カテゴリー別アーカイブ: ゴールデンカムイ ネタバレ感想考察

ゴールデンカムイのネタバレ感想考察。ゴールデンカムイについて。日露戦争で戦死した親友の願いを叶えるため、大金を求める元軍人・杉元はアイヌの遺した金塊の手がかりを求め、一攫千金を夢見て北海道の地を訪れる。知り合ったアイヌの少女とともに警察や競合者たちの追跡をかわしながら、手がかりを追い求める。

ゴールデンカムイ 44 伝説の猟師・二瓶鉄造の教えが谷垣に宿る

谷垣 源次郎 一等兵 | ゴールデンカムイ

谷垣 源次郎 一等兵 | ゴールデンカムイより引用

ゴールデンカムイ 概要

ゴールデンカムイは、日露戦争で戦○した親友の願いを叶えるため、大金を求める元軍人・杉元はアイヌの遺した金塊の手がかりを求め、一攫千金を夢見て北海道の地を訪れ、知り合ったアイヌの少女とともに警察や競合者たちの追跡をかわしながら、手がかりを追い求める金塊サバイバルアクション漫画。

ゴールデンカムイ 今回のネタバレストーリー

アシリパの和名 | ゴールデンカムイ

アシリパの和名 | ゴールデンカムイより引用

アシリパの名を聞く土方歳三。土方と知らない杉元は素直に応える。和名も聞く土方。それは知らないと応える杉元。土方は何か思うことがあって和名を聞いた。

土方は杉元の顔の傷をみて、「梅戸」も似た様な傷があったという。「梅戸」とは梅戸勝之進。新撰組隊士でいわゆる「天満屋事件」の際に齋藤一の最大の窮地を身を挺して救った功労者でその時顔面に大きな傷を負う。

土方は続けて、だがそのうちに秘めた凶○さは「鍬次郎」だという。「鍬次郎」とは大石鍬次郎。近藤勇、土方歳三の信任厚い隊士。俗にいう「人斬り鍬次郎」などと呼ばれる暗○者で、出世のためならなんでもする残酷な男だともいわれている。

そんな話をする土方を杉元はボケたジイさんだと思った。

土方歳三の指示 | ゴールデンカムイ

土方歳三の指示 | ゴールデンカムイより引用

土方は眠るアシリパを白石に返して、去っていく。その際に白石の耳元で「複製を作れ」と指示を残して去っていく。

尾形上等兵 | ゴールデンカムイ

尾形上等兵 | ゴールデンカムイより引用

一方、谷垣。尾形の狙撃で狙われている。尾形は自分が使っている三十年式歩兵銃がロシアの小銃よりも弾が小さく不○銃と言われているが三百メートル以内なら確実に頭を撃ち抜けるから俺にはあっていると解説する。

二階堂が観測士としてアシリパの家を見張り、動きがあれば尾形が狙撃する。この「狙撃手」と「観測手」の二人一組は現代では基本だが、当時はまだなかったという。

谷垣は窓を塞ぎ、祖母たちには鍋を被らせる。谷垣は思い出す。玉井伍長が鶴見を裏切ることをほのめかしていた。つまり、尾形たちは鶴見を裏切り第七師団でも何ものでもない。つまり、敵だと。

尾形が移動しようとしたところ窓の隙間から双眼鏡がのぞく。そこに狙撃するも谷垣のフェイクだった。次に囲炉裏の燃えさしをござで包んだものを家の外に放り投げた谷垣。

アシリパの祖母 | ゴールデンカムイ

アシリパの祖母 | ゴールデンカムイより引用

ゴールデンカムイ 43 のっぺらぼうの正体

谷垣を狙う尾形 | ゴールデンカムイ

谷垣を狙う尾形 | ゴールデンカムイより引用

ゴールデンカムイ 概要

日露戦争で戦○した親友の願いを叶えるため、大金を求める元軍人・杉元はアイヌの遺した金塊の手がかりを求め、一攫千金を夢見て北海道の地を訪れる。知り合ったアイヌの少女とともに警察や競合者たちの追跡をかわしながら、手がかりを追い求める。

ゴールデンカムイ 今回のネタバレストーリー

谷垣 尾形 | ゴールデンカムイ

谷垣 尾形 | ゴールデンカムイより引用

アシリパの村にやってきた尾形百之助上等兵と二階堂浩平一等卒がアシリパの祖母の肩を叩いていた。尾形は谷垣だったかというと沈黙する。谷垣は、見に起こったことを喋り出す。仕掛け弓の毒で動けなくなっているところをアイヌの人に助けられたと。杉元たちのことを伏せる。

歩けるまでに回復したのに鶴見中尉のところへ何故戻らないと質問する尾形。谷垣は杖をついて歩けるようになったのは「今日」だという。しばらく残って世話になった恩を返すつもりだったという。

二階堂は「今日が初めて」と都合のいいタイミングを信じない。

二階堂 | ゴールデンカムイ

二階堂 | ゴールデンカムイより引用

尾形は玉井伍長の行方がわからないという。野間も岡田も。谷垣と行動していた者たちが誰も帰ってこないという。谷垣はその時、玉井たちの○を知る。

谷垣は、不振な漁師たちを追跡して自分だけはぐれましたと報告する。

二階堂は、動けなくても人を使って現状を知らせることもできただろう。意識を取り戻したのも「今日か」と疑念を打ち明ける。

ただならぬ雰囲気に谷垣はオソマに祖母をつれていけというも二階堂が祖母を離さない。

玉井から何か聞いているだろうと聞くも何のことかわからないという。

谷垣 尾形 | ゴールデンカムイ

谷垣 尾形 | ゴールデンカムイより引用

尾形は谷垣が玉井たちを○したと考える。

谷垣はこの誤解はまずいと思う。自分の銃に目をやると、尾形に指摘される。銃に飛びついてもこれがないと撃てないと谷垣の銃の部品を見せる。緊張が走るが尾形は冗談だという。