日別アーカイブ: 2015-03-22

ビッグバンセオリー シーズン6 24話感想 シーズン最終話でラージに事件が起きる

ビッグバンセオリー

(ビッグバンセオリーより引用)

ビッグバンセオリー 概要

ビッグバンセオリーは、博士号を持った仲良しオタク男子四人組と個性的な女の子三人組が繰り広げる、ラブ・コメディ。

ビッグバンセオリー 今回のあらすじ

ハワードが、ホーキング博士との北海での調査で科学者が一人欠けたからレナードを推薦した。それにシェルドンは水をさす。帰りの車の中でもシェルドンは、水難事故について話をしたり、レナードが調査に同行することにとことん水を刺す。

調査には4ヶ月かかることをレナードは気にしていてペニーに話した。ペニーが遊びにいくといったが船の上だから行けないと。レナードもペニーも不安になるが、ペニーはレナードの背中を押す。

ラージは、ルーシーとレナードたちを会わせたいがルーシーが恐れると困るから、まず一人から始めることにした。最初はエイミーだった。エイミー自身が立候補した。理由は、エイミー自身がこのグループに入ってきた身だから立場がわかると。しかし、打ち解けこもうとするエイミーと過保護のラージにはさまれたルーシーはすぐにトイレに駆け込むことになった。

レナードの調査にいくにむけてお別れ会をしようとなり、シェルドンとペニーが買い出しにいく。シェルドンはレナードに嫉妬していることに気づいたペニーはシェルドンにエピソードを話す。

レナードのお別れ会にルーシーを呼ぶラージ。シェルドンはグラスを鳴らし、みんなを集めて乾杯をする。ペニーに言われたように笑顔を作って。ルーシーから別れのメッセージが届いたラージは落胆する。

空港までレナードを送っていったペニーとシェルドン。レナードとペニーが切ない別れをしている後ろで、シェルドンはレッドゾーンで停車していることにずっと文句を言っている。

ペニーはルーシーとの別れを慰めるためにラージの部屋を訪れる。悲しさのあまり、誰からも愛されないと考えるラージ。ペニーはお酒のせいでそう思うのというが、ラージは昨晩から飲んでいないという。その言葉で、二人は初めて気づいた。アルコールが入っていないのに、ラージが女性と話している。

続きを読む