言い訳をする。

そこに則川の電話がなる。電話は杉里からで、モップスのトライアウトに落ちたから台湾にいってテストを受けるという。

則川が彼女に期待すること | グラゼニ 東京ドーム編

則川が彼女に期待すること | グラゼニ 東京ドーム編より引用

則川は、自分も台湾にいくことになったらついてきてくれるかと彼女に聞く。彼女は少し間を置いて、行かないと席を立つ。

則川が彼女に期待すること | グラゼニ 東京ドーム編

則川が彼女に期待すること | グラゼニ 東京ドーム編より引用

則川は彼女にそーゆーことを期待していない。キレイでバカで明るきゃそれでいいと思う。

則川は思う。彼女には「男の世界」のことはわからなくていい。おれ達の生きている世界は「特別すぎて」。一般の女には到底理解できるハズもない。理解されたら逆に気持ち悪い。としたり顔で思う。

でも則川は「案外こーゆー女がついてきてくれるんだけどな」というと彼女は「いかないよ」と念を押す。

凡田家では、妻は犬と戯れているのを見る夏之介。安静がアスリートにはこたえると神妙な顔をしていると犬の一球を目の前までつれてきてくれる。そして、散歩に。

鳥海、所沢ジャガーズに都落ち | グラゼニ 東京ドーム編

鳥海、所沢ジャガーズに都落ち | グラゼニ 東京ドーム編より引用

鳥海は所沢ジャガーズに移籍して、ドラフト1位で文京モップスに入った男が所沢ジャガーズに入った気分はどうだと聞かれ、都落ちしたかと聞かれる。

鳥海はパ・リーグにきてたほうがもっと稼げたという。パ・リーグにはDHがあるからだという。交流戦をやるとパ・リーグが強いのはDH制があるから打てるバッターがセ・リーグより多いという。

海鳥がパ・リーグに入っていたら年俸1億円はいってたかもしれないという。

鳥海は子ども2人を育てるため、ドラフト1位のプライドもないというジャガーズに拾ってもらったことに感謝するのみだと。

ダーティ桜塚 | グラゼニ 東京ドーム編

ダーティ桜塚 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

凡田家にはダーティ桜塚が訪問していた。選手と直接年俸交渉するのは約束違反だと。ダーティ桜塚は球団事務所に赴き、話をしてきたという。大筋は同じ。

ダーティ桜塚 | グラゼニ 東京ドーム編

ダーティ桜塚 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

ただ複数年契約ではない。あくまでも口約束だから、来年球団の気持ちが変わったとしても文句は言えないと夏之介にいう。

グラゼニ 東京ドーム編 第43話ネタバレ感想

今回の則川は気持ち悪過ぎて笑いがこみ上げてくるほど、したり顔で「男の世界」とか「特別すぎる」とか「一般の女には到底理解できるハズもない」とか。年俸四千万円程度で何(心の中で)語ってんの。

則川「お前はキレーでバカで明るきゃそれでいい」て、いつの時代の人間だよ。

この色黒の彼女も「あたし年俸四千万円の野球選手の奥サンになるんだァ!」て。
少年漫画のようにクサイセリフでも物語や世界観や演出でカッコよく聞えたり、感動するようなシーンになったりするけど、グラゼニは、なまじ現代の現実的なところをフォーカスしようとしてるから、それとも演出が無さ過ぎてか、違和感ありまくりのシーンで逆に笑い誘ってるのかと思ってしまう。

カイジのように笑いを誘ってるのか。そうなのか。

今回の則川のシーンは誰得なんだろう。共感する年代て相当上じゃないだろうか。でもそんな相当上の年代の人は「漫画」を読むのかね。石原の裕ちゃんて。

年俸四千万円程度で、ずいぶん高いところから見下してんだなぁ…。

ある意味でいろんなことを考えさせられる漫画だと思う。

一球の腹出し | グラゼニ 東京ドーム編

一球の腹出し | グラゼニ 東京ドーム編より引用

最後に一球さんの腹出しで癒されよう。

2015年8月27日発売 今週のモーニング39号「グラゼニ 東京ドーム編」を読んで。