カテゴリー別アーカイブ: ほいくの王さま ネタバレ感想考察

ほいくの王さまのネタバレ感想考察。ほいくの王さまについて。子どもが大好きで保育士になった福田育。夢の保育士になったはいいものの僅か2ヶ月で退職してしまう。失意の中、子ども嫌いの保育園園長で出会う。もう一度、保育園で働く事を決意する福田育。そこは男だけの保育園だった。

ほいくの王さま 3 保育士の給料が0円

保育士の給料0円 | ほいくの王さま

保育士の給料0円 | ほいくの王さまより引用

ほいくの王さま 概要

子どもが大好きで保育士になった福田育。夢の保育士になったはいいものの僅か2ヶ月で退職してしまう。失意の中、子ども嫌いの保育園園長で出会う。もう一度、保育園で働く事を決意する福田育。そこは男だけの保育園だった。

ほいくの王さま 今回のネタバレストーリー

手遊び歌で園児と戯れる福田育。保育士の面接にきた男性をみかけるイケメンのいい感じの子だとキヨ子たちはいう。

その間に園児たちがケンカを始める。龍之介とクマルが絵本の取り合いをする。それを仲裁しようと育が行くも後ろから園児に押されて倒れてしまう。そこに園児達が「たたかいごっこ」だとポコポコと殴られる育。

仕事を終えて育は電車のなかで保育について反省する。神社でなついてくれたけど、まだまだ「先生」じゃないと落ち込む。

降りた駅では目標とする秀兄が勤める保育園がある。秀兄を訪ねにきた。

園児のケンカ | ほいくの王さま

園児のケンカ | ほいくの王さまより引用

そこで、園児達がケンカを始める。おもちゃの取り合いだ。育はすぐに止めようとするが秀兄は育を止めて、少し様子を見ようという。様子をみていると、園児達は一通り言い合いをした後、話し合って自分達で解決した。秀兄は、あのくらいの歳の子はケンカも勉強だからと。そして、仲直りをした園児を褒める秀兄。

育は秀兄を尊敬する。

育は、大鳥園長に言われたとおり保育士を見つけるために秀兄に相談していた。秀兄の後輩で保育士の仕事を探していると相談されていたと紹介する。店に入ってきたのは身長も高いゴツイ男が現れた。

東郷潮 | ほいくの王さま

東郷潮 | ほいくの王さまより引用

東郷潮と挨拶はガチガチに緊張していた。いままでは子ども向けのショーを手伝っていたけどケガでできなくなったので保育士の資格を取ったと。子どもが好きで子どもに関わる仕事がしたいと。

育はいい人そうだけど、大鳥園長のことを思い出して紹介して大丈夫かと不安になる。

育は、最初に入った保育園を辞めたことを秀兄に伝える。育は逃げたと自分を卑下するも秀兄は、逃げることが全て悪いとは思わないとフォローする。大事なのはこれから。この経験を今の保育園で活かせるなら今回の逃げは「いい逃げ」だと。

秀兄 | ほいくの王さま

秀兄 | ほいくの王さまより引用

ただし、できるのは1度だけ。なんども逃げるようなら本当にどうしようもない奴だといつになく真剣に語る秀兄。育は逃げないことを誓う。

エリオと美人ママ | ほいくの王さま

エリオと美人ママ | ほいくの王さまより引用

ほいくの王さま 2 新米保育士の仕事は保育士を見つけること

新米保育士・福田育 | ほいくの王さま

新米保育士・福田育 | ほいくの王さまより引用

ほいくの王さま 概要

子どもが大好きで保育士になった福田育。夢の保育士になったはいいものの僅か2ヶ月で退職してしまう。失意の中、子ども嫌いの保育園園長で出会う。もう一度、保育園で働く事を決意する福田育。そこは男だけの保育園だった。

ほいくの王さま 今回のネタバレストーリー

大鳥園長に上手くのせられたと感じるも福田育は、今度こそ保育士として頑張ろうと決意して「おおとり保育園」の呼び鈴を鳴らす。中から男性保育士が出てきて対応してくれる。

保育士・及川有人 | ほいくの王さま

保育士・及川有人 | ほいくの王さまより引用

保育士の及川有人。福田育は大鳥園長とは違っていい人そうで胸を撫で下ろす。男性保育士ということもあって少し安心している福田育。園の中も和風のつくり。園児達は福田育をみると笑顔で駆け寄ってくる。神社であった給食配給をしているキミ子もいた。部屋の端っこで座ってゲームをしている人がいる。バイトの職員だという。

保育士バイト・藤 | ほいくの王さま

保育士バイト・藤 | ほいくの王さまより引用

福田育は、挨拶もしたいのでと大鳥園長のことを聞くも寝ているという。園は小さいけど雰囲気のいい保育園だ。及川有人は赤ちゃんを担当するから福田育は上の子をみてもらえるかと言われる。

大鳥園長 | ほいくの王さま

大鳥園長 | ほいくの王さまより引用

園児が神社でやった「はじまるよ」の歌やりたいとリクエストしてみんなで楽しく遊ぶ。次にお絵描きの時間。大志は、パパとママと有権者を書く。大志のパパは区議だという。クマルはカレー人だという。クマルの家はカレー屋を営んでいるという。福田育はカレー大好きだという。今度食べに行きたいというとクマルは笑顔で「おもてなし」するという。

及川有人はこども好きで良かったという。そういわれて福田育は、この保育園に入ってよかったと実感する。10時になっても他の園児や女性保育士のことを聞くと及川有人もキミ子も暗い顔をする。

大鳥園長 | ほいくの王さま

大鳥園長 | ほいくの王さまより引用