カテゴリー別アーカイブ: NARUTO(ナルト) ネタバレ感想考察

NARUTO(ナルト)のネタバレ感想考察。NARUTO(ナルト)について。NARUTO(ナルト)は、忍同士の超常的な能力を駆使したド派手な戦いが繰り広げられるバトルアクション漫画。主人公と仲間との友情、裏切りと復讐、師弟や家族の絆が中心として描かれ、忍の世界とその起源・歴史を含めた重層的な世界観、民話や伝承や宗教のオマージュを巧みに取り込んだ設定となっている。劇場版NARUTO『BORUTOボルト』世代の親世代のストーリー。

NARUTO(ナルト) 700 最終回フルカラー版 ボルトが歴代火影にイタズラ(ボルト世代の登場人物一覧)

うずまきボルト | NARUTO(ナルト)最終回

うずまきボルト | NARUTO(ナルト)最終回より引用

NARUTO(ナルト) 概要

NARUTO(ナルト)は、忍同士の超常的な能力を駆使したド派手な戦いが繰り広げられるバトルアクション漫画。主人公と仲間との友情、裏切りと復讐、師弟や家族の絆が中心として描かれ、忍の世界とその起源・歴史を含めた重層的な世界観、民話や伝承や宗教のオマージュを巧みに取り込んだ設定となっている。NARUTO(ナルト)連載終了後もNARUTO(ナルト)外伝を短期連載する。

劇場版ナルト『BORUTOボルト NARUTO THE MOVIE』 概要

第四次忍界大戦を終結し、高度成長を遂げた新時代。七代目火影・うずまきナルトが統治する木ノ葉隠れの里を中心に、新たな忍を育てる「中忍選抜試験」が5つの里合同で開催されようとしていた。サスケの娘にしてナルトに憧れを抱くサラダ、多くの謎を持つ超優秀な忍ミツキ、そして才能を持ちながらもナルトをクソオヤジ呼ばわりするボルト。

ナルトNARUTO外伝 概要

ナルトNARUTO外伝について。ナルトが七代目火影になり、ナルト世代は親となり子供がいる木の葉の里。そこで次世代の若者たち(うずまきボルト、うちはサラダ、ミツキ、奈良シカダイ、秋道チョウチョウ)がアカデミーの卒業試験に挑む。写輪眼を使う謎の男・うちはシンの出現でナルト、サスケたちが動く。忍者バトルアクション漫画。劇場版NARUTO『BORUTOボルト』世代のサイドストーリー。

NARUTO(ナルト) 最終回のネタバレストーリー

うずまきボルト | NARUTO(ナルト)最終回

うずまきボルト | NARUTO(ナルト)最終回より引用

木ノ葉隠れ里のアカデミーで講師になっていた油女シノ。本日の授業が終了したことを告げる。話が終わる前に、うずまきボルトが油女シノにさようならの挨拶をする。

みんなにイタズラを教えてやるという。うちはサラダはめがねを上げてうずまきボルトを見る。奈良シカダイは、五影会談の番だから警戒だらけだと指摘するもうずまきボルトはだからこそ成功させてこそ忍だという。

山中いのじんが、うずまきボルトのイタズラの件を断る。猪鹿蝶の練習があるという。それを聞いて秋道チョウチョウは、みたらしアンコ先生と約束があるからと断る。みたらしアンコが秋道チョウチョウを呼びにくる。

山中いのじんは、秋道チョウチョウを止めようとする。修行ができないならイタズラにこいといううずまきナルト。奈良シカダイは、修行もイタズラもめんどくさいという。

うずまきヒマワリ ヒナタ | NARUTO(ナルト)最終回

うずまきヒマワリ ヒナタ | NARUTO(ナルト)最終回より引用

日向ネジの花にひまわりを供えるうずまきヒマワリ。母親の日向ヒナタと一緒に。うずまきヒマワリは、日向ネジが喜んでくれるかなと聞くと日向ヒナタはもちろんと応える。

ロック・リーは息子のメタル・リーとともに逆立ち歩きで修行していた。

忍具転転転を営むテンテン。客が来なくて暇だという。その前をうずまきボルトが歩く。その後を追ううちはサラダ。

奈良家では、奈良シカダイが帰ってくる。修行については腹が痛いといっておいてと居間にいくと、母親のテマリと風影の我愛羅がいた。カンクロウおじさんはというと、縁側のほうから顔を出すカンクロウ。

犬塚キバを女性に自分が火影にならない理由をいっていた。赤丸にも声をかけると老犬になった赤丸はにやっとするだけ。

秋道チョウジと妻のカルイ、山中いのにその夫サイが子どもたちを待っていた。山中いのはおこっていた。奈良シカマルは七代目火影うずまきナルトに付きっ切りで忙しいからとフォローをいれるサイ。

カルイは猪鹿蝶の連携なんて教えなくてもいいんじゃないというも秋道チョウジは返答に困る。それを聞いた山中いのは反論する。

そんなやり取りをみて出るに出られなくなる山中いのじん。

猿飛アスマの遺影に手を合わせる娘。紅は娘の出勤を見送る。

はたけカカシは、マイト・ガイを見舞っていた。今後どうするかという話。火影の任も解かれたから見回ってきたいところがあるという。

土影のところに旧五影が集まっていた。腰痛で動けない前土影オオノキのところに旧雷影・エー、旧水影・照美メイ、旧火影・綱手が見舞いにきていた。

ビーと八尾は滝で座禅を組んでいた。

火影の部屋ではうずまきナルト、奈良シカマル、シズネが五影会談の準備をすすめていた。そこにうどんともえぎが入ってきて、うずまきボルトのイタズラを報告する。

うずまきボルト | NARUTO(ナルト)最終回

うずまきボルト | NARUTO(ナルト)最終回より引用

うずまきボルトは歴代火影の顔岩にペンキでイタズラしていた。それを止めるうずまきナルト。うずまきボルトは一緒に掃除してくれという。老けたイルカがかまってもらいたいだけだとうずまきボルトをかばうも猿飛木ノ葉丸はイルカの擁護を聞く耳持たない。うずまきナルトはうずまきボルトに火影は里のみんなが家族だと諭す。うずまきナルトはうずまきボルトを猿飛木ノ葉丸に引き渡す。

うずまきボルト | NARUTO(ナルト)最終回

うずまきボルト | NARUTO(ナルト)最終回より引用

そのやりとりを見ていたうちはサラダ。

うちはサラダ サクラ | NARUTO(ナルト)最終回

うちはサラダ サクラ | NARUTO(ナルト)最終回より引用

うちはサラダは家に帰り、母親・春野サクラに男はバカという。でもうずまきボルトは自分と同じとこあるという。パパに関してはちょーしゃーんなろーだという。

うちはサスケ | NARUTO(ナルト)最終回

うちはサスケ | NARUTO(ナルト)最終回より引用

そう噂された父親・うちはサスケ。誰かの気配を感じる。

五影会談 | NARUTO(ナルト)最終回

五影会談 | NARUTO(ナルト)最終回より引用

五影会談。五代目雷影・ダルイ、六代目水影・長十郎、四代目土影・黒ツチ、五代目風影・我愛羅(ガアラ)が既に席についていた。そして、遅れて七代目火影・うずまきナルトが奈良シカマルと到着する。

続きを読む

NARUTO(ナルト) 235 木ノ葉の里の医療技術

シカクに説教されるシカマル | NARUTO(ナルト)

シカクに説教されるシカマル | NARUTO(ナルト)より引用

NARUTO(ナルト) 概要

NARUTO(ナルト)は、忍同士の超常的な能力を駆使したド派手な戦いが繰り広げられるバトルアクション漫画。主人公と仲間との友情、裏切りと復讐、師弟や家族の絆が中心として描かれ、忍の世界とその起源・歴史を含めた重層的な世界観、民話や伝承や宗教のオマージュを巧みに取り込んだ設定となっている。NARUTO(ナルト)連載終了後もNARUTO(ナルト)外伝を短期連載する。

NARUTO(ナルト) 今回のネタバレストーリー

カカシの背中で目を覚ますナルト。サスケのことを聞くもカカシが応える前に木ノ葉の医療部隊がやってくる。医療部隊もうちはサスケの所在を聞くもカカシは首を横に振るだけ。

カカシは、他の下忍、奈良シカマル、秋道チョウジ、日向ネジ、犬塚キバの様子を医療部隊に聞く。緊急処置で護送しているという。奈良シカマルは軽傷。犬塚キバは傷が深いが命に別状はなし。日向ネジと秋道チョウジは重体という。

秋道チョウジ | NARUTO(ナルト)

秋道チョウジ | NARUTO(ナルト)より引用

チョウジは全身包帯だらけで綱手が薬の成分を調べている。キバは赤丸の容態を気にする。獣医の姉は手足の腱が切れて散歩は当分ムリだけど命に別状はないという。集中治療室では、大魔方陣の真ん中に寝かされたネジ。胸の傷口を、ネジ自身の髪の毛からチャクラで細胞再生させている。陣頭指揮を執っているのはシズネ。

日向ネジ | NARUTO(ナルト)

日向ネジ | NARUTO(ナルト)より引用

チョウジの集中治療室の前では、シカマルとテマリがいた。イライラして落ち着きがないシカマルを落ち着かせるテマリ。シカマルは今回の任務で自分が忍に向いていないことがわかったと弱音を吐く。テマリは男のくせにモロいんだなという。シカマルは、小隊長としてできたことは信じることだけ、自分の力のなさを痛感したといい、テマリに言い返せなかった。シカマルは集中治療室の前から去ろうとする。廊下の角には父・シカクが立っていて、女に言い負かされるのかというも口喧嘩なんて女じゃねーからやらないというとシカクは男でもねぇという。ただの腰抜けだと。シカクは続ける。シカマルが忍を辞めても任務は続く。シカマルの仲間が別の隊長の下で出動するだけだ。そこでシカマルの仲間は○ぬかもしれないと。だが、シカマルが隊長だったらそうならないかもしれない。今回を反省し、経験を活かし、学べば任務をより完璧にこなせるようになるかもしれない。本当に仲間を大切に思うなら逃げることを考える前に仲間のためにシカマルがより優秀になることを考えろと。励ます。

その時、集中治療室から綱手が出てくる。チョウジは大丈夫だという。薬の副作用は調合した解毒剤でとめた。とめられたのは奈良一族秘伝の薬剤調合マニュアルのおかげだという。

そこにシズネがネジの無事を言いにくる。そして、カカシとナルトの帰還を報告する。サスケは連れ帰れなかった。綱手はシカマルに任務失敗だったなという。でもみんな生きている、それが何よりだと。シカマルは泣きながら次こそは完璧にこなしてみますと誓う。

続きを読む