カテゴリー別アーカイブ: 銀魂 ネタバレ感想考察

銀魂のネタバレ感想考察。銀魂について。銀魂は、SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画。江戸時代末期「天人(あまんと)」と呼ばれる異星人達が襲来した。まもなく地球人と天人との間に十数年にも及ぶ攘夷戦争が勃発。数多くの侍・攘夷志士が天人との戦争に参加した。しかし天人の絶大な力を見て弱腰になっていた幕府は天人の侵略をあっさりと受け入れ開国してしまう。

銀魂 550 佐々木異三郎長官に敬礼

異三郎に敬礼 | 銀魂

異三郎に敬礼 | 銀魂より引用

銀魂 概要

銀魂は、SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画。江戸時代末期「天人(あまんと)」と呼ばれる異星人達が襲来した。まもなく地球人と天人との間に十数年にも及ぶ攘夷戦争が勃発。数多くの侍・攘夷志士が天人との戦争に参加した。しかし天人の絶大な力を見て弱腰になっていた幕府は天人の侵略をあっさりと受け入れ開国してしまう。

銀魂 今回のネタバレストーリー

山崎 | 銀魂

山崎 | 銀魂より引用

山崎退監察レポート。満身創痍の志士たちが横たわる部屋の中で書き記す。真撰組監察として様々なホシに張り込みをかけ、その様子をつづってきた。まさかこのレポートの最後につづるホシの名が、この名になるとは…。

幕府転覆を目論んだ悪逆の徒・真撰組。この先、その名は歴史において逆賊として語られることになるかもしれない。その時のために山崎はここに真実を書き記して…

いや、真実なんて本当の所、山崎は自分たちのやった事がいい事だったのか、悪いことだったのかそれすらも解らない。

奈落 | 銀魂

奈落 | 銀魂より引用

ただ一つだけハッキリ言える。逆賊と呼ばれても忠臣と呼ばれてもどちらだってかまわない。ただあの人と一緒に真撰組でよかったんだと。

見廻組、桂率いる攘夷浪士一派、様々な勢力の協力を得て、奈落の執拗な追跡をくぐりぬけ辛くも黒縄島より脱出した。

満身創痍の近藤局長 | 銀魂

満身創痍の近藤局長 | 銀魂より引用

近藤局長の奪還に成功する。

しかし、その代償もまた大きかった。

近藤 トシ | 銀魂

近藤 トシ | 銀魂より引用

銀魂 549 今井信女と佐々木異三郎は二人でぼっち回避

今井信女 | 銀魂

今井信女 | 銀魂より引用

銀魂 概要

銀魂は、SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画。江戸時代末期「天人(あまんと)」と呼ばれる異星人達が襲来した。まもなく地球人と天人との間に十数年にも及ぶ攘夷戦争が勃発。数多くの侍・攘夷志士が天人との戦争に参加した。しかし天人の絶大な力を見て弱腰になっていた幕府は天人の侵略をあっさりと受け入れ開国してしまう。

銀魂 今回のネタバレストーリー

今井信女 | 銀魂

今井信女 | 銀魂より引用

倒れる瀕○の佐々木異三郎に声をかける今井信女。○ぬなんて許さない。約束したじゃないかと今井信女は佐々木異三郎の手を握る。佐々木異三郎が、今井信女を○すという約束を守るために、私は○なないし、アナタも○なせないと今井信女が佐々木異三郎に肩を貸し歩かせる。

佐々木異三郎 | 銀魂

佐々木異三郎 | 銀魂より引用

意識が戻った佐々木異三郎は、そんな古い約束とうの昔に忘れたという。佐々木異三郎はそんなことに捕らわれていたら今井信女も○にますよというと今井信女は家族の仇がどうなろうとも知ったことではないでしょと反論する今井信女。しかし、佐々木異三郎は、仇なんてここにはいないんじゃないですかというと今井信女は返事ができなかった。

佐々木異三郎の家族が○された時、その場から立ち去る血痕がありました。あの夜に家族を襲撃したのは今井信女だけではなく、他の襲撃者もいた。襲撃者は妻の従者を皆○しにあった。従者の刀は抵抗する間もなかったようにキレイなままだった。であれば、その場から立ち去る血痕は襲撃者と争った誰か。それができるのは今井信女。今井信女は妻子を○そうとしたのではなく守ろうとしたんじゃないかと推測する佐々木異三郎。

気づいていながら今井信女を仇と呼び、復讐の道具として利用した。今井信女が命をかけて守る価値はないという佐々木異三郎。

今井信女 | 銀魂

今井信女 | 銀魂より引用

今井信女は、何があったにせよ、あなたの家族を守れなかったことに変わりはない。あなたの仇それでいいと。私もあなたと一緒。たとえ仇でも誰かに隣にいてほしかった。仇と呼ばれても誰かの隣にいてほしかった。独りぼっちになりたくなかった。独りぼっちにさせたくなかった。隣にいる理由なんてそれっぽっちで足りるじゃないと。

今井信女 | 銀魂

今井信女 | 銀魂より引用