カテゴリー別アーカイブ: ナルトNARUTO外伝 ネタバレ感想考察

ナルトNARUTO外伝のネタバレ感想考察。ナルトNARUTO外伝について。ナルトが七代目火影になり、ナルト世代は親となり子供がいる木の葉の里。そこで次世代の若者たち(うずまきボルト、うちはサラダ、ミツキ、奈良シカダイ、秋道チョウチョウ)がアカデミーの卒業試験に挑む。写輪眼を使う謎の男の出現でナルト、サスケたちが動く。忍者バトルアクション漫画。劇場版NARUTO『BORUTOボルト』世代のサイドストーリー。

特別読切ナルトNARUTO外伝 ~満ちた月が照らす道 大蛇丸&ミツキの蛇道コンビ結成!潜入ミッション開始!

ナルトNARUTO外伝 ~満ちた月が照らす道 カラー表紙 | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道

ナルトNARUTO外伝 ~満ちた月が照らす道 カラー表紙 | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道より引用

ナルトNARUTO外伝 ~満ちた月が照らす道 ネタバレストーリー・あらすじ

大蛇丸の闇の塒から物語ははじまる。

ミツキが目を覚ます。

器に液体を注ぎ、大蛇丸はミツキに目が覚めたかと訊ねる。

大蛇丸は、ミツキに先ほど調合した薬だと液体を注いだ器をミツキに渡す。

管でつながれた満身創痍のミツキは、大蛇丸から震える手で器を受け取る。

そして、その薬を飲み、咳き込むミツキ。

持っていた器を落として割ってしまう。

大蛇丸は、落ちた器を拾い、水月にミツキがちゃんと目覚めたら部屋につれてくるように言うと退室する。

呆然とするミツキ。

水月は、ミツキを気遣うもミツキは自分が何者であるかを思い出せなかった。

別室では、大蛇丸が、フードをかぶった男に6度目だという。

フードをかぶった男は、蛇の形をしたライターで嗜好品に火をつける。

水月は、ミツキを大蛇丸のところに案内する。

ミツキに事情説明する水月 | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道

ミツキに事情説明する水月 | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道より引用

ミツキは水月に事情を聞く。水月は、簡単に説明する。ミツキは大蛇丸とツーマンセルの極秘任務に失敗して、負傷したミツキを大蛇丸がこのアジトに連れ帰ったという。

突然、ミツキを襲う水月 | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道

突然、ミツキを襲う水月 | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道より引用

突然、水月がミツキにクナイを突きたてようとする。

咄嗟に避けるミツキ。

避けた水月の延びきった手にミツキが蛇のように腕を巻きつけ、水月の腕を締める。

水月がクナイから手を離した直後、ミツキが文字通り腕を伸ばして、水月のクナイを奪い、水月に突きたてようとする。

クナイで襲われそうになっているにも関わらず、水月はミツキの動きを高く評価する。

敵意がないことを知り、水月への攻撃を止めるミツキ | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道

敵意がないことを知り、水月への攻撃を止めるミツキ | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道より引用

ミツキは、水月に敵意がないことがわかり、突き刺そうとしているクナイを止めるために、もう一方の腕をクナイの前に出して、水月に刺さる前に自分の腕でクナイを止めた。

謝罪するミツキ。

水月は、ミツキが自分が忍者だということを体は覚えていたという。

水月は、ミツキの出血を自分の体液で止め、ミツキに締め上げられていた腕も液状になり、ミツキから抜ける。

水月は、事情説明を続ける。

ミツキは、ある男に捕まり、町で記憶を消されたという。命を消されるよりマシだと。そして、水月もミツキに謝罪する。

突然、攻撃したのは、忍の才能まで消えていたら大蛇丸ががっかりすると思ってのことだ。

ミツキは大蛇丸の名前も覚えていない。

そのことについては、やっぱりがっかりするかと水月はぼやく。

ミツキを大蛇丸のところに連れて行く。

自分の子供だというミツキに告げる大蛇丸 | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道

自分の子供だというミツキに告げる大蛇丸 | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道より引用

大蛇丸は、ミツキに自分がミツキの親だと告げる。

特別な存在だから、ミツキの記憶を取り戻したいという。

他人の記憶を奪う忍術を使う忍・ログ | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道

他人の記憶を奪う忍術を使う忍・ログ | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道より引用

大蛇丸は機械を動かすと、そこに一人の仮面のかぶった男が投影される。この男は、他人の記憶を奪う能力を持ち、奪った記憶は己の所有物としてストックすることができるという。別の記憶を植え付け、人を操ることも、奪った記憶をそのまま植えなおすこともできる。

ログの忍術を“経引きの術”と呼ぶ | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道

ログの忍術を“経引きの術”と呼ぶ | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道より引用

この忍の男のことを「ログ」と呼び、記憶を奪う忍術を「経引きの術」と呼んでいるという。

もう一度、ログのところに行き、ミツキの記憶を取り戻すという。

ミツキは、まってほしいという。

ミツキは、前回の任務で、ログと接触したのは何のためかと聞く。

大蛇丸は、ログが集めた情報をすべて奪うためだという。水月が合いの手をいれて、逆に大切な情報を奪われてしまったと付け足す。

ミツキは続ける。大蛇丸もいたなら、記憶を改ざんされている可能性もあるという。そして、大蛇丸が、父親なのか母親なのかはっきりしてほしいという。

大蛇丸は、記憶が消える前は、自分が伝説の三忍だと知っているならその程度の忍じゃないことを知っていたはずだという。ミツキは、弱い自分を任務につれていったのかも聞く。

大蛇丸は、ミツキにいう。特別だと。

歯切れの悪いミツキに、大蛇丸は、子供のミツキは親の言うことを聞いていればいいのと睨みつける。

ミツキは、自分が何者かを知りたいだけだとうつむく。

それも自分についてくればわかるという大蛇丸。

ログのアジトにやってくる大蛇丸とミツキ。

ログのアジトの結界をミツキの仕事だというとミツキは驚く。忘れてしまっているだけで特別な力があるという大蛇丸。

結界が破られたことを感知し、ログは立ち上がり、刀を抜く。

ログと対面する。

ログは、金縛りの術を使う。

ログは、大蛇丸の持っている鍵を奪うのが目的。

大蛇丸は、ログが持っているミツキの記憶を取り戻すのが目的。

大蛇丸は、ログの金縛りの術を解除して、ログに向かう。

大蛇丸vsログ | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道

大蛇丸vsログ | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道より引用

激突する二人。

刀と刀がぶつかり鍔迫り合いになるも、大蛇丸は空いて手を大蛇に化けさせ、ログの体に巻きつかせる。そして、ログの肩をひと噛み。

しかし、鎧のせいで、大蛇の牙は通らない。

大蛇丸は、ログの鎧を褒める。ログは、大蛇丸の毒牙さえ防げば怖くないという。

忍法・鎧い食い | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道

忍法・鎧い食い | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道より引用

ログは、忍法・鎧い食いを使う。

ログの鎧から影が伸びて、大蛇も大蛇丸も包み込もうとする。

大蛇丸は、口を大きく開けて、口から自分の分身の大蛇を出して脱出しようとするも、ログの忍法・鎧い食いが、大蛇丸の口を塞ぐ。

忍法・鎧い食いで全身覆われてしまう前に、大蛇丸はミツキに、仙人の力があることをいう。

大蛇丸を身動きできなくしてから、ログはミツキのほうがやってくる。金縛りの術すらも解けてないミツキをみて、ログは力さえも忘れてしまったかと安心する。

ログは、刀を振り上げ、ミツキに振り下ろす。

ログの刃がミツキの届く前に、ログの動きが止まる。

大蛇丸が、ログの忍法・鎧い食いを解く。ログの仮面の口のところから小さな蛇が出てくる。

毒の力は、小さな蛇でも充分だという大蛇丸。

呪印の力で身動きできないログを見張るようにという大蛇丸。大蛇丸は、探し物をするといって、奥に入って行く。

ログは、用意していた解毒剤でも喋るのがやっとだという。

ログは、ミツキに近づいて仮面を取って欲しいという。

ミツキは警戒する。

ログは、逆だという。仮面をとれは、大蛇丸に騙されていることが分かるという。

ログは、ミツキにいう。

大蛇丸から本当のことは何も知らされていないだろうという。自分の時と同じだと。

ミツキは、自分は大蛇丸の子供だというと、ログは余計な記憶を消してやったのに、大蛇丸はそれを逆に利用したかという。

ミツキは、手を伸ばして、ログの仮面を取る。

ログの正体 | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道

ログの正体 | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道より引用

そこには、ミツキの顔があった。

少し成長したミツキの顔。

ログは、自分もミツキだという。ミツキよりも先に作られたミツキだと。

自分たちは、大蛇丸の欲を満たすために作られた人造人間だという。

ミツキの名前の由来 | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道

ミツキの名前の由来 | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道より引用

器はかつてツキと呼ばれ、十二支の第六、巳は蛇に当たるところから自分たちは、ミツキと名付けられた。

大蛇丸が探しているものは自分たちの元とおなった胚。それを培養して自分たちが作られた。ログは、その胚を大蛇丸から盗み出して処分するつもりだったという。

だが、胚が入ったケースを開けるには、大蛇丸の持っている鍵が必要だった。

ミツキは、なぜ処分しようとしたのかを聞くと、ログは、人工的に作られた生命は人間ではない。人のエゴが作り出した身勝手な造作物。自然を捻じ曲げた神の真似事。大蛇丸の自己愛を投影した欲の器そのもの。大蛇丸は自分の都合で自分たちの存在をどんどん作る。本来あるべき形に戻す。それが処分の理由だった。

大蛇丸は戻ってくる。

ミツキたちのことを愛してやまない完全無欠の子供と宣言する大蛇丸 | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道

ミツキたちのことを愛してやまない完全無欠の子供と宣言する大蛇丸 | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道より引用

どんな工程で生まれてきたにせよ、ミツキたちは他と何も変わらないという。ミツキたちは、自分が愛してやまない完全無欠の子供だと宣言する大蛇丸。

人が唯一、何をしても許されるべきことがあるとするなら、それは愛のための行為だと言い切る大蛇丸。

その言葉に激怒するログ。ログは、それは思いあがった行為の免罪符かという。

ログはミツキに大蛇丸を止めるように説得する。

大蛇丸は、ミツキにログは騙そうとしているという。

大蛇丸は、胚も鍵も手に入れた。兄弟を作ってあげるからとミツキにくるようにいう。

ミツキは、ログの仮面を砕き、子供にとってどっちでもいいことだという。

仙人モードを発動させるミツキ | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道

仙人モードを発動させるミツキ | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道より引用

ミツキは、仙人の力を発動させる。

ミツキは、自分のことは自分自身で決めると、大蛇丸が持っていた胚と鍵を奪う。そして、大蛇丸、ログの二人から離れる。

大蛇丸は、仙人化できたことに安堵する。ログは嗜好品に火をつける。

大蛇丸とログの会話 | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道

大蛇丸とログの会話 | 特別読切ナルトNARUTO外伝~満ちた月が照らす道より引用

ログは大蛇丸に聞く。今回は、巻物の中身は何をいれたのか。大蛇丸は「太陽の写真」だという。6度目でやっと上手くいったというログ。我々の2択を選ぶことなく、第三の答えを自分で見つけるといってくれた。

大蛇丸は心配する。7度目がなければいい。記憶をとばす薬は使いたくないという。

自分の道を持てた人造人間。ミツキなら闇を照らせるというログ。

大蛇丸は、ミツキたち人造人間のことを光にはなれないと思っていた。その言葉には概ね同意するログだが、こう切り返す。ミツキは、自ら光にはなれない。しかし、傍にいてミツキを照らしてくれる太陽を見つけられたなら、ミツキ自身も月光となって闇を照らすでしょうと。

地中の闇のツキではなく、夜空の闇の月というところかしらという大蛇丸。

巻物の中に入っていたのは、ボルトたちの情報だった。

ナルトNARUTO外伝 ~満ちた月が照らす道 ネタバレ感想・考察

誰しもが太陽になれるわけじゃない。でも月は月にしかできない役割もある。そんなメッセージが込められたストーリーだったのかなと思う。

2016年4月25日発売 今週のジャンプ21・22合併号「ナルトNARUTO外伝 ~満ちた月が照らす道」を読んで。

ナルトNARUTO外伝 概要

ナルトが七代目火影になり、ナルト世代は親となり子供がいる木の葉の里。大蛇丸も親となり、ミツキとの蛇道コンビとの潜入ミッションが始まる。

NARUTO(ナルト)について

NARUTO(ナルト)は、忍同士の超常的な能力を駆使したド派手な戦いが繰り広げられるバトルアクション漫画。主人公と仲間との友情、裏切りと復讐、師弟や家族の絆が中心として描かれ、忍の世界とその起源・歴史を含めた重層的な世界観、民話や伝承や宗教のオマージュを巧みに取り込んだ設定となっている。NARUTO(ナルト)連載終了後もNARUTO(ナルト)外伝を短期連載していた。

BORUTOボルト 概要

第四次忍界大戦を終結し、高度成長を遂げた新時代。七代目火影・うずまきナルトが統治する木ノ葉隠れの里を中心に、新たな忍を育てる「中忍選抜試験」が5つの里合同で開催されようとしていた。サスケの娘にしてナルトに憧れを抱くサラダ、多くの謎を持つ超優秀な忍ミツキ、そして才能を持ちながらもナルトをクソオヤジ呼ばわりするボルト。

ナルトNARUTO外伝を連載している週刊少年ジャンプについて

週刊少年ジャンプは、毎週月曜日発売の週刊少年漫画雑誌。雑誌キーワードは「友情」「努力」「勝利」。すべての掲載作品のテーマにこの要素または繋がるものを最低1つ、必ず入れることが編集方針になっている。これは同誌の前身とも言える月刊漫画雑誌『少年ブック』の編集方針から受け継いだものであり、元は小学校4年生・5年生を対象にしたアンケート(「一番心あたたまる言葉」「一番大切に思う言葉」「一番嬉しい言葉」)によって決められたものである。基本的に掲載作品は格闘・アクションやギャグ・コメディ、スポーツ物などが主流であるが、SF・ファンタジーや冒険物、ラブコメ、社会派・ドキュメンタリー作品なども数多く掲載された。

ナルトNARUTO外伝 ~満ちた月が照らす道 大蛇丸&ミツキの蛇道コンビ結成!潜入ミッション開始!

大蛇丸&ミツキの蛇道コンビ結成!潜入ミッション開始! | ナルトNARUTO外伝 ~満ちた月が照らす道

大蛇丸&ミツキの蛇道コンビ結成!潜入ミッション開始! | ナルトNARUTO外伝 ~満ちた月が照らす道より引用

ナルトNARUTO外伝 ~満ちた月が照らす道 ネタバレストーリー・あらすじ

次のナルト外伝は、大蛇丸とミツキ。

大蛇丸とミツキが蛇道コンビとして潜入ミッションを開始する。

ミツキは敵に本当は自分が何者かわかっているのかと問われる。 | ナルトNARUTO外伝 ~満ちた月が照らす道

ミツキは敵に本当は自分が何者かわかっているのかと問われる。 | ナルトNARUTO外伝 ~満ちた月が照らす道より引用

ミツキは敵に本当は自分が何者かわかっているのかと問われる。

男が集めた情報を全て奪うためだといつもの大蛇丸 | ナルトNARUTO外伝 ~満ちた月が照らす道

男が集めた情報を全て奪うためだといつもの大蛇丸 | ナルトNARUTO外伝 ~満ちた月が照らす道より引用

大蛇丸は、男が集めた情報を全て奪うためだといつもの大蛇丸。

大蛇丸&ミツキの蛇道コンビ結成!潜入ミッション開始! | ナルトNARUTO外伝 ~満ちた月が照らす道

大蛇丸&ミツキの蛇道コンビ結成!潜入ミッション開始! | ナルトNARUTO外伝 ~満ちた月が照らす道より引用

大蛇丸の行動に驚くミツキ。

ナルトNARUTO外伝 ~満ちた月が照らす道 ネタバレ感想・考察

ボルト連載を前に、ナルト外伝で、サスケとサクラ、サラダの親子の物語を描き、次は、大蛇丸とミツキの物語。これらと月イチ連載するボルトがどう交わって行くのかが楽しみ。

掲載は、2016年4月25日発売 ジャンプ21・22合併号にて!

ナルトNARUTO外伝 概要

ナルトが七代目火影になり、ナルト世代は親となり子供がいる木の葉の里。大蛇丸も親となり、ミツキとの蛇道コンビとの潜入ミッションが始まる。

NARUTO(ナルト)について

NARUTO(ナルト)は、忍同士の超常的な能力を駆使したド派手な戦いが繰り広げられるバトルアクション漫画。主人公と仲間との友情、裏切りと復讐、師弟や家族の絆が中心として描かれ、忍の世界とその起源・歴史を含めた重層的な世界観、民話や伝承や宗教のオマージュを巧みに取り込んだ設定となっている。NARUTO(ナルト)連載終了後もNARUTO(ナルト)外伝を短期連載していた。

ナルトNARUTO外伝を連載している週刊少年ジャンプについて

毎週月曜日発売の週刊少年漫画雑誌。雑誌キーワードは「友情」「努力」「勝利」。すべての掲載作品のテーマにこの要素または繋がるものを最低1つ、必ず入れることが編集方針になっている。これは同誌の前身とも言える月刊漫画雑誌『少年ブック』の編集方針から受け継いだものであり、元は小学校4年生・5年生を対象にしたアンケート(「一番心あたたまる言葉」「一番大切に思う言葉」「一番嬉しい言葉」)によって決められたものである。基本的に掲載作品は格闘・アクションやギャグ・コメディ、スポーツ物などが主流であるが、SF・ファンタジーや冒険物、ラブコメ、社会派・ドキュメンタリー作品なども数多く掲載された。