カテゴリー別アーカイブ: はじめの一歩 ネタバレ感想考察

はじめの一歩のネタバレ感想考察。はじめの一歩について。はじめの一歩は、母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門してプロボクサーを目指し、活躍するボクシング漫画。

はじめの一歩 1185 “巨岩” 沢村型デンプシー破り、千堂型デンプシー破りが通用しない新型デンプシーロール

一歩の体を上から潰そうとするゲバラが感じた巨岩 | はじめの一歩

一歩の体を上から潰そうとするゲバラが感じた巨岩 | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 第1185話ネタバレストーリー・あらすじ「巨岩」
  2. はじめの一歩 第1185話ネタバレ感想・考察
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1185話ネタバレストーリー・あらすじ「巨岩」

世界ミドル級統一王者防衛戦のセミファイナルの幕之内一歩vsアントニオ・ゲバラ。

一歩は、新型デンプシーロールを発動させ、ゲバラをダウンさせる。

ゲバラが体勢を整えていrう間に一歩は、新型デンプシーロールを打った後の自分の体の状況を把握している。

新型デンプシーロールは以前、発動させただけで筋繊維が切れていたが今回は大丈夫だった。体のどこも痛みを感じない。

そして、一歩は会長に感謝する。

鴨川会長がデンプシーロールを禁止にしていたのは、一歩の体を改造するため。そのおかげで、新型デンプシーロールを発動させても体が痛まないように鍛え上げられた。

新型デンプシーロールを見た間柴は、練習方法はパクりでも成果が全然違うと千堂をコケにする。それに噛み付く千堂。

記者は資質の違いだという。資質の違いで同じ練習法でも伸びる方向性が違う。

一歩はもともと下半身の粘りやバランス感覚に長けていた。それに驚異的に強化されたのが今の姿。

宮田は記者の言葉に乗せる。

一歩はそれ以外にも足の親指について指摘する。

宮田による新型デンプシーロールの秘密解析 | はじめの一歩

宮田による新型デンプシーロールの秘密解析 | はじめの一歩より引用

足の親指の強化によって恐ろしい速度での体重移動を可能にしている。ストップ&ゴーによる衝撃吸収の筋肉がぬかりなく出来上がっている。

足かせをつけての短期的な練習だけでは身につかない。以前からじっくりと意図的に仕上げてきたと分析する宮田。

さらに宮田は、一歩の新型デンプシーロールは、軸足を入れ替えながら打っていた。つまり、的が動いても追いかけながら連打できると分析。

沢村型デンプシー破りが通用しない新型デンプシーロール | はじめの一歩

沢村型デンプシー破りが通用しない新型デンプシーロール | はじめの一歩より引用

それを聞いて、間柴は、沢村型のデンプシー破りは通用しないことに気づく。千堂は、宮田にカウンター使いには攻略できないと宮田をあざ笑う。

はじめの一歩 休載のお詫び(全文)

はじめの一歩 休載のお詫び(全文) | はじめの一歩

はじめの一歩 休載のお詫び(全文) | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 休載のお詫び(全文)
  2. はじめの一歩 休載のお詫びを読んで
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 休載のお詫び(全文)

休載のお詫び

いつも『はじめの一歩』を応援していただきありがとうございます。

今号は掲載を予定しておりましたが、森川ジョージ先生が体調を崩されたため、急きょ休載とさせていただきます。楽しみにしていただいている読者の皆様、誠に申し訳ありません。

スケジュールの都合上、目次にページ記載がありますが、掲載はございません。お詫び申し上げます。

現在、森川先生の体調は回復に向かっており、6月21日(水)発売の29号の掲載に向けて執筆を進めております。今後も『はじめの一歩』を応援のほど、よろしくお願いいたします。

週刊少年マガジン編集部

はじめの一歩 休載のお詫びを読んで

とうとう新型デンプシーロールが炸裂したゲバラがどうなったか気になるところだけど、それよりも森川ジョージ先生のご体調が早く良くなることを祈っております。

目次にも森川ジョージ先生のコメントで「締め切りがどんどん早くなっていく」とある。体調が優れなくて気持ち的な部分の表現なのか、実際に日数が短くなっているのか、前者であれば気になるところ。

2017年6月7日発売 今週のマガジン「はじめの一歩」を読んで。

はじめの一歩 概要

はじめの一歩は、母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門してプロボクサーを目指し、活躍するボクシング漫画。

はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

週刊少年マガジンは、毎週水曜日発売の週刊少年漫画雑誌。

古くは手塚治虫や赤塚不二夫、つのだじろうといった通称『トキワ荘』組や小林よしのりなどといった複数の漫画誌を渡り歩いている漫画家を多く起用していた。1990年頃になるとその傾向は一旦低下するが、1999年頃から再び同社他誌の主力漫画家や他社デビューの漫画家を積極的に起用するようになっている。前者についてはCLAMP(『なかよし』)や福本伸行(『週刊ヤングマガジン』)が該当し、後者については大暮維人(『ウルトラジャンプ』)や木多康昭(『週刊少年ジャンプ』)、久米田康治(『週刊少年サンデー』)、ヒロユキ(『月刊少年ガンガン』)などがいる。その他能條純一や板垣恵介など他社の主力漫画家が一時的に『週刊少年マガジン』で連載を行なうことがある。