日別アーカイブ: 2015-06-24

フェアリーテイル 441 エルザとルーシィは検問を抜ける

FAIRY TAIL(フェアリーテイル) 概要

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)は、世界中に幾多も存在する魔導士ギルド。そこは、魔導士達に仕事の仲介などをする組合組織である。立派な魔導士を目指す少女・ルーシィは、ひょんなことから火を食べ、火を吐き、火を纏う滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)・ナツと喋る青い猫・ハッピーと出会い、彼の所属するギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に加入する。ファンタジーバトル漫画。

FAIRY TAIL(フェアリーテイル) 今回のあらすじ

マカロフ救出に向かったナツたち。船でアラキタシアへ向かう。乗物に弱いナツは、メストの瞬間移動でいくと思っていた。吐きそうなナツ。ウェンディに酔い止めの魔法をお願いしようとするとウェンディもダウンしていたナツと同じ乗物に弱くなったみたいだという。寝室に運ばれる二人。

エルザは疑問を口にする。マカロフはギルドを解散させてみんなを守ろうとした。それと同時にルーメン・イストワールを敵国から守った。そこまでは理解できるという。だが「ルーメン」とは何なのかわからぬ以上ここまでする必要があったのかと疑問が残るという。

「ルーメン」は兵器に相当するなにか。マカロフはフェイスを止めるために使おうとしていたが使う勇気がなかったという。使っていたら大量のフェイスをとめられたとしたらすごいと。

そして、初代の体が謎だという。生きているのか○んでいるのか。それもこれもマカロフを助ければ謎が解けるだろうと。

アルバレスまでは船で10日でアラキタシアについてそこから首都まで数日。はやる気持ちだけがつのるエルザ。

物資と食料の補給のために観光地であるカラコールの街に寄るというエスト。そこで諜報員とも落ち合うという。

一方、Bチームのほうは、ラクサスがいるという場所に向かっている。情報によると雷神衆などの取り巻きも一緒にいるという。チームを分ける必要があったのかと疑問視する人間もいるが、正しいという。潜入作戦で争いになっても勝てる相手ではない。勝つ確率はゼロだという。潜入としても成功率は高くないだろうと。勝算も成功率も低い。だから少しでも可能性をあげるために別働隊Bチームがある。

カラコール島近海まできたナツたち。しかし、カラコール島にはアルバレス帝国軍の船が停泊していた。アルバレスは検閲しているようだ。スパイを探しているのかもしれないと思ったエルザは諜報員が捕まる前に接触するため行動を起こす決意をする。

ナツたちはイシュガルの観光客を装って軽装になって島の検問にやってくる。ギルドの紋章を見られて「魔道士ギルド化猫の宿(ケット・シェルター)」という。検問兵は聞いたことないという。そして、検問を通るナツたち。

ナツは問題を起こすなとまた釘を刺されるも、父親を返してと泣く男の子を刺そうとする兵を殴り飛ばすナツ。グレイもエルザもルーシィも近くの兵を殴り飛ばした。

ナツ「忍法ぶっとばしの術」|FAIRY TAIL(フェアリーテイル)

ナツ「忍法ぶっとばしの術」|FAIRY TAIL(フェアリーテイル)より引用

忍法ぶっとばしの術だというナツ。

続きを読む

はじめの一歩 1103 進化する鷹村式フリッカー

鷹村守のフリッカー|はじめの一歩

鷹村守のフリッカー|はじめの一歩より引用

はじめの一歩 概要

はじめの一歩は、母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門してプロボクサーを目指し、活躍するボクシング漫画。

はじめの一歩 今回のあらすじ

鷹村はロープまで後退した。そして、リングサイドにいる一歩や青木、木村に「鷹村守と書いてなんと読む」かと聞いた。

そういわれて誰も応えず、青木だけが「オレ!?」と反応し、「理不尽」と本音を言う。鷹村に試合が終わったら天誅と宣告される。鷹村はリングに戻っていく。リングに戻っても鷹村は、バイソンとフリッカーの打ち合いに戻るだけだった。そして、顔に何発かもらい押し戻される。

鷹村はまたリングサイドにむかって「鷹村守と書いて…」と呼びかけると、今度は木村が「天才!」と応えるも「天誅」と鷹村は一言残してリングに戻る。

セコンドは外の人間に話しかけるほど余裕があるというも会長は、自分を鼓舞するためにおどけてみせたという。余裕などない。

鷹村は、少しずつバイソンのフリッカーの拳をかすめられる回数が増えていく。観客もフリッカーの刺し合いはやめたほうがいいと思い始める。しかし、鷹村は諦めていなかった。それでも現実は厳しくバイソンの拳をもらう。鷹村は分析しようとする。バイソンと自分のフリッカーの差を。そして、強く握った拳を見て思った。腕をダランと下げてノーガード状態にした。観客はそれをみてフリッカーを止めてくれたのかと安堵する。

鷹村守のフリッカー|はじめの一歩

鷹村守のフリッカー|はじめの一歩より引用

そして、またフリッカーの振り子を始める。観客からは悲鳴があがる。そんなことを気にしない鷹村は必○に差を考えていた。拳を固めずフリッカーをしならせる。バイソンはスウェーで避けるも鷹村の腕が伸び、バイソンの顔面を捉える。すると、バイソンの顔面をとらえはじめる。

間柴は、拳を緩めたと見抜く。緩めることで切っ先のスピードが増したという。

続きを読む