カテゴリー別アーカイブ: 【アニメ】妖怪ウォッチ ネタバレ感想考察

妖怪ウォッチのネタバレ感想考察。アニメ妖怪ウォッチについて。妖怪ウォッチは、小学生ケータが妖怪ウォッチを手に入れ、妖怪が見れるようになり、妖怪と友達になっていくストーリー。ゲーム、漫画、アニメとメディアミックスで展開されている作品。アニメが原作よりも、よりコメディ部分を全面的にだしたギャグアニメ。様々なパロディを展開している。

アニメ妖怪ウォッチ 61話感想 妖怪ガマンモス 妖怪TETSUYA

アニメ妖怪ウォッチ

(アニメ妖怪ウォッチより引用)

アニメ妖怪ウォッチ 概要

妖怪ウォッチは、小学生ケータが妖怪ウォッチを手に入れ、妖怪が見れるようになり、妖怪と友達になっていくストーリー。ゲーム、漫画、アニメとメディアミックスで展開されている作品。アニメが原作よりも、よりコメディ部分を全面的にだしたギャグアニメ。様々なパロディを展開している。

アニメ妖怪ウォッチ 今回のあらすじ

「コマさん探検隊」
宇宙人を探して砂漠(国内の砂丘)を走るコマさんたち。猛毒のサソリ(ザリガニ)に教われるプロデューサー。というかあらすじ書くのもあほらしくなってくる作品…。もういいわ。

「妖怪ガマンモス」
がまんDEゴーに出演することになったケータ。我慢強くなる妖怪がいないかウィスパーに詰め寄るケータ。ジバニャンは妖怪合コンで知り合ったという妖怪ガマンモスを紹介する。がまんDEゴーで熱さや寒さ、そしてこそがしも耐えたケータは、最終対決である老人と対決する。その老人は、ガマンモスの師匠だった。ケータの我慢させることができずケータは負ける。

「妖怪TETSUYA」
クマとカンチがケータの家にお泊まりにきた。夜どれだけ起きていられるか勝負したところ、ケータが勝ってしまう。物足りないケータに声をかける妖怪が現れる。徹夜する妖怪TETSUYA。ケータはTETSUYAと徹夜で遊ぶ。しかし、さすがに眠たくなってきたケータ。妖怪ガマンモスを召喚して、眠たいのを我慢した。

続きを読む

アニメ妖怪ウォッチ 60話感想 トイレの花子さん 妖怪しきるん蛇

アニメ妖怪ウォッチ

(アニメ妖怪ウォッチより引用)

アニメ妖怪ウォッチ 概要

妖怪ウォッチは、小学生ケータが妖怪ウォッチを手に入れ、妖怪が見れるようになり、妖怪と友達になっていくストーリー。ゲーム、漫画、アニメとメディアミックスで展開されている作品。アニメが原作よりも、よりコメディ部分を全面的にだしたギャグアニメ。様々なパロディを展開している。

アニメ妖怪ウォッチ 今回のあらすじ

「コマさん探検隊」
ジャングルの奥地に住むと言われる原始超人ダノタ・ツサンオを探しにコマさんがいく。ジャンルと思わせて日本で撮影しているヤラセの撮影。ダノタ・ツオサンオがケータイをいじっているところを見つかってしまう。今回も最後に本物のダノタ・ツサンオらしきものがコマさんの前に現れて消える。

「トイレの花子さん」
フミちゃんたち女子たちがトイレの花子さんの話をしている。ウィスパーがすかさず、花子さんが妖怪だという。花子さんがでたというのでトイレに見に行こうということになる。いなかった。放課後、確かめるためにケータはトイレにいく。そこでうなり声をあげる花子さんがいた。悩んでいた花子さん。地方によっていろんな登場方法を提供して怖がらせていた。しかし、現代だと、すぐにネットで共有されてすぐに飽きられてしまう。そんな現代にマッチした表現方法はないかと悩んでいた花子さん。そこでケータは様々ところから出たらいいんじゃないかと提案した。家に帰るとDVDが届いており、それを視聴するとテレビの中から花子さんが出てきた。

「妖怪しきるん蛇」
カンチがドロケーをするクマはドロでケータはケーで決定。給食の時も食べる順番を勝手に決定する。掃除の時も役割分担を決定と決定する。何かおかしいとケータは妖怪ウォッチで照らす。そこには妖怪しきるん蛇がいた。次はフミちゃんに取り付く妖怪しきるん蛇。

続きを読む