日別アーカイブ: 2015-01-02

寄生獣 セイの格率 11 後藤がただのオッサンに

寄生獣

(『寄生獣』より引用)

アニメ寄生獣 今回のあらすじ

加奈は花畑で亡者に襲われ、白馬に乗った新一に助けられる夢を見る。加奈は島田が○人鬼だった報道を見て、新一がいう「危ないやつ」と言ったことを思い出していた。加奈は新一の髪の毛を抜き取るが変化はなかった。新一と別れた後、村野と話をする。

後藤は、自分がどこまで戦えるかの実験のため、厳つい人事務所に乗り込み、全員を○害する。

新一と村野が公園でデートしているとき、幼児が待ってくれない母親のことを罵倒する。母親も精一杯やっていて子どもに対して強くあたろうとするが思い止まり優しく手をつないであげる。それを見ていた新一は胸が苦しくなる。

加奈が、寄生生物の脳波をキャッチできることが危険だということを話に加奈の住む町までやってくる新一。そこでは、寄生生物が選挙活動をしていた。

続きを読む

リアル コミック8 歩けない世界の9秒台

リアル

(『リアル』より引用)

リアル 概要

右足を失ってから車椅子バスケに取り組む戸川清春。高校中退のバスケットボールを部活でやっていたバスケットボールを愛す野宮朋美。野宮朋美の同じバスケ部だったが交通事故で下半身不随になり、車椅子バスケに活路を見出そうとする高橋久信。この三人がバスケットボールという接点で話が展開されていく漫画。

リアル 今回のあらすじ

高橋は現実に向き合いながらリハビリを再開する。基本的なイスの上り下りを床トランスに苦戦しているなか、同じリハビリをする花咲ができているのをみて驚いていた。自分にはでき、健常者だったら見向きもしなかったような人間にできることに。苛立ちを覚える。高橋は歩行訓練がしたいという。しかし、もう歩くことができない脚に、歩行訓練はいらなかったが現実を知ってもらうためにもさせることにし、高橋は絶望を覚える。

健常者なら話かけることすらしなかっただろう高橋は、花咲に話しかけた。花咲の話になんとなく励まされ、高橋は床トランスを再開する。

野宮は、タイガースがドリームスに負けたとしても進む道が続いていることに嫉妬しながらも就職面接が上手くいかない。長野の夏美のところへ来ていた。夏美に涙をみせた。夏美が漫画を書いていることを知り、夏美の思いの強さを知る。野宮は、清春も夏美も心の強さで前に進んでいることを知り、自分もやりたいことをやり抜こうを心に決め、プロバスケットボール選手になるためのトライアウトに出るために体を鍛え始めた。

続きを読む