日別アーカイブ: 2015-06-03

電波教師 159 教師のレベル

電波教師

(電波教師より引用)

電波教師 概要

教師をすることになったギークなオタクの主人公が、一般常識に囚われない破天荒な教育方針で生徒を導いていく教育漫画。作中にはオタク文化を基にした小ネタが多数盛り込まれており、現実世界とリンクしている部分も多々ある。

電波教師 今回のあらすじ

ゴールまで残り500mで松尾デリシャスは後方に笑顔で追いついてきている神山をみて焦る。しかし、ここでもう一度全速力で走れば前はしないと松尾デリシャスはスライドを大きくしてスピードアップする。

鑑は落胆の声をあげる。坂道では歩幅を小さくするピッチ走法が基本なのに、全力のストライド走法走っているという。しかもその先は、心臓破りの坂だという。そんな坂で全速力で走れば、筋肉は乳酸でパンパンで動かなくなり、血中の酸素濃度も極端に低下して脳が溺れ始めると。脳で走っているつもりでも体はついていかない状態になる。

そんな状況把握も判断もできなくなった松尾デリシャスは、全速力で神山を突き放していると思っていても実際の距離は縮み始めている。松尾は、いままで勝ち続けてきたなかで言われたことば、お前とは一緒にやりたくない。その経験から、才能がある子とない子を区別していくのは教育方針は間違っていないと…。

しかし、現実では、松尾を神山が抜いて先頭を走る神山。そのショックで、松尾デリシャスは膝を地につき、倒れ込む。それを見た神山は足をとめ、松尾デリシャスのもとへいき、声をかける。

松尾デリシャスはなぜ、ゴールしないのかを聞くと、先生を一人置いていけないという。勝ちたいけど置いていけないと。ロボット工学の父の言葉で、「自分は先人たちが教えてくれた技術の上に乗って、それを発展させているんだ」と聞かされるという。だから、他の人にモノをおしえられる先生みたいな人をすごく尊敬しているという。いくら勝ちたくてもそんな人が倒れているのを見捨ててて自分だけゴールする気にはなれない、と。

その言葉に松尾デリシャスは、自分が競技者だったころの価値観ではダメだと、いままでの自分の教育方針が間違っていたことを思い知らされる。ただひたすらに自分の持つモノを伝えていくことが第一。落伍者がでたら手を差し伸べる。これがあるべき教育のカタチだと。

手を差し伸べられた神山の手を掴む松尾デリシャス。

その後、放課後の特別レッスンも行って、神山はスポーツ万能の生徒になった。松尾デリシャスは自分の目は節穴だったと落ち込む。鑑はいう。マラソン勝負で勝ったことが神山の自信になり、「自分にもできる」というメンタルを持ったことで今の神山を作っている。4~6月生まれの生徒は成長が早いから他の生徒たちにスポーツの様々な場面で子供の頃から勝ちやすく自信がつく。プロスポーツ選手にもその時期に生まれているのが多いという話もあるぐらいメンタルは大事。本気の勝負をしたからこそ、本当の自信を得ることができた。あんたの手柄だよ、とフォローをいれる。

続きを読む

トキワ来たれり!! 23 秘剣九字斬りで倒す

トキワ来たれり!! 概要

『カナタ』『ハルカ』『DEMⅢ』の3作品を読切として連続で掲載。実はこれらは新連載『トキワ来たれり!!』のプロローグにあたる作品。忍者であるカナタ、源術師であるハルカ、人型ロボットであるマキナがブログに小説をあげるだけのさえないトキワと共に展開されていく物語。

トキワ来たれり!! 今回のあらすじ

クラスメートの琴広に除霊を頼まれ、琴広の自宅の庭にやってくるトキワとりいん。その姿を見るなり、りいんはバケモノに突貫して、顔面にパンチを当てるも手ごたえがなくすり抜ける。りいんは、とっておきといい、手にプラズマを集中させる。

「プラズマリボン」

といい、ムチのようにプラズマをしならせてバケモノの体に当てるも効果なし。トキワは幽霊だから物理攻撃はきかないと告げると、りいんは攻撃を中断する。幽霊のバケモノはりいんの足を掴み、引きずり近寄せる。トキワに助けを求めるりいん。

琴広の父親が警察官を呼んで、近くの交番の警察官がやってくる。いつも迷子のりいんを取り押さえている警察官でトキワとは面識があった。いたずらだと厳重注意ですまないからなというも幽霊のバケモノをみるとすぐさま腰の銃を抜く。しかし、同僚が発砲すれば、証拠として扱えない超常現象のものを撃ったとなれば懲戒免職は免れないからやめろという。そんな間にもりいんは引きずられている。警察官を押しのけて、トキワが素手で助けにいく。

忍法うつせみ

(トキワ来たれり!!より引用)

りいんを抱えるもりいんの足は幽霊のバケモノがでてきている地面のところに吸い込まれていこうとしている。りいんはトキワに手を離すようにいう。トキワは手を離そうとしない。警察官もトキワの行動に触発されて発砲する。しかし、幽霊のバケモノに投げ飛ばされてしまう。

秘剣九字斬り

(トキワ来たれり!!より引用)

秘剣九字斬り

(トキワ来たれり!!より引用)

そこにカタナがやってくる。幽霊のバケモノはカナタも掴もうとするが、「忍法うつせみ」かわし、幽霊のバケモノの頭上へ。そして、「秘剣九字斬り」で幽霊のバケモノを退治する。カナタの見立てだと、「狂骨」という井戸に捨てられた○人の怨念が妖異になったものという。

帰るとみどり荘では、マキナとアリアで「ネット妖異ポスト」という妖異の情報を投稿できるWebサイトを開設していた。運営も「トキワ団」と。すると、投稿されるメールの音がとまらないぐらいたくさんの情報がよせられる。

続きを読む