カテゴリー別アーカイブ: アイアムアヒーロー ネタバレ感想考察

アイアムアヒーローのネタバレ感想考察。アイアムアヒーローについて。アイアムアヒーローは、ゾンビになる感染病が蔓延するなか平凡な日常が崩壊していく様を描いたホラー漫画。作品中では「ゾンビ」という言葉は直接使われていない。でも「ZQN」は使われている。

アイアムアヒーロー 264 最終話!最終回!堂々、完結!続く英雄の東京サバイバル!

冬の東京で狩りをする英雄 | 最終話 最終回 完結 アイアムアヒーロー

冬の東京で狩りをする英雄 | 最終話 最終回 完結 アイアムアヒーローより引用

  1. アイアムアヒーロー 第264話 最終話 最終回 ネタバレストーリー・あらすじ
  2. アイアムアヒーロー 第264話 最終話 最終回 ネタバレ感想・考察
  3. アイアムアヒーロー 概要
  4. アイアムアヒーローを連載している週刊ビッグコミックスピリッツについて

アイアムアヒーロー 第264話 最終話 最終回 ネタバレストーリー・あらすじ

スラッグ弾を作るため、英雄は、弾頭の材料となる鉛を車のタイヤについているバランスウエイトをかき集めることにした。

車のタイヤのバランスウエイトをかき集め、容器にいれて溶かす作業に入る。

火傷に気をつけながら、溶けた鉛をスラッグ弾の弾頭の型に流し込む。

一度、深呼吸して型から鉛を外す。そして、水につけてしっかり冷やす。

スラッグ弾の弾道を完成させる英雄 | 最終話 最終回 完結 アイアムアヒーロー

スラッグ弾の弾道を完成させる英雄 | 最終話 最終回 完結 アイアムアヒーローより引用

冷えれば、スラッグ弾の弾頭の完成。

英雄は自然と笑顔になる。

弾頭をシェルに詰め込み、しっかりと分量を量った火薬、雷管、ワッズを空薬莢にいれて、最後に弾頭をプレスしてスラッグ弾の完成。

とりあえず、五発のスラッグ弾を製造した英雄。

ガッツポーズが出る。

次に発射テスト。

手作りのスラッグ弾をテスト射撃をする英雄 | 最終話 最終回 完結 アイアムアヒーロー

手作りのスラッグ弾をテスト射撃をする英雄 | 最終話 最終回 完結 アイアムアヒーローより引用

英雄は、手作りのスラッグ弾がどこまで精度があるのか確かめるべく、発射テストを行う。

標的は、吊るされた飛び出し坊やだった。英雄は飛び出し坊やに恨むなよといいつつ、トリガーを引く。

轟音が人気のない東京に鳴り響く。

英雄は、スラッグ弾が標的にあたったかを確かめに飛び出し坊やに走り寄る。

スラッグ弾は、飛び出し坊やの眉間を貫通していた。

英雄は、飛び出し坊やに成仏してくれと手を合わせる。

胴体を狙ったスラッグ弾が、眉間にヒットしたところから精度は引くとと考えるが、とにかく成功だと考える英雄。

それから英雄は、鹿をしとめるべく、車の中で待ち続けた。

しかし、何日たっても鹿は姿を現さない。

今日も鹿が現れないとグチをこぼす英雄 | 最終話 最終回 完結 アイアムアヒーロー

今日も鹿が現れないとグチをこぼす英雄 | 最終話 最終回 完結 アイアムアヒーローより引用

準備ができた途端にこなくなった鹿にイラだちを覚える英雄。

酒を飲み、飛び出し坊やに語りかける英雄。

朝起きると、この世界は夢オチなんじゃないかと。目を覚ましたら、いつもの日常があって、漫画のアシスタントとして仕事場で、三谷にグチを言われ、家に帰れば酔っ払いのてっこを介抱して。

飛び出し坊やは、あの日に帰りたいのかと英雄に問う。

問われた英雄は、あたりまえと応えるも少し否定する。

銃を構える英雄 | 最終話 最終回 完結 アイアムアヒーロー

銃を構える英雄 | 最終話 最終回 完結 アイアムアヒーローより引用

ある朝、英雄は目覚めると標的がいることを感じ、静かに銃を構える。

そして、轟音が鳴り響く。

ついに鹿をしとめた。

しかし、しとめた鹿をどうするのか迷う。

とりあえず、血抜きをして、冷やすと水の中に入れる。

次に吊るして解体。

手馴れていない英雄は、皮をはいでから吊るすのかとわからない。わからないがとにかkう皮をはごうとナイフを鹿にいれる。

思いのほかたやすく皮がそげるのを実感する英雄。

次に内臓を取り出す。内臓をみて生々しいと感じる英雄。

そこに、もう一つの生命があったことを知る英雄。

鹿のおなかに子供がいたことに涙する英雄 | 最終話 最終回 完結 アイアムアヒーロー

鹿のおなかに子供がいたことに涙する英雄 | 最終話 最終回 完結 アイアムアヒーローより引用

英雄を涙を浮かべて、一人のためみ二つの命が犠牲なったと悲しむ。

命を奪って生きていることに心苦しくなる英雄 | 最終話 最終回 完結 アイアムアヒーロー

命を奪って生きていることに心苦しくなる英雄 | 最終話 最終回 完結 アイアムアヒーローより引用

胸が苦しくなる英雄。

禿げる英雄 | 最終話 最終回 完結 アイアムアヒーロー

禿げる英雄 | 最終話 最終回 完結 アイアムアヒーローより引用

帽子を脱ぎ、禿げてきた英雄。

それでも自分の人生をまっとうしようと立ち上がる。

冬がやってきて、東京にも雪が降り積もる。

雪降る冬の東京 | 最終話 最終回 完結 アイアムアヒーロー

雪降る冬の東京 | 最終話 最終回 完結 アイアムアヒーローより引用

英雄は、銃を持って走る。降り積もった雪の上にイノシシの足跡を見つけ、追跡を始める。

アイアムアヒーロー 第264話 最終話 最終回 ネタバレ感想・考察

アイアムアヒーロー、堂々の完結。静かな最終話だった。最終章に入ってからずっとこの調子だったから、ある意味で、最終章全部が最終話みたいなエンディングだったんだね。

比呂美は、英雄に生きてと願ったが、こんな世界になって生きるのは、元の世界で生きるのとはまた別の苦しみ、喜びがあるだろう。それでも生きてと願っただろうか。

花沢先生、お疲れ様でした。ドキドキワクワクのアイアムアヒーローをありがとうございました。

2017年2月27日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ「アイアムアヒーロー」を読んで。

アイアムアヒーロー 概要

アイアムアヒーローは、ゾンビになる感染病が蔓延するなか平凡な日常が崩壊していく様を描いたホラー漫画。作品中では「ゾンビ」という言葉は直接使われていない。でも「ZQN」は使われている。

アイアムアヒーローを連載している週刊ビッグコミックスピリッツについて

週刊ビッグコミックスピリッツは、毎週月曜日に発売。発行部数は約30万部。週刊誌のため、4大ビッグコミックの中で発行頻度が最も多い。青年向けの雑誌であるため、テレビアニメ化された作品は比較的少ないが、1990年代以降のトレンディードラマの台頭によって、柴門ふみの作品をはじめとしてテレビドラマ化された作品は多い。

アイアムアヒーロー 263 次回、完結!最終話!東京でサバイバルしている英雄に再び銃の必要性を感じる

農作業に勤しむ英雄 | アイアムアヒーロー

農作業に勤しむ英雄 | アイアムアヒーローより引用

  1. アイアムアヒーロー 第263話ネタバレストーリー・あらすじ
  2. アイアムアヒーロー 第263話ネタバレ感想・考察
  3. アイアムアヒーロー 概要
  4. アイアムアヒーローを連載している週刊ビッグコミックスピリッツについて

アイアムアヒーロー 第263話ネタバレストーリー・あらすじ

ビルが揺れる。地面が揺れる。

カップ麺にお湯を注いで待っている英雄を襲った。

東日本大震災で最後のカップ麺をこぼす英雄 | アイアムアヒーロー

東日本大震災で最後のカップ麺をこぼす英雄 | アイアムアヒーローより引用

あまりの揺れに、カップ麺の蓋からお湯がこぼれ、お湯の熱さに最後のカップ麺をこぼしてしまう英雄。

巨大ZQNの仕業かと英雄は見るも、巨大ZQNの仕業ではなさそうだった。

地震だと知る英雄。

揺れは収まらず、まだ強く揺れている。

英雄は頭を抱えて、矢島に助けを求める。

そして、てっこに謝り、藪に謝り、比呂美に謝る英雄。

やっと収まった地震。

英雄は、余震があると考え、屋上は危ないとしる。とりあえず車で寝泊りしようと決める。

農作業に勤しむ英雄 | アイアムアヒーロー

農作業に勤しむ英雄 | アイアムアヒーローより引用

英雄は、車で寝泊りしながら、畑を耕していた。

鍬で畑を耕す。畑の柵の外に鹿が現れる。オスの鹿だ。英雄は柵の中だから安心だろうと農作業に勤しむ。

そして、大根の葉がでてくる。英雄は自然の凄さを知る。初めて農作物を育てている感動も味わう。

豊作なら干してタクアンにして日持ちする食料の確保を考える。残りはおでんにすると意気込む。

東京でのサバイバルも見についてきた英雄。

吊るされた飛び出し坊やに恩赦を与え、大根畑の警備担当大臣に任命した。

英雄は車で藪の夢をみていた。

2011年7月28日6時15分。藪の夢をみて目を覚ます英雄。

外には、鹿の群れがいた。

元彼女の夢を見た気がする英雄は、車を走らせる。飛び出し坊やにどこに行くのかと聞かれる。

てっこが生きていたらと聞かれた英雄 | アイアムアヒーロー

てっこが生きていたらと聞かれた英雄 | アイアムアヒーローより引用

英雄は、昔住んでいたアパートに向かった。アパートは地震で倒壊していた。

帰ってきたら、大根畑が鹿に荒らされていた。

大根畑を鹿に荒らされた英雄 | アイアムアヒーロー

大根畑を鹿に荒らされた英雄 | アイアムアヒーローより引用

英雄は涙した。ささやかな生きがいを台無しにしてくれた。

英雄は車を走らせ、渋谷まで来る。

スペイン坂を上り、銃砲店にやってくる。弾を探してやってきたがさすがになかった。

銃砲店にて散弾のリローディングの器材を見つける英雄 | アイアムアヒーロー

銃砲店にて散弾のリローディングの器材を見つける英雄 | アイアムアヒーローより引用

そこで、散弾のリローディングの機材を見つける。誰も使い方がわからなくてそのままにしてあるのだろうと考える英雄。

英雄も本で読んだぐらいだけど、ワッズも電管も火薬も残っている。これは弾が作れると思ったが、肝心の弾頭がないのではスラッグ弾は作れないと、軽トラックを蹴る。

英雄はもっと勉強しておけばよかったと悔やむ。

その視線の先に、車のタイヤだった。タイヤのバランスウエイトの材質は鉛だったと思い出す。

タイヤのバランスウエイトを集めて、鋳造できれば弾頭が作れるはずと希望が見えてくる。

アイアムアヒーロー 第263話ネタバレ感想・考察

鹿もそうだけど、ネズミのほうが作物荒らすのではないだろうか。

というか次回、最終話、最終回。どんな終わり方するんだろうか。

このままいくと、英雄は東京で独りでもなんとか暮らしていきました。てエンドかな。まさかな。

2017年2月20日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ「アイアムアヒーロー」を読んで。

アイアムアヒーロー 概要

アイアムアヒーローは、ゾンビになる感染病が蔓延するなか平凡な日常が崩壊していく様を描いたホラー漫画。作品中では「ゾンビ」という言葉は直接使われていない。でも「ZQN」は使われている。

アイアムアヒーローを連載している週刊ビッグコミックスピリッツについて

週刊ビッグコミックスピリッツは、毎週月曜日に発売。発行部数は約30万部。週刊誌のため、4大ビッグコミックの中で発行頻度が最も多い。青年向けの雑誌であるため、テレビアニメ化された作品は比較的少ないが、1990年代以降のトレンディードラマの台頭によって、柴門ふみの作品をはじめとしてテレビドラマ化された作品は多い。