カテゴリー別アーカイブ: 【ドラマ】孤独のグルメ ネタバレ感想考察

孤独のグルメのネタバレ感想考察。孤独のグルメについて。孤独のグルメは、で雑貨輸入商を営んでいる井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いたグルメ漫画。料理の薀蓄を述べるのではなく、ひたすらに主人公の中年男が独りで食事を楽しむシーンと心理描写を綴っているのが特徴。

孤独のグルメ シーズン5 第1話 川崎市稲田堤の焼肉【飯テロ】

焼肉上カルビを食べる井之頭五郎 | 孤独のグルメ シーズン5

焼肉上カルビを食べる井之頭五郎 | 孤独のグルメ シーズン5より引用

孤独のグルメ 概要

孤独のグルメは、個人で雑貨輸入商を営んでいる井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いたグルメ漫画。料理の薀蓄を述べるのではなく、ひたすらに主人公の中年男が独りで食事を楽しむシーンと心理描写を綴っているのが特徴。

孤独のグルメ シーズン5 第1話のネタバレストーリー・あらすじ「神奈川県川崎市稲田堤のガーリックハラミとサムギョプサル」

井之頭五郎は、稲田堤液から出てくる。クライアントである店に向かう。

井之頭五郎「雨降りだけど初めてくる街はわくわくする」

井之頭五郎を押しのけて、待ち合わせの人と合流する女性。いまからでも飲みにいこうかといいながら豪快に笑う女性。

井之頭五郎「あーびっくりした。ガハハじゃないよ」

クライアントの布団屋に到着する。店主は、雨のなか悪いねと井之頭五郎に謝る。予算内でテーブルを見繕う井之頭五郎。スイス製とスウェーデン製。店主は、男手一つで育てた娘の結婚祝いに食卓のテーブルを買ってあげたいという。

店主は、生きていく上で大事なことは、食うことと寝ること。うちは布団屋だから寝ることはなんとかなる。食卓テーブルを買ってあげればいいと。店主は娘の写真を見せてくれる。娘は先ほど、ガハハを笑って押しのけられた女性だった。井之頭五郎は苦笑いをする。井之頭五郎はどっきりかと思ったと店を後にする。

腹がへった井之頭五郎は、食を求めて街を徘徊する。

店先で焼き鳥を焼く匂いにそそられるも次に向かう。そこで見つけたのは青い看板の「炭火焼肉寿苑」という焼肉店の看板。寿という言葉を見て、井之頭五郎はここの店に決める。玄関の扉が扉ごと外されている。煙対策にしては豪快だと思う井之頭五郎。

店に入るなり、先客の肉の焼く匂いに井之頭五郎は期待が上がる。席につくと迷っている暇はないと井之頭五郎は、メニューを見る。

井之頭五郎「タン塩、カルビ、ハラミ、、、ん、ガーリックハラミ?」

井之頭五郎は、ガーリックハラミという言葉にひっかかり、壁のメニューを見ている。ガーリックハラミは当店でナンバーワンのおすすめとして書かれてあった。焼きにんにくがハラミの旨味を高めますと書かれてある。井之頭五郎は、その売り文句にのることにした。

井之頭五郎は、ガーリックハラミとタン塩、あとライスとウーロン茶を注文する。キムチもつけてもらう。

早速、ウーロン茶がやってきて、井之頭五郎はのどを潤す。女店主がそのまま居座り、スーパー銭湯の話を始める。簡単に受け答えする井之頭五郎だが、心の中では、焼肉の受け入れ態勢は整ったと準備万端。女店主は他の客に呼ばれて、井之頭五郎から離れる。

五郎'sセレクション タン塩 ガーリックハラミ 白飯 キムチ | 孤独のグルメ シーズン5

五郎’sセレクション タン塩 ガーリックハラミ 白飯 キムチ | 孤独のグルメ シーズン5より引用

炭火もテーブルにやってきて、あとは焼肉を待つばかり。

井之頭五郎「炭の炎が俺の溶鉱炉に火をいれたぞ」

井之頭五郎は上着を脱いで、更なる焼肉を食べる体勢に入る。

焼肉タン塩 | 孤独のグルメ シーズン5

焼肉タン塩 | 孤独のグルメ シーズン5より引用