カテゴリー別アーカイブ: 七つの大罪 ネタバレ感想考察

七つの大罪のネタバレ感想考察。七つの大罪について。七つの大罪は、10年前の事件によって指名手配されている伝説の騎士団「七つの大罪」に救国の助力を願うため第三王女エリザベスが旅立つ。その先で「七つの大罪」の団長メリオダスに救われ、他のメンバーを探しに旅にでるアクション・ファンタジー作品。

七つの大罪 148 最後の七つの大罪 傲慢の罪 エスカノール登場

七つの大罪 概要

七つの大罪は、10年前の事件によって指名手配されている伝説の騎士団「七つの大罪」に救国の助力を願うため第三王女エリザベスが旅立つ。その先で「七つの大罪」の団長メリオダスに救われ、他のメンバーを探しに旅にでるアクション・ファンタジー作品。

七つの大罪 第148話ネタバレストーリー・あらすじ「ガラン・ゲーム」

バンとエレインを担いで<十戒>のガランとメラスキュラに追いかけられるジェリコ。たまたま洞窟の中にあるバーにたどり着く。そこの店主は頼りない。

ジェリコは客ではないことを告げ、匿って欲しいという。そして、力尽きて倒れてしまう。

心配したバー店主が駆け寄るとバンの顔を見て、バンだと知る。バンもバー店主の顔をみて何か言おうとする。

バー店主は、ジェリコをリオネスの聖騎士だと聞くと、自分を捕まえに?と後ろにおののき飛び上がる。

ジェリコは、七つの大罪が二大聖騎士長が仕組んだ濡れ衣で、七つの大罪の罪はなくなったという。

マーリンを心配するエスカノール | 七つの大罪

マーリンを心配するエスカノール | 七つの大罪より引用

するとバー店主は涙を流して、バンに駆け寄り、マーリンの身を案じる。バンはメリオダスと一緒だという。バンは、バー店主にチョビヒゲ生やしたことにツッコミを入れる。どうやら顔見知りのようだった。

ジェリコ、バン、エレインを食料庫に隠すと、大きな物音がした。バー店主が振り返ってみると洞窟だった壁が地形ごと削り取られ、バー店内があらわとなっていた。

それをやってのけたのは<十戒>ガランだった。バー店主は<十戒>を見て、恐れおののきカウンターの陰に隠れる。バンたちの姿が見えない<十戒>ガランたちは匂うぞとバー店主に近づく。

ガランは、バーにあった酒を飲みだす。その酒が封印させれていた三千年前の酒と比べ格段に美味しくなったことに○飲を始める。

酒の美味しさに頬を赤らめるメラスキュラ | 七つの大罪

酒の美味しさに頬を赤らめるメラスキュラ | 七つの大罪より引用

メラスキュラは、<十戒>の目的であるブリタニアの支配の話を持ち出すも酒を進められ、その酒の旨さにメラスキュラも○飲を始める。

バー店主は、ガランにメラスキュラに合う酒を薦める。その酒の旨さにメラスキュラは人間を絶滅させてもバー店主の命だけはとらないと約束する。

ガランとメラスキュラは酒に良いながらも自分たちの面子を潰した、バン、エレイン、ジェリコの命を狙っている。その3人が食料庫に隠れていることも知っている。

しかし、酒で上機嫌なガランは「ガラン・ゲーム」と名付け。ゲームに勝てば、バー店主と後ろの三人を見逃そうとバー店主に持ちかける。

バー店主は、喧嘩はからきしだけどゲームなら得意だという。

ガランゲームのルールを聞くエスカノール | 七つの大罪

ガランゲームのルールを聞くエスカノール | 七つの大罪より引用

ガランは、ガラン・ゲームのルールを説明する。ルールはシンプル。1対1の○し合い。まず互いに武器を持つ。先攻と後攻を決めたら互いに一撃を与えていき、先に○んだほうが負け。

という力技のゲームを告げられ、バー店主は絶叫する。

そのゲームを断った場合はとガランに聞くと、断れば今すぐ全員を○すという。

バー店主は涙を流し、震えながらやると宣言する。

その心意気にガランはバー店主の肩を軽く叩く。するとバー店主は地面にぶっ倒れ気絶する。

朝になってもバー店主は目覚めない。

ガランは壁に飾られている戦斧に見惚れていた。

ガランは戦斧を手にとってみると斧頭の重量が重く、その割りに柄が短いことに文句をつける。両手斧なら柄の長さは三倍必要だと。

しかし、別のところから、それは片手斧で、柄が短いのは当然だという。

神斧リッタを持つエスカノール | 七つの大罪

神斧リッタを持つエスカノール | 七つの大罪より引用

ガランから軽く戦斧と取り返す男は、バー店主だった。戦斧の名は「神斧リッタ」という。

バー店主だったが、先ほどと明らかに様子が違う。筋肉がはりつめ、来ていた服がはちきれる。

そして、バー店主は自分のことを<七つの大罪><傲慢の罪>エスカノールだという。

七つの大罪 第148話ネタバレ感想・考察

148話にしてやっと最後のメンバーがでてきた。
夜はひ弱なバー店主で、日中はムキムキマッチョになるということだろうか。

ガランの魔力で、ゲームを放棄したり、逃亡したらガラン自身であっても石化してしまう。1対1というルールも曲げられないからメラスキュラは加勢できないのでエスカノールが思う存分ガランと殴り合えるというわけだ。

最終的には、ガランは自分の魔力でやられるのかな。

2015年11月4日発売 今週のマガジン49号「七つの大罪」を読んで。

七つの大罪 138 デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの魔力「衝動(ラブドライブ)」とアーデンの魔力「無駄(ベイン)」でドレファスを翻弄

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの魔力「衝動(ラブドライブ)」にかかるドレファス | 七つの大罪

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの魔力「衝動(ラブドライブ)」にかかるドレファス | 七つの大罪より引用

七つの大罪 概要

七つの大罪は、10年前の事件によって指名手配されている伝説の騎士団「七つの大罪」に救国の助力を願うため第三王女エリザベスが旅立つ。その先で「七つの大罪」の団長メリオダスに救われ、他のメンバーを探しに旅にでるアクション・ファンタジー作品。

七つの大罪 第138話ネタバレストーリー・あらすじ「闇との戦い」

フェルゼンにやってきたドレファス。魔神族フラウドリンはドレファスに昔話をしながら街を歩く。

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの投げキッス | 七つの大罪

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの投げキッス | 七つの大罪より引用

街中で女性に声をかけられ、笑顔で返すドレファス。

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーのキス | 七つの大罪

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーのキス | 七つの大罪より引用

女性はドレファスの頬にキスをして、ドレファスだと知っての行動だと明かす。その女性は、デンゼル率いる蒼天の六連星の一人、デルドレーだった。

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレー | 七つの大罪

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレー | 七つの大罪より引用

デルドレーはドレファスのことを好みのタイプだったのに残念だと勝利宣言をする。ドレファスは魂を喰われるならまんざらでもないだろうというもデルドレーはデンゼルが何を企んでいるか聞かずに○すの?と聞く。魂を喰えばわかるというドレファス。

しかし、ドレファスが振り上げた拳は自分自身の頬に命中する。

ドレファスが、デルドレーを傷つけようとしてしまうなんてと口走る。言動が自分でもおかしいと思うドレファスにデルドレーが説明する。

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの魔力「衝動(ラブドライブ)」 | 七つの大罪

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの魔力「衝動(ラブドライブ)」 | 七つの大罪より引用

デルドレーの魔力は「衝動(ラブドライブ)」。デルドレーの魅力に取り付かれたものはdれも逆らえないという。

ドレファスはそんな魔力は通じないというもドレファスの手はデルドレーの両肩を掴み、「愛してる」と熱烈な求愛行為をする。ドレファスは行動のみならず思考までも犯されそうとなっていることに危機感を募らせる。

そこに無数の矢が飛んでくる。

デルドレーを庇い、背中に矢を受けるドレファス。矢がデルドレーにかすり傷をつけ、デルドレーは深度が足りなかったとドレファスを蹴った後、くちづけをする。

無数の矢がもう一度飛んでくる。次は、完全に矢をすべて叩き落とすドレファス。

ドレファスは、デルドレーを傷つけようとした罪は重い。出てこぬなら街ごと消すまでと。

「天漢破獄刃」

小さなナイフを突き出して技を出すも何も起こらなかった。

建物の上から先ほど矢を放ったものが無駄だという。デルドレーと同じ。デンゼル率いる蒼天の六連星の一人、アーデンだった。

デンゼル率いる蒼天の六連星アーデンの魔力「無駄(ベイン)」 | 七つの大罪

デンゼル率いる蒼天の六連星アーデンの魔力「無駄(ベイン)」 | 七つの大罪より引用

アーデンの魔力は「無駄(ベイン)」。アーデンの魔力のこもった武器に傷つけられると魔力の消耗が激しくなるという。魔力大量消費する技なら使用することすらできないと言い切る前にドレファスがアーデンを倒すのに魔力が要ると思うかと跳躍し、チョップを繰り出そうとしていた。

デンゼル率いる蒼天の六連星ワイーヨ | 七つの大罪

デンゼル率いる蒼天の六連星ワイーヨ | 七つの大罪より引用

それを受け止めるものが新たにでてくる。デンゼル率いる蒼天の六連星の一人、ワイーヨだ。ワイーヨは、デルドレーに結婚を前提のお付き合いを前向きに検討してくれるかとウインクする。それを聞いたドレファスはデルドレーを渡さんと再度攻撃を試みるもワイーヨの「結婚」という剣の振り上げに倒れるドレファス。

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレー | 七つの大罪

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレー | 七つの大罪より引用

アーデンはドレファスを抱えて、任務完了と3人は消える。

バン | 七つの大罪

バン | 七つの大罪より引用

港町アイバンロークでは、○人を生き返らせる霊薬を求めてバンが旅をしていた。ガセネタを掴まされたバンはため息をつくも次の噂話を聞き、盗賊都市レイブンズにジェリコと向かう。

七つの大罪 第138話ネタバレ感想・考察

ラブドライブ。キスが発動条件なのか。かかってしまえば最強の技だな。ワイーヨはデルドレーのラブドライブにかかっているのだろうか。仲間なのに。それともワイーヨの素があれだろうか。

2015年9月2日発売 今週のマガジン40号「七つの大罪」を読んで。