カテゴリー別アーカイブ: 嘘喰い ネタバレ感想考察

嘘喰いのネタバレ感想考察。嘘喰いについて。嘘喰いは、実在・オリジナルを問わず、幅広い種類のギャンブルやゲームが取り上げらる青年ギャンプルバトル漫画。駆け引きなどが重要視される「頭脳バトル漫画」には珍しく、肉体的な「暴力」も大きなテーマの1つとなっている。お互いに対等の暴力を持っていて初めて勝負が成り立つという現実的な展開に基づいている。

嘘喰い 436 エアポーカーのカードに記された数の正体(法則)

エアポーカーのカードの数字はポーカーの役の合計数 | 嘘喰い

エアポーカーのカードの数字はポーカーの役の合計数 | 嘘喰いより引用

嘘喰い 概要

嘘喰いは、実在・オリジナルを問わず、幅広い種類のギャンブルやゲームが取り上げらるギャンプルバトル漫画。駆け引きなどが重要視される「頭脳バトル漫画」には珍しく、肉体的な「○力」も大きなテーマの1つとなっている。お互いに対等の○力を持っていて初めて勝負が成り立つという現実的な展開に基づいている。

嘘喰い 第436話ネタバレストーリー・あらすじ「窒息の最中」

2回戦でのBetで斑目獏は全エアを賭け、0エアとなる。呼吸分のエアまで賭けてしまった斑目獏は、呼吸をストップさせる。

斑目獏が「39」。ラロは「8」という数字のカードで勝負をかける。

梶 | 嘘喰い

梶 | 嘘喰いより引用

しかし、ラロは長考する。獏の「39」がどうか以前に獏を窒息○させる気だと梶はいう。外野もコールかフォールを早くしろとラロに野次が飛ぶ。

ラロの狙いはこれだった。1エア賭けも獏の呼吸中のエアをなくすため。それでも獏がエアをチェンジしないと踏んでの実行。獏は30秒以上無呼吸で耐えなければならない。

外野から更なるブーイングがラロに飛ぶ。

獏は落ち着いて静かに数えろと自分に言い聞かせる。20、19、18、17、16、15、14、13と自主カウントしていくが実際のカウントはまだ残り17秒だった。獏はとてつもなく長く感じる。ストレス、緊張に加え、体温低下による消費酸素の増大。これまでの思考のツケが回ってきて体がエアを欲する。

外野はラロを罵る。

ラロの憶測 | 嘘喰い

ラロの憶測 | 嘘喰いより引用

ラロは獏の顔を覗き込む。「39」に自身があるのか。それとも運のみにかけたのか。それとも降りると踏んでのハッタリか。

ラロの思考 | 嘘喰い

ラロの思考 | 嘘喰いより引用

ラロは考える。例え「39」が勝ったとしてもそこから更に20秒以上の無呼吸が待っている。降りれば、呼吸までの時間短縮につながる。合理的に考えて「降り」はないとラロがやっとコールする。

15エアでBet成立。

獏の笑み | 嘘喰い

獏の笑み | 嘘喰いより引用

嘘喰い 430 エアポーカーのルール解説

エアポーカーのカードを開いて驚愕するラロ | 嘘喰い

エアポーカーのカードを開いて驚愕するラロ | 嘘喰いより引用

嘘喰い 概要

嘘喰いは、実在・オリジナルを問わず、幅広い種類のギャンブルやゲームが取り上げらるギャンプルバトル漫画。駆け引きなどが重要視される「頭脳バトル漫画」には珍しく、肉体的な「○力」も大きなテーマの1つとなっている。お互いに対等の○力を持っていて初めて勝負が成り立つという現実的な展開に基づいている。

嘘喰い 今回のネタバレストーリー

屋形越えを掛けた嘘食い・斑目獏とアイデアルの首領・ビンセント・ラロの卍勝負。賭郎勝負「エア・ポーカー」で勝負する。

エアポーカーは、水中に沈められた固定された椅子に足枷で固定され、チップとして酸素ボンベをかける○んだほうが負けというデスゲーム。

溺○の五段階 | 嘘喰い

溺○の五段階 | 嘘喰いより引用

何を持って○とするか。そのためには溺○のメカニズムを説明する。

溺○は、

1.パニック
2.紫
3.弛緩
4.終末
5.停止

このように五段階にわけて説明する。

1.パニック
気道内へ僅かでも水が浸入した時に空気を吸いたくても吸えない状態になる。時には肺が水で満たされることもある。

2.紫
血中の二酸化炭素濃度が上昇。肌色が紫(チアノーゼ)になる。痙攣、はげしくのた打ち回る。

3.弛緩
意識を喪失。筋肉から力を失われます。

4.終末
瞳孔が散大し、反射機能も消失。この時はまだ蘇生加納な状態だといえる。痙攣もとまり、呼吸運動も停止してから、突然、深い吸気性の運動が起こり、そして再び弛緩。

5.停止
その運動も次第に弱くなり完全心肺停止

エアポーカーの○の条件 | 嘘喰い

エアポーカーの○の条件 | 嘘喰いより引用