日別アーカイブ: 2015-03-10

いぬやしき28話感想 安堂がいぬやしきを呼び寄せる

いぬやしき 安堂

(いぬやしきより引用)

いぬやしき 概要

家庭では、信頼も威厳もない。会社では出世もない。そんな冴えない58歳の初老の主人公いぬやしきがある日宇宙からの落下物で命を落としてしまう。しかし、その落下物は未知のテクノロジーを持ち、機械として蘇る。

いぬやしき 今回のあらすじ

銃で撃っているというのを見たという生徒の証言などから安堂をいじめていた生徒が○んだ事件の犯人は、皓と安堂ではないかと学校内で憶測がたっていた。週一で民家が襲われている事件は皓ではないかという予測をする安堂は、どうにかして皓の行動を止めようと考えていた。

相手は何でもできる機械の体を持つ友人。ネットで検索しても答えは見つからない。そんななか、ヤフーニュースであるニュースを目にする。がん患者含む重病の人間が485人が回復しているという。皓が傷を治せるというのも知っている安堂は、もしかして、皓がやっているのかと思うが、人を○し続ける皓が人を救い続けるとは考えにくい。皓と同じような人がもうひとりいるのではと考える。同じ機械の体の持ち主なら皓を止められるかもしれないと。しかし、確認しようも出会いようもない。

安堂は、皓からどんなことができるかも聞いていた。突然、助けを求める声を上げだす安堂。すると、家のチャイムが鳴った。そこにはいぬやしきがいた。

続きを読む

妖怪番長 4話感想 読者100人中100人が「ポケモンかよ」とツッコミ間違いなし

妖怪番長 ポケモン

(妖怪番長より引用)

妖怪番長 概要

妖怪番長は、エアマスター、ハチワンダイバーの柴田ヨクサルの新連載、巫子、鎖子、呱子の小学生女子3人を主人公とした妖怪×小学生×超能力のホラーアクション漫画。

妖怪番長 今回のあらすじ

突然、校舎を破壊して現れた次のカニのような足のえびす様のような妖怪。数学教師は、銃で妖怪が○せるか試してみるがやはり少し皮膚がへこむ程度で傷を負わせることはできなかった。

呱子がワチャを使って妖怪に体当たりさせる。園長がワチャで時間稼ぎを依頼する。ワチャは突進するも簡単に返されてしまう。ワチャはそのようなパワーでの攻撃については強いようだ。しかし、空中に吹き飛ばされ、爪のようなものを発射されて胴体に穴が空くワチャ。小さくなって動けなくなった。

そのとき、園長の溜めが終わり、技を発動させる。妖怪は動きが取れなくなり、今のうちにと指示をするも、妖怪はカニのような足の部分からえびす様のような体を分離させた。

次は、巫子が格闘で仕掛けるも殴り返される。

倒したはずのカラス爺が現れる。これは鎖子の能力で呼び出し、呱子の能力で操るというのだ。

続きを読む