カテゴリー別アーカイブ: へうげもの ネタバレ感想考察

へうげもののネタバレ感想考察。へうげものについて。へうげものは、『出世』と『物』、2つの【欲】の間で日々葛藤と悶絶を繰り返す戦国武将【古田織部】の物語である。茶道や茶器、美術や建築など、戦国時代に花開いた「美」や「数奇」からスポットライトをあてて同時代を切り取った作品。

へうげもの コミック6 自分と同等レベルを求めるのはブラック企業の社長と同じ

へうげもの

(『へうげもの』より引用)

へうげもの 概要

へうげものは、『出世』と『物』、2つの【欲】の間で日々葛藤と悶絶を繰り返す戦国武将【古田織部】の物語である。茶道や茶器、美術や建築など、戦国時代に花開いた「美」や「数奇」からスポットライトをあてて同時代を切り取った作品。

へうげもの 今回のあらすじ

豊臣秀吉は大茶会を開き、千利休に変わる茶頭を決めようとする。千利休はこのような大茶会は意にそぐわず、古田織部は数寄者の天下をとろうと躍起になる。しかし、秀長の計らいにより、茶頭の交代はなく、茶頭は千利休のままとなった。織部は千利休から未熟者と評され、思い悩むもであった。

千利休は、一命を賭して、わびの美を世に広めることができないとへち貫に言われ、自問するが、突然の来訪でわびの美で持て成されることを受けて、自分の行いは間違いではないと思うが、それはあらかじめ知っていてのもてなしで、似非わび茶人をつくっているだけなのだと痛感させられる。

織部に未熟者と評したが自身もそうであると、織部に認めた千利休。

続きを読む

へうげもの コミック5 形だけの美は何も広まらないよりタチが悪い

へうげもの

(『へうげもの』より引用)

へうげもの 概要

へうげものは、『出世』と『物』、2つの【欲】の間で日々葛藤と悶絶を繰り返す戦国武将【古田織部】の物語である。茶道や茶器、美術や建築など、戦国時代に花開いた「美」や「数奇」からスポットライトをあてて同時代を切り取った作品。

へうげもの 今回のあらすじ

古田織部は千利休に新しい屋敷で悩んでいることを打ち明けると、ある者のところへ行くと良いと薦められる。訪ねた先で、大きなヒントを得る。

堺では、豊臣秀吉の命により、堀を埋めたりし、商人の間では織田信長の時のほうがよかったという声があがる。

徳川家康は、上洛し、秀吉の家臣に加わる。それを期に秀吉は九州平定へと動く。秋月攻めの際に名物「楢柴」を奪い、降伏させるきっかけを織部はつくる。

キリシタンは農民の女子を奴隷のように連れ去っていることを知り、秀吉は布教の禁止をする。それ以来、南蛮趣味を改め、秀吉も千利休の詫びの世界に迎合していく。

続きを読む