カテゴリー別アーカイブ: グラゼニ ネタバレ感想考察

グラゼニのネタバレ感想考察。グラゼニについて。成果主義であるプロ野球においての「カネ」をテーマとした作品で試合描写よりも金勘定の話がメインとなる。プロ野球を題材とした漫画としては珍しく主人公が左の中継ぎ投手という比較的地味なポジションであり、その視点から描くことで超格差社会であるプロ野球のシビアな世界がより強調されている。

グラゼニ 東京ドーム編 44 再来年の次の年以降を見据える凡田夏之介とダーティー桜塚

ふっかけようとするダーティ桜塚 | グラゼニ 東京ドーム編

ふっかけようとするダーティ桜塚 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

グラゼニ 東京ドーム編 概要

成果主義であるプロ野球においての「カネ」をテーマとした作品で試合描写よりも金勘定の話がメインとなる。プロ野球を題材とした漫画としては珍しく主人公が左の中継ぎ投手という比較的地味なポジションであり、その視点から描くことで超格差社会であるプロ野球のシビアな世界がより強調されている。球界マネーサバイバル漫画。

グラゼニ 東京ドーム編 第44話ネタバレストーリー・あらすじ「幸せな則川ツー」

2DKのマンションの則川邸で婚姻届に署名する則川。色黒の女性と結婚する。結婚式をするわけでもなく、届出をするだけ。

則川の女 | グラゼニ 東京ドーム編

則川の女 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

結婚式を挙げないのではなく、挙げられない。理由は結婚式をして招待客の中に結婚相手の女と昔付き合っていた野球選手が何人混じってくるかわからないという。

この女はある意味有名な女だった。でも則川は、女の過去は聞かないことにしているし、女も喋らない。

則川の女の過去 | グラゼニ 東京ドーム編

則川の女の過去 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

結婚式の返りに則川があの女とよく結婚したよなという会話が聞こえてくると。だから結婚式ができないという。

則川の結婚観 | グラゼニ 東京ドーム編

則川の結婚観 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

女もそういう自覚があるから結婚式をやりたいとは言い出さない。則川はでもこの女でいいと考える。キレーでバカで何より明るい。田舎者でモテなかった自分には上玉の女を掴まえたと考える則川。

女は知っているという。則川がプロ野球界でずっと勝ち続けていること。そうじゃなくちゃ優勝の瞬間にマウンドの上にいないよね?と則川に聞く。

グラゼニ 東京ドーム編 43 年俸四千万円の男(文京モップス則川)の思考回路

年俸四千万円の男(文京モップス則川)の思考回路 | グラゼニ 東京ドーム編

年俸四千万円の男(文京モップス則川)の思考回路 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

グラゼニ 東京ドーム編 概要

成果主義であるプロ野球においての「カネ」をテーマとした作品で試合描写よりも金勘定の話がメインとなる。プロ野球を題材とした漫画としては珍しく主人公が左の中継ぎ投手という比較的地味なポジションであり、その視点から描くことで超格差社会であるプロ野球のシビアな世界がより強調されている。球界マネーサバイバル漫画。

グラゼニ 東京ドーム編 第43話ネタバレストーリー・あらすじ「幸せな則川」

則川の色黒彼女 | グラゼニ 東京ドーム編

則川の色黒彼女 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

則川のプライベート。自宅でブランデーを傾けながら嗜好品を吸い、色黒の彼女の肩を抱いていた。

則川の彼女は年俸四千万円の野球選手の奥サンになるんだぁと露骨なことをいっている。

則川の色黒彼女 | グラゼニ 東京ドーム編

則川の色黒彼女 | グラゼニ 東京ドーム編より引用

則川は、年俸1千100万円のときは結婚してくれなかったくせに、ゲンキンな女めという。彼女は「今年のオフ」に結婚するといっていたと言い訳をする。

則川はイヤミたっぷりに品定めしていただろという。

してないというしてたら他の選手と結婚していると更に下手なごまかしをする。則川はそのノリにのって自分を将来の1億円プレーヤーと呼ぶ。

それには彼女もいいねという。モップスにいる間が稼いじゃえと。

則川は彼女にモップスの選手狙いだなというと彼女はモップスの選手してはカッコ悪いけどねと結果けなしていることを気づかず、自分が金目当てじゃないと言い訳をする。

そこに則川の電話がなる。電話は杉里からで、モップスのトライアウトに落ちたから台湾にいってテストを受けるという。

則川が彼女に期待すること | グラゼニ 東京ドーム編

則川が彼女に期待すること | グラゼニ 東京ドーム編より引用