カテゴリー別アーカイブ: 甘甘と稲妻 ネタバレ感想考察

甘甘と稲妻のネタバレ感想考察。甘甘と稲妻について。甘々と稲妻は、妻を亡くして男手ひとつで娘を育てる高校教師が女子高生と悪戦苦闘しながら娘に手作りの料理を作り、家庭の幸せを描く物語。

甘々と稲妻コミック4巻18話 小鉢ときんぴらごぼう

甘々と稲妻

(甘々と稲妻より引用)

甘々と稲妻 概要

甘々と稲妻は、妻を亡くして男手ひとつで娘を育てる高校教師が女子高生と悪戦苦闘しながら娘に手作りの料理を作り、家庭の幸せを描く物語。

甘々と稲妻 今回のあらすじ

小鉢ときんぴらごぼう。パンの上にたっぷりマヨネーズをかけるつむぎ。マヨネーズのかけすぎをみた犬塚は、つむぎが太るのではと思ってしまう。振り替えてみるとつむぎの好きな食べ物も高カロリーなものばかり。幼稚園のママ友とも話すがそこまで気にしなくてもいいのではという指摘。しかし、犬塚はバランスの摂れた食事を考えたい。

つむぎは園児の友達に、父親から太るといわれたことを話しあう。そこで話題にあがったのが習い事だった。バレエやサッカーなどやるという話。しかし、つむぎは父親が忙しそうだから、いいやと諦める。

犬塚は、バランスの摂れた食事を出すためにママ友のアドバイスに従って、可愛い皿を選んでいる。小鉢を探していろんな皿を眺めているうちに3人分の食卓を思い描く犬塚。しかし、副菜となると何を作るか見当もつかない。早速、小鳥に相談。きんぴらごぼうを作ることになった。

すると、つむぎが「きんたろさんのおこさんでしょ」というだから食べると強くなるから食べるというつむぎ。ママから教わったという。

ごぼうを洗い、刻む前に縦にまっ二つにするところを小鳥に切ってみるかと促す犬塚だったがやっぱり難しい。最初の切り込みだけいれて、あと包丁をひくだけの状態にして小鳥に渡した。スパッときれた爽快感を感じることができた小鳥。

そこからあらかじめ刻んでおいた人参と炒め、調味料をいれる。調味料をいれるといいにおいが立ちこめてくる。できあがった料理を3人で食べていると小鳥がごぼうを見つめて嬉しそうにする。包丁できれたことをうれしがる小鳥。できることが増えて挑戦することはいいことだという犬塚。つむぎは幼稚園で話題になったバレエの話を切り出す。自分からやりたいことを応援したいと犬塚は、バレエもサッカーも野球も見に行こうという。

そして、各教室の「厳しさ」も目の当たりにするつむぎだったのであった。

続きを読む

甘々と稲妻コミック4巻17話 おゆうぎ会とさつまいもクレープ

甘々と稲妻

(甘々と稲妻より引用)

甘々と稲妻 概要

甘々と稲妻は、妻を亡くして男手ひとつで娘を育てる高校教師が女子高生と悪戦苦闘しながら娘に手作りの料理を作り、家庭の幸せを描く物語。

甘々と稲妻 今回のあらすじ

お遊戯会で、園児たちは何をやるか決めようと話し合っている。みんなは可愛い女の子をやりたがるが、つむぎはガリガリさんという動物をやりたがる。そんなつむぎを「ヘン」だという園児たち。

小鳥のクラスは学校の文化祭でクレープ屋をすることに決まったが同じクレープ屋をやるライバルがいるということで何かアイデアがないかと生徒たちが案を持ち寄っている。小鳥はクラスメートから新メニューのクレープを考えてほしいと頼まれ、犬塚はつむぎが最初に食べたクレープの思い出を、お父さんが作ったクレープにしたいと思う。

次の料理はクレープに決まった。

家に帰って来た犬塚はつむぎにクレープの話をするが、つむぎは浮かない顔をする。それでもクレープの話をするものだからつむぎは食べ物の話ではなく、女の子の話をしてと叫ぶ。つむぎは幼稚園であったことを話した。犬塚は、お友達がつむぎと仲良しだから同じ役をやりたかったんじゃないかと伝え、つむぎがやりたい役のことをちゃんと話すといいよと助言する。翌日、事情を説明して、つむぎはガリガリさん役になって、友達とも話をした。一応、握手をするが友達はつむぎの前から離れていった。

みんなでクレープづくりをすることになって小鳥だけではなく、八木やしのぶのやってくる。クレープづくりがはじまり、クレープが美味しくなる歌を歌いだすつむぎだったが、ふと落ち込む。犬塚が食べ物の話ばかりで女の子の話をしてくれないと。すると八木はお父さんはつむぎのことばっかり考えるんだぞというとつむぎは嬉しくなる。

小鳥は、食べることが好きだから好きなことを思いっきりやって友達が喜んでくれたら嬉しいと。その言葉を聞いて、つむぎはつむぎが好きなことやっても友達は喜んでくれないと落ち込む。

犬塚はガリガリさんの衣装をつくろうとふわふわのピンクの綿でつくる。それを着て、幼稚園の友達に話をしたらわかってくれた。

続きを読む