日別アーカイブ: 2014-12-22

勇午Final 2 勇午でドゥフwドゥフwドゥフw

勇午

(『勇午Final』より引用)

勇午Final 概要

交渉人勇午の最終章。勇午史上最悪にして最凶な事件が襲い掛かる。人が人を食う事件が広がり、それを起こしている人物に近づこうとする勇午であったが、勇午自身も襲われてしまう。交渉に失敗すれば人類同士の大量虐○が永遠に続く。

勇午Final 今回のあらすじ

呼 び出された勇午はトルコでソレルで会う。ある事件のことを勇午に話す。その首謀者はドゥフだという。残忍な○戮のところに必ずドゥフの影があるという。勇 午と初めて出会った交渉でもドゥフの影があったという。ソレルは引退した後もドゥフを追っていた。今回は、そのドゥフを勇午に託したいという。

ドゥフは1990年代ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で民族浄化の大○戮をし、コソボ、チェチェン、ダゲスタンでも残虐な○戮をしている。前回のユダヤ人の一件も民族浄化を計ろうとするためだったようだ。

今回は、トルコ南東部の乾燥地帯で起こった民家惨○事件、その後、陸軍一個小隊の半分が壊滅。どちらもカニバリズムで○されたということ。民家のほうは、農機具メーカーのダイレクトメール。陸軍のほうは一人のがある粉を撒き散らしてから事件が起こったという。

続きを読む