日別アーカイブ: 2014-12-14

異法人 6 加藤のキャラデザがもう…

異法人

(モーニング「異法人」より引用)

異法人 今回のあらすじ

アカとノリヨはチェスの対戦をしていた。チェスに熱中する二人。コウジのところに土産を渡しにいくのを忘れたとリツにお願いするノリヨ。コウジの実家はバイク屋。リツはノリヨの土産を渡しにやってきた。そのとき、刑務所から出所してきた加藤がやってくる。

加 藤はリツたちが中学生3年のときに店のお金を横領したことで逮捕された元従業員。お世話になったのに犯罪を犯してしまったお詫びに思い出の棗サーキットを 紙で作った模型をもってきた。犯行の動機は父親が残した借金のため。加藤は幼少の頃、父親から愛された記憶はなく、母親が亡くなってから父親からの連絡が 途絶え、父親が○んだ後に借金があることがわかったが父とのつながりを求め、相続を放棄しなかった。しかし、借金の返済が次第に父親から責められているよ うに思えてきて犯行におよぶようになったと。加藤は告白し、コウジの父に許しを乞いにきた。
コウジの父は許し、加藤は帰る。その夜、リツは最後に謝っていた加藤の言葉を思い出して違和感を感じていた。その後、雨の中、加藤はコウジの家に舞い戻ってきた。

ハンムラビ自賛歌

私はマルドゥク神の
戦意を満足させる王
彼の敵の手足を萎えさせる王
敵意ある者を追放し
悪をひきちぎり
国を豊かにし
恐怖を吹き込む者は
ひとりとて残さなかった

続きを読む