カテゴリー別アーカイブ: MAJOR 2nd(メジャーセカンド) ネタバレ感想考察

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)のネタバレ感想考察。MAJOR 2nd(メジャーセカンド)について。メジャーリーグや日本代表で大活躍していたプロ野球選手を父親・茂野吾郎に持つ大吾。父親に憧れて野球を始める。しかし、肩が弱く父親のように活躍できないことと2世というプレッシャーから野球を諦め、ドルフィンズをやめてしまう。そんな大吾のところに父親とバッテリーを組んでいた佐藤寿也の息子・光が転校してくる。MAJOR 2nd(メジャーセカンド)はMAJORの吾郎たちの息子が活躍する少年野球マンガ。

MAJOR 2nd(メジャーセカンド) 35 キャッチャーとしての頭角を現す茂野大吾

キャッチャー茂野大吾 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)

キャッチャー茂野大吾 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)より引用

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)第35話ネタバレストーリー・あらすじ「大吾の判断」

光の○投で、ボールを捕れず後ろに見逃してしまう大吾。

相手チームの監督はここぞとばかりに三塁ランナーをホームに走らせる指示を出す。

ファーストにいた卜部は、大吾にボールの所在を教える。

光の投げたボールはバックボードに当たり、勢い良く大吾のキャッチャーポジションまで戻ってきた。

それをみた相手チームは三塁ランナーを三塁に戻す。

運よく逆転サヨナラの場面はなくなった。

セットポジションをできない光に罵声を浴びせる卜部 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)

セットポジションをできない光に罵声を浴びせる卜部 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)より引用

卜部は、○投した光に罵倒を浴びせる。スリーボールだからスピードを抑えてでもストライクを投げろという。

タイムが取れないから田代監督も助言のしようがないと思う。

大吾は、立って光に叫ぶ。

光にワインドアップに戻すように指示を出す大吾 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)

光にワインドアップに戻すように指示を出す大吾 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)より引用

セットポジションはいいからワインドアップに戻せと指示を出す。

そのことで、相手チームにも光がセットポジションができないことを知る。

ホームスチールされる危険性はあるが、ホームスチールするのも相当勇気がいる。相手チームも今回の絶好のチャンスをやすやすと潰したくないだろうし、セットポジションではストライクが入らないのであれば、大吾の判断は正しいかもしれないという寿也。

ワインドアップに戻してストライクが入るようになる光 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)

ワインドアップに戻してストライクが入るようになる光 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)より引用

MAJOR 2nd(メジャーセカンド) 34 初心者バッテリーにありがちなミス

佐藤光の初マウントの第1球 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)

佐藤光の初マウントの第1球 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)より引用

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)概要

メジャーリーグや日本代表で大活躍していたプロ野球選手を父親・茂野吾郎に持つ大吾。父親に憧れて野球を始める。しかし、肩が弱く父親のように活躍できないことと2世というプレッシャーから野球を諦め、ドルフィンズをやめてしまう。そんな大吾のところに父親とバッテリーを組んでいた佐藤寿也の息子・光が転校してくる。MAJOR 2nd(メジャーセカンド)はMAJORの吾郎たちの息子が活躍する少年野球マンガ。

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)第34話ネタバレストーリー・あらすじ「初心者バッテリー」

佐藤光の球を受け取れないとキャッチャーを降りる卜部。

キャッチャー役を名乗り出る茂野大吾。

早くも夢のバッテリーが実現する。

キャッチャーマスクを被った大吾と光。互いに言葉を交わさなかった。大吾は何か照れくさかった。きっと光もそうだと思った。

投球練習。光の球をキレイに捕る大吾。

それだけで十分だった。

光の速い球も軽々捕る大吾に田代監督もビックリする。寿也が光の球をとるために練習してきたから別段驚くことでもないが、この状況で自分からキャッチャーを名乗りでたことには驚いたようだ。

初心者のバッテリーにノーアウト満塁という危機的状況は荷が重い。

光の球が速くてもバッテリーミスひとつで同点になってしまう状況。

そんな危機的状況だったが、佐藤光は、そんな状況もものともせず、第一球を投げる。

ど真ん中のストライク。

光は、ずっともやもやふさがっていたのは、新しい学校や群馬が憂鬱だったのではなく、野球がしたかったからだとピッチャーマウントに立って初めて気づく。

ノーコン克服でエースの座を心配する卜部 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)

ノーコン克服でエースの座を心配する卜部 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)より引用

卜部は、光のノーコン克服でエースの座が奪われると青ざめる。

大吾が光にボールを返すと田代監督がタイムをかけて光に駆け寄る。

田代監督は、ランナーがいるのにゆっくり振りかぶって投げるなと忠告する。ランナーがいるからセットで投げろという。でなければホームスチールされるという。

セットポジションを知らない佐藤光 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)

セットポジションを知らない佐藤光 | MAJOR 2nd(メジャーセカンド)より引用