カテゴリー別アーカイブ: BUNGO(ブンゴ) ネタバレ感想考察

BUNGO(ブンゴ)のネタバレ感想考察。BUNGO(ブンゴ)について。少年野球チームのない町に育った石浜ブンゴは買い与えてもらったボールをただブロック塀に投げ込む毎日。「壁当て」に心血を注ぐブンゴのもとに、少年野球日本代表の野田ユキオが現れて勝負することになる。

ブンゴ 9話感想 ユキオが伝えたかったのは「覚悟」

ブンゴBUNGO ユキオ

(ブンゴBUNGOより引用)

ブンゴBUNGO 概要

少年野球チームのない町に育った石浜ブンゴは買い与えてもらったボールをただブロック塀に投げ込む毎日。「壁当て」に心血を注ぐブンゴのもとに、少年野球日本代表の野田ユキオが現れて勝負することになる。

ブンゴBUNGO 今回のあらすじ

ユキオがバッターボックスに入り、ブンゴの左投げを受ける。30球投げてもストライクゾーンに入らない。コントロールを重視して投げてもユキオに簡単に打たれてしまう。ユキオは思いっきり投げろという。ブンゴはコントロールのない左投げで投げるも投球がユキオの体に当たる。何度あたってもユキオは立ち、バッターボックスに入る。

続きを読む

ブンゴ 8話感想 ブンゴが泣いた理由

ブンゴBUNGO

(ブンゴBUNGOより引用)

ブンゴBUNGO 概要

少年野球チームのない町に育った石浜ブンゴは買い与えてもらったボールをただブロック塀に投げ込む毎日。「壁当て」に心血を注ぐブンゴのもとに、少年野球日本代表の野田ユキオが現れて勝負することになる。

ブンゴBUNGO 今回のあらすじ

マコトと一緒に左での投球を練習するブンゴ。左投げのフォーム調整もよく、軽く投げる程度ならコントロールも身についてきた。しかし、強く投げるとまだ○投してしまう。監督に相談しようと監督宅に向かう二人。

ビニールハウスを改造してトレーニング施設にかえて、そこでトレーニングしていたユキオと監督。監督は成長期にはマシントレーニングは必要なく、自分の体重をかけてするトレーニングと体幹を鍛えるトレーニングだけでいいという理論でユキオは地道なトレーニングをひたすらさせられる。

そこに二人が相談しにくるが、監督は今のままで左投球を練習していればいいという。そんなに早く左投球が上手くならないからゆっくりでいいと。席を外した監督。その隙にユキオがブンゴに投げろとバットを構える。そこにはいつもの余裕の表情がなかった。

続きを読む