カテゴリー別アーカイブ: 七つの大罪 ネタバレ感想考察

七つの大罪のネタバレ感想考察。七つの大罪について。七つの大罪は、10年前の事件によって指名手配されている伝説の騎士団「七つの大罪」に救国の助力を願うため第三王女エリザベスが旅立つ。その先で「七つの大罪」の団長メリオダスに救われ、他のメンバーを探しに旅にでるアクション・ファンタジー作品。

七つの大罪 133 ギルサンダー「雷帝の重鎧」とハウザー「貫突(ブレイクスルー)」

七つの大罪 概要

七つの大罪は、10年前の事件によって指名手配されている伝説の騎士団「七つの大罪」に救国の助力を願うため第三王女エリザベスが旅立つ。その先で「七つの大罪」の団長メリオダスに救われ、他のメンバーを探しに旅にでるアクション・ファンタジー作品。

七つの大罪 今回のネタバレストーリー

修行に入ってクレイドラゴンと対峙するギルサンダーとハウザーは、昔教えられたことを振り返った。

ギルサンダーは戦場では何でもあり、もっと頭を柔軟にしろ。

ハウザーは型をしっかりと学べ。

二人は自分の主張はひとまず脇に置き、対照的な良き友を見習う。

型通りに構えるハウザー。型は見た目のためにあるのではなく、無駄のない動きで体力の消耗を抑え、最速の攻撃を叩き込み、戦局をせいするためだと。

ハウザー「○風(テンペスト)」 | 七つの大罪

ハウザー「○風(テンペスト)」 | 七つの大罪より引用

ハウザーはクレイドラゴンの頭に規則正しく殴打を入れる。食べられそうになるハウザーはジャンプしてかわす。次は構えからの「テンペスト」はどうかと切っ先に魔力を集中させる。

「貫突(ブレイクスルー)」

切っ先に集めた「○風(テンペスト」)」の魔力をクレイドラゴンに放つ。クレイドラゴンの顔にヒットする。

次はギルサンダー。武器に纏わせた雷撃を抑え、その分をもう一方の腕に盾を作り、全身に鎧のように雷撃を纏わせる。

「雷帝の重鎧」

マーリン | 七つの大罪

マーリン | 七つの大罪より引用

拡散型である風を1点に集中させ、威力を高めた攻撃特化のハウザーに対し、雷を多重展開し、全方位からの○角をなくした防御特化のギルサンダーと評すマーリン。

クレイドラゴンはギルサンダーに攻撃するも防ぐ。そして、

ギルサンダー「雷神の抱擁」 | 七つの大罪

ギルサンダー「雷神の抱擁」 | 七つの大罪より引用

「雷神の抱擁」

電撃を浴びせ続けるギルサンダー。ハウザーはいけると油断する。

次の瞬間、もとの場所に戻って意識と取り戻すギルサンダーとハウザー。惜しかったが次のステップの足がかりを掴んだ二人。

ヘンドリクセン | 七つの大罪

ヘンドリクセン | 七つの大罪より引用

七つの大罪 130 怒りをコントロールする試練

○走するメリオダス|七つの大罪

○走するメリオダス|七つの大罪より引用

七つの大罪 概要

七つの大罪は、10年前の事件によって指名手配されている伝説の騎士団「七つの大罪」に救国の助力を願うため第三王女エリザベスが旅立つ。その先で「七つの大罪」の団長メリオダスに救われ、他のメンバーを探しに旅にでるアクション・ファンタジー作品。

七つの大罪 今回のあらすじ

マーリンがメリオダスから力を奪った理由はあまりにも強大かつ危険すぎたからだという。メリオダスは力を制御するために感情のコントロールが必要だった。いままで何度か○走しているがあの程度は残りカス程度だという。10年前の王国追放劇の中、七つの大罪を助けようとした少女が大怪我を負ったことでメリオダスが○走しかけたので、その隙に力を分離させたという。そうしなければリオネス王国はダナフォール同様地図から消えていたという。

メリオダスの力を取り戻すためにザネリの試練を受けることになったメリオダス。

メリオダスが立って眠っているような状態になったことでエリザベスは心配するもザネリは、エリザベスに試練を与える。病にかかった花の種が埋められている盃を渡される。水と光りでは発芽することはない。この病気の花の種をさかせることだった。

メリオダスはザネリの幻覚を最初は疑うも本当にあの頃に戻ったような気分になってきた。その瞬間、リズが○んだ場面に飛ぶ。メリオダスの感情は○走し、リオネス王国は滅びる。という悪夢を見ていたような感覚でリズに心配そうに見つめられるメリオダス。そして、ザネリの試練を理解する。怒りの抑え方を会得するまで永遠に続く試練だった。

しかし、ザネリはメリオダスの精神を心配して幻覚を解く。エリザベスは誰も責めないとメリオダスを涙で慰める。メリオダスはエリザベスの涙をみて、試練を再開するようにザネリにいう。

続きを読む