カテゴリー別アーカイブ: 七つの大罪 ネタバレ感想考察

七つの大罪のネタバレ感想考察。七つの大罪について。七つの大罪は、10年前の事件によって指名手配されている伝説の騎士団「七つの大罪」に救国の助力を願うため第三王女エリザベスが旅立つ。その先で「七つの大罪」の団長メリオダスに救われ、他のメンバーを探しに旅にでるアクション・ファンタジー作品。

七つの大罪 148 最後の七つの大罪 傲慢の罪 エスカノール登場

七つの大罪 概要

七つの大罪は、10年前の事件によって指名手配されている伝説の騎士団「七つの大罪」に救国の助力を願うため第三王女エリザベスが旅立つ。その先で「七つの大罪」の団長メリオダスに救われ、他のメンバーを探しに旅にでるアクション・ファンタジー作品。

七つの大罪 第148話ネタバレストーリー・あらすじ「ガラン・ゲーム」

バンとエレインを担いで<十戒>のガランとメラスキュラに追いかけられるジェリコ。たまたま洞窟の中にあるバーにたどり着く。そこの店主は頼りない。

ジェリコは客ではないことを告げ、匿って欲しいという。そして、力尽きて倒れてしまう。

心配したバー店主が駆け寄るとバンの顔を見て、バンだと知る。バンもバー店主の顔をみて何か言おうとする。

バー店主は、ジェリコをリオネスの聖騎士だと聞くと、自分を捕まえに?と後ろにおののき飛び上がる。

ジェリコは、七つの大罪が二大聖騎士長が仕組んだ濡れ衣で、七つの大罪の罪はなくなったという。

マーリンを心配するエスカノール | 七つの大罪

マーリンを心配するエスカノール | 七つの大罪より引用

するとバー店主は涙を流して、バンに駆け寄り、マーリンの身を案じる。バンはメリオダスと一緒だという。バンは、バー店主にチョビヒゲ生やしたことにツッコミを入れる。どうやら顔見知りのようだった。

ジェリコ、バン、エレインを食料庫に隠すと、大きな物音がした。バー店主が振り返ってみると洞窟だった壁が地形ごと削り取られ、バー店内があらわとなっていた。

それをやってのけたのは<十戒>ガランだった。バー店主は<十戒>を見て、恐れおののきカウンターの陰に隠れる。バンたちの姿が見えない<十戒>ガランたちは匂うぞとバー店主に近づく。

ガランは、バーにあった酒を飲みだす。その酒が封印させれていた三千年前の酒と比べ格段に美味しくなったことに○飲を始める。

酒の美味しさに頬を赤らめるメラスキュラ | 七つの大罪

酒の美味しさに頬を赤らめるメラスキュラ | 七つの大罪より引用

メラスキュラは、<十戒>の目的であるブリタニアの支配の話を持ち出すも酒を進められ、その酒の旨さにメラスキュラも○飲を始める。

バー店主は、ガランにメラスキュラに合う酒を薦める。その酒の旨さにメラスキュラは人間を絶滅させてもバー店主の命だけはとらないと約束する。

ガランとメラスキュラは酒に良いながらも自分たちの面子を潰した、バン、エレイン、ジェリコの命を狙っている。その3人が食料庫に隠れていることも知っている。

しかし、酒で上機嫌なガランは「ガラン・ゲーム」と名付け。ゲームに勝てば、バー店主と後ろの三人を見逃そうとバー店主に持ちかける。

バー店主は、喧嘩はからきしだけどゲームなら得意だという。

ガランゲームのルールを聞くエスカノール | 七つの大罪

ガランゲームのルールを聞くエスカノール | 七つの大罪より引用

ガランは、ガラン・ゲームのルールを説明する。ルールはシンプル。1対1の○し合い。まず互いに武器を持つ。先攻と後攻を決めたら互いに一撃を与えていき、先に○んだほうが負け。

という力技のゲームを告げられ、バー店主は絶叫する。

そのゲームを断った場合はとガランに聞くと、断れば今すぐ全員を○すという。

バー店主は涙を流し、震えながらやると宣言する。

その心意気にガランはバー店主の肩を軽く叩く。するとバー店主は地面にぶっ倒れ気絶する。

七つの大罪 138 デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの魔力「衝動(ラブドライブ)」とアーデンの魔力「無駄(ベイン)」でドレファスを翻弄

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの魔力「衝動(ラブドライブ)」にかかるドレファス | 七つの大罪

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの魔力「衝動(ラブドライブ)」にかかるドレファス | 七つの大罪より引用

七つの大罪 概要

七つの大罪は、10年前の事件によって指名手配されている伝説の騎士団「七つの大罪」に救国の助力を願うため第三王女エリザベスが旅立つ。その先で「七つの大罪」の団長メリオダスに救われ、他のメンバーを探しに旅にでるアクション・ファンタジー作品。

七つの大罪 第138話ネタバレストーリー・あらすじ「闇との戦い」

フェルゼンにやってきたドレファス。魔神族フラウドリンはドレファスに昔話をしながら街を歩く。

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの投げキッス | 七つの大罪

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの投げキッス | 七つの大罪より引用

街中で女性に声をかけられ、笑顔で返すドレファス。

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーのキス | 七つの大罪

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーのキス | 七つの大罪より引用

女性はドレファスの頬にキスをして、ドレファスだと知っての行動だと明かす。その女性は、デンゼル率いる蒼天の六連星の一人、デルドレーだった。

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレー | 七つの大罪

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレー | 七つの大罪より引用

デルドレーはドレファスのことを好みのタイプだったのに残念だと勝利宣言をする。ドレファスは魂を喰われるならまんざらでもないだろうというもデルドレーはデンゼルが何を企んでいるか聞かずに○すの?と聞く。魂を喰えばわかるというドレファス。

しかし、ドレファスが振り上げた拳は自分自身の頬に命中する。

ドレファスが、デルドレーを傷つけようとしてしまうなんてと口走る。言動が自分でもおかしいと思うドレファスにデルドレーが説明する。

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの魔力「衝動(ラブドライブ)」 | 七つの大罪

デンゼル率いる蒼天の六連星デルドレーの魔力「衝動(ラブドライブ)」 | 七つの大罪より引用