カテゴリー別アーカイブ: リアルアカウント ネタバレ感想考察

リアルアカウントのネタバレ感想考察。リアルアカウントについて。国民的SNS『リアルアカウント』。主人公たちは、ある日突然にSNSの世界に吸い込まれ、「フォロワー0で即死亡」「中の人が死ぬとフォロワーも即死亡」というルールの下、理不尽なゲームに強制参加させられてしまう。ゲームに負けた場合は、即死亡で、前述のように自分のフォロワーたちも死亡してしまう。

リアルアカウント 59 魅力的担当チホが爆○を回避

SNS鬼ごっこ終了のアナウンス | リアルアカウント

SNS鬼ごっこ終了のアナウンス | リアルアカウントより引用

リアルアカウント第59話ネタバレストーリー・あらすじ「運命」

SNS鬼ごっこの最終ミッションはタイムリミットまでにスタート地点に戻ること。

チホはユウマやあやめたちを置いて、現実世界で目を覚ました最初の会場に向かった。しかし、スタート地点は、このゲームが始まった最初の地。つまり、リアアカの会場だった。リアアカは、バーチャル空間ではなく、ただの現実だった。

それを知ったあやめたちは、チホが向かったところは会場では、最終ミッションが達成できず、チホは首輪の爆発により○亡してしまう。

最後の通話で、あやめはチホのために泣く。

タイムリミットが過ぎ、電話からチホの声が聞こえなくなった。あやめはチホの名前を叫び泣く。

ゴール地点の控え室では、マーブルが立ち上がり、最後の最後にたくさん○んだという。ゲームクリア達成者は、待ちくたびれた者、大勢の○に涙する者、今回のゲームはヌルかったという者、寝ている者、様々だ。

リアアカのタネ明かしをするマーブル | リアルアカウント

リアアカのタネ明かしをするマーブル | リアルアカウントより引用

リアアカ空間が現実だったことに驚いているとマーブルはサプライズとはしゃぐ。プロジェクションマッピングとCGを駆使した舞台背景。最新機械工学の粋を集めた様々なギミック。極めつけは、物質コピペ技術を使った瞬間移動。ネットを通じて、リアアカユーザーのスマホのスキャナー化を可能にしたことを解説する。

最初に日にスマホで全身スキャンされたのかと最初の日のことを思い出すミズキ。

全リアアカプレイヤーがスキャンされたという。会場への階段を上がるマーブル。

驚くマーブル | リアルアカウント

驚くマーブル | リアルアカウントより引用

そして、SNS鬼ごっこの終了のアナウンスをしようとするマーブルだったが、リアアカ空間の会場へと登ると驚く。

あやめは、チホが言った絶対また会いましょうという言葉を思い出して泣く。あやめはチホのウソつきと絶叫する。あやめは、チホがあやめを呼ぶ幻覚をみえるほどに涙する。あやめは、チホちゃんのバカかと幻覚にビンタを繰り出す。

すると、実際に手の感触があった。

あやめにビンタされるチホ | リアルアカウント

あやめにビンタされるチホ | リアルアカウントより引用

ビンタしたのは幻覚のチホではなく、生身のチホだった。

チホは、あやめにビンタされても痛いか夢じゃないと喜ぶ。あやめは目の前で何が起きているかわからなかった。

驚くマーブル | リアルアカウント

驚くマーブル | リアルアカウントより引用

そして、マーブルも目の前で何が起きているかわからなかった。

スタート地点と勘違いして市民スタジアムにいってタイムアップで爆○したリアアカプレイヤーが目の前にいた。

そこに向井ユウマが現れ、「物質コピペ技術」だという。

物質コピペ技術でスキャンされるリアアカプレイヤー | リアルアカウント

物質コピペ技術でスキャンされるリアアカプレイヤー | リアルアカウントより引用

ユウマは、自宅で見つけたメモリーカードを読み込める端末を探し、リアアカ空間のステージの裏の隠し扉の中で見つけた。そして、その端末でメモリーカード内の物質コピペ技術を起動させて、市民スタジアムにいるリアアカプレイヤーをコピーし、本当のゴールである、リアアカ空間にペーストしたとタネを明かす。

ペースト先はリアアカ空間が基本設定になっていて助かったと皮肉をいうユウマ。

復活技術はなかったから奪われた命は帰ってこない。しかし、奪われる運命だった命は救えたというユウマ。

ぐうの音もでないマーブル。

マーブルは仕方ないといい。SNS鬼ごっこはこれにてクリアと宣言し、ユウマたちの首輪が外される。

ユウマのマーブルへの反撃宣告 | リアルアカウント

ユウマのマーブルへの反撃宣告 | リアルアカウントより引用

そして、ユウマは鬼ごっこは終わり。今度はマーブルが狩られる番だという。

リアルアカウント第59話ネタバレ感想

魅力的担当チホが○亡回避した。よかったよかった。

2016年3月2日発売 今週のマガジン14号「リアルアカウント」を読んで。

リアルアカウント 概要

国民的SNS『リアルアカウント(通称リアアカ)』。主人公たちは、ある日突然にSNSの世界に吸い込まれ、「フォロワー0で即○亡」「中の人が○ぬとフォロワーも即○亡」というルールの下、理不尽なゲームに強制参加させられてしまう。ゲームに負けた場合は、即○亡で、前述のように自分のフォロワーたちも○亡してしまう。

リアルアカウントを連載している週刊少年マガジンについて

週刊少年マガジンは、毎週水曜日発売の週刊少年漫画雑誌。

古くは手塚治虫や赤塚不二夫、つのだじろうといった通称『トキワ荘』組や小林よしのりなどといった複数の漫画誌を渡り歩いている漫画家を多く起用していた。1990年頃になるとその傾向は一旦低下するが、1999年頃から再び同社他誌の主力漫画家や他社デビューの漫画家を積極的に起用するようになっている。前者についてはCLAMP(『なかよし』)や福本伸行(『週刊ヤングマガジン』)が該当し、後者については大暮維人(『ウルトラジャンプ』)や木多康昭(『週刊少年ジャンプ』)、久米田康治(『週刊少年サンデー』)、ヒロユキ(『月刊少年ガンガン』)などがいる。その他能條純一や板垣恵介など他社の主力漫画家が一時的に『週刊少年マガジン』で連載を行なうことがある。

女性漫画家の起用は早い時期から多く行なっているが、ペンネームが男性風になることが多い。例として塀内真人(現・塀内夏子)、島崎譲、大島司、さとうふみや、恵広史、山本航暉などがおり、他誌では女性風だったペンネームをわざわざ男性風にした久保ミツロウのケースもある。最近では咲香里や吉河美希、西山優里子など男性風に変えない女性漫画家もいる。ちなみに初の連載女性漫画家は高橋美由紀である。

ショートギャグにも比重を置いていることから専門の漫画家も多く起用しており、過去には斉藤富士夫や三ツ森あきら、現在は西本英雄や氏家ト全がそれに該当する。また島田英次郎のように普段は他誌で連載をしているが、本誌の連載漫画が休載したときの穴埋めとしてショートギャグ漫画の読み切りを描くことがある。

リアルアカウント 49 キリカたちSQNマーブルに○された者たちのカタキを討つためにDQNマーブル狩りを始めるユウマとミズキ

DQNマーブル狩りにでる向井ユウマ | リアルアカウント

DQNマーブル狩りにでる向井ユウマ | リアルアカウントより引用

リアルアカウント 第49話ネタバレストーリー・あらすじ「DQN狩り」

ミツルがシェルターを用意してくれた。

鬼やDQNマーブルどこから核も防げる「情強」のマストアイテムだというミツル。

みんなは特別に「鬼ごっこ」が終わるまでいえいいという。

ミツルは褒められる態勢に入る。

しかし、誰もミツルを褒めない。ミツルを褒めないどころか暗い表情をしている。先ほど、DQNマーブルに○されたキリカという人とそんなに仲良しだったのかとミツルはいうと、あやめは別に仲良くなかった。ただのSNS上の関係だといいつつも涙を流す。

キリカをただのSNS上の関係だというあやめ | リアルアカウント

キリカをただのSNS上の関係だというあやめ | リアルアカウントより引用

キリカにしてきたことを思いますあやめ。あやめは、仲良くなったら失ったときキツいから仲良くなるのはイヤだったと思う。

シェルターという安全地帯に入って、あやめは力が抜ける思いをする。街中走り回らなくてもいい、誰も○ぬことはないと。

しかし、ユウマがそろそろ行くかとシェルターを出ようとする。

あやめはユウマを止める。

何しにいくかと聞かれたユウマは逃げるのもいいかげん飽きたからDQNマーブル狩りだという。

ミズキもユウマとシェルターを出て行く。

DQNマーブルがいなくなる夜明けまであと2時間しかない。

その間に狩らないと。ユウマは、DQNマーブルがリアアカの人間を襲っているところを実況している情報を見る。その写真は、間近で撮影されている。

そこからユウマは、DQNマーブルはプレイヤーだけを襲っていると推測する。

プレイヤーと一般人をどうやって判別しているのか考えていると、ミズキがナイフを突きつけてくる。

ユウマは、そんなミズキにやれという。

一方、ユウマの元カノのナナコはユウマからユウマの家で見つかったメモリーカードを渡され、メモリーカードの中を読み取って欲しいと依頼される。ナナコはイマリにメモリーカードを見せると、プライベート規格だという。

会社の機密を漏洩しないように独自で開発した端末専用のメモリーカードだという。リアアカ社のものだと考えるイマリ。リアアカに乗り込もうと考えるイマリ。

少し血だらけになったユウマとミズキは、DQNマーブル狩りに出る。一人目のDQNマーブルを見つけて、狩りをスタートする。

しかし、DQNマーブル三人に追われることになる。

プレイヤーだと認識されないようにしたつもりが失敗だった。なんとかDQNマーブルから逃げ切るユウマとミズキ。

マーブルマークを切り取るユウマとミズキ | リアルアカウント

マーブルマークを切り取るユウマとミズキ | リアルアカウントより引用

一般人とプレイヤーの判別の違いを、マーブルマークだと思った。そこで、ユウマは右手の平、ミズキは舌のマーブルマークを切り取ったのにダメだった。

リアアカプレイヤーと一般人の判別の鍵は首輪だと考えるユウマとミズキ | リアルアカウント

リアアカプレイヤーと一般人の判別の鍵は首輪だと考えるユウマとミズキ | リアルアカウントより引用

残るは、首輪だと考える。

反撃を開始する。

リアルアカウント弐 第49話ネタバレ感想

マーブルマークをやっと切り取ったけど、目的は違った。

判別に使うなら、装置が埋め込まれてそうな首輪だろう。でも首輪はそう簡単に外せるものなのか。

2015年12月9日発売 今週のマガジン2・3号「リアルアカウント」を読んで。

リアルアカウント 概要

国民的SNS『リアルアカウント』。主人公たちは、ある日突然にSNSの世界に吸い込まれ、「フォロワー0で即○亡」「中の人が○ぬとフォロワーも即○亡」というルールの下、理不尽なゲームに強制参加させられてしまう。ゲームに負けた場合は、即○亡で、前述のように自分のフォロワーたちも○亡してしまう。

リアルアカウントを連載している週刊少年マガジンについて

毎週水曜日発売の週刊少年漫画雑誌。

古くは手塚治虫や赤塚不二夫、つのだじろうといった通称『トキワ荘』組や小林よしのりなどといった複数の漫画誌を渡り歩いている漫画家を多く起用していた。1990年頃になるとその傾向は一旦低下するが、1999年頃から再び同社他誌の主力漫画家や他社デビューの漫画家を積極的に起用するようになっている。前者についてはCLAMP(『なかよし』)や福本伸行(『週刊ヤングマガジン』)が該当し、後者については大暮維人(『ウルトラジャンプ』)や木多康昭(『週刊少年ジャンプ』)、久米田康治(『週刊少年サンデー』)、ヒロユキ(『月刊少年ガンガン』)などがいる。その他能條純一や板垣恵介など他社の主力漫画家が一時的に『週刊少年マガジン』で連載を行なうことがある。

女性漫画家の起用は早い時期から多く行なっているが、ペンネームが男性風になることが多い。例として塀内真人(現・塀内夏子)、島崎譲、大島司、さとうふみや、恵広史、山本航暉などがおり、他誌では女性風だったペンネームをわざわざ男性風にした久保ミツロウのケースもある。最近では咲香里や吉河美希、西山優里子など男性風に変えない女性漫画家もいる。ちなみに初の連載女性漫画家は高橋美由紀である。

ショートギャグにも比重を置いていることから専門の漫画家も多く起用しており、過去には斉藤富士夫や三ツ森あきら、現在は西本英雄や氏家ト全がそれに該当する。また島田英次郎のように普段は他誌で連載をしているが、本誌の連載漫画が休載したときの穴埋めとしてショートギャグ漫画の読み切りを描くことがある。