日別アーカイブ: 2015-06-27

【飯テロ】食戟のソーマ 13 インサラータ・フリッタータ、エッグベネディクト、ロコモコ丼、一口おでん、ライバルたちの料理が仕上がっていくなか創真は…

薙切えりな エッグベネディクト|食戟のソーマ

薙切えりな エッグベネディクト|食戟のソーマより引用

食戟のソーマ 概要

名門料理学校「遠月学園」を舞台に、下町の定食屋の息子である料理人の少年・幸平創真(ゆきひら そうま)の活躍を描く料理・グルメ漫画である。

食戟のソーマ 今回のあらすじ

四宮小次郎との食戟を負けたが退学を免れた幸平創真と田所恵。地獄の合宿を終えて極星寮に戻ってきた幸平創真たち。一色が迎える。一式がみたものは、幸平創真が北斗の拳のケンシロウになり、田所たちはスケバンやヤンキーに。そして、丸井の姿がなく、眼鏡だけを一色に渡す。涙する一色。という夢を見る一色。

合宿は3日目。四宮の食戟の一戦で少し自信をつけた田所はその後の課題も順調に進んでいた。創真は四宮に負けたことでもっともっと腕を磨かないと思う。

薙切えりなに宣戦布告する合宿の参加者2名がいた。えりなも軽くあしらう。

合宿のしおりをみていたところ就寝時間が書いてないことに気づく。印刷ミスかと思ったがその応えがすぐに出た。館内放送で、22時に大宴会場に集合の放送がなる。心身ぼろぼろの丸井は悲鳴を上げる。会場に集まった時、肉魅とタクミが創真にかけよってきて四宮との食戟のことを攻める。しかし、この場にいるということは勝ったのかと聞くも創真は愛想なく負けたとだからもう聞かないでほしいと。

壇上では堂島が明日の課題への説明を始める。課題の内容、遠月リゾートの客に提供するに相応しい朝食の新メニューづくりだという。朝食はホテルの顔。宿泊客の一日の始まりを演出する大切な食事。そのテーブルを晴れやかに彩るような新鮮な驚きのある一品を考案すること。メイン素材は卵。和洋中は問わない、ビュッフェ形式での提供とする。午前6時に試食できるように準備すること。

タクミは今回の課題は張り合いがある勝負になりそうだと創真に喧嘩をふっかける。イタリアの定番料理で勝負してやると意気込むと創真はイタリアの定番料理とは?と聞き返す。すると弟のイサミが事細かに言おうとするものだから、タクミはネタバレはやめろとイサミをつれて会場から出る。

創真は、えりなに近づき、編入試験の課題も「卵」だったなというと、えりなは今回の改題で「ふりかけごはん」のような下品なものは出さないことと忠告するも創真は、美味しそうに食べてたじゃないかと嫌みをいう。

出し巻き卵|食戟のソーマ

出し巻き卵|食戟のソーマより引用

各生徒は新メニューづくりの試作を開始するもえりなは早々に切り上げる。創真は、ビュッフェタイプの高級ホテルの朝食はピンとこないがとりあえず作ってみるかと、卵料理で和食なら「出し巻き卵」、洋食なら「スクランブルエッグ」と作り、旨いと自画自賛する。旨いけどこれじゃダメだと思う創真。

スクランブルエッグ|食戟のソーマ

スクランブルエッグ|食戟のソーマより引用

昔、父親に言われたことを思い出す。昔、食事処ゆきひらで新メニューを作った創真は、父親に旨いが却下される。理由は、客は定食屋らしい品を求めてやってくる。そこから外れたものではダメだということだった。創真は、奇をてらったものだけじゃダメだと知っていた。高級ホテルに相応しい卵料理を作らないといけないと。定番料理でありながら、新鮮な驚きのある一品を作れないといけないことを再度思い返す。

創真はイメージが固まって作りだそうとしたとき、えりなに宣戦布告をした二人が創真の材料をみて、何を作るかわかったようだ。しかし、その料理だと不合格になると予想する。

朝、A会場に配属されて創真。A会場には田所もタクミもいた。しかもえりなの隣のキッチンだった。創真に声をかけられたえりなはドキっとする。えりなの料理をみるのが初めての創真は少し楽しみにしていた。

創真の機材をみたなぎりは「スフレ」の何かを作るのかと聞くと、「スフレオムレツ」でふわふわの食感を楽しんでもらうと創真は早々に種明かしをする。それを聞いたえりなは何も言わず立ち去る。

鶏卵の徳蔵|食戟のソーマ

鶏卵の徳蔵|食戟のソーマより引用

さやいんげんの耕助|食戟のソーマ

さやいんげんの耕助|食戟のソーマより引用

ナチュラルチーズの久作|食戟のソーマ

ナチュラルチーズの久作|食戟のソーマより引用

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 13 最終回

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 概要

広大な地下迷宮、通称「ダンジョン」を中心に栄える迷宮都市オラリオ。英雄譚にあるような「異性との運命の出会い」にあこがれ、駆け出しの冒険者となった少年ベル・クラネルは、ある日ダンジョンで場違いな強さを持つモンスター「ミノタウロス」に襲われる。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 今回のあらすじ

階層主ゴライアス|ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

階層主ゴライアス|ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかより引用

18階層が暗くなる。上の階層主ゴライアスが落ちてくる。ゴライアスの影響で大人しかったモンスターが凶○化して冒険者を襲い始める。ベルは助けにいこうとするもリューが制止する。今の自分のパーティで本当に助けにいくのかと。それでもベルは助けにいくという。リューはリーダー失格だが間違っていないという。

アスフィは、冒険者が作った街にいき、ありったけの武器を用意するように指示する。逃げるという者もいるが、入り口が落石で塞がった以上、階層主ゴライアスを倒すしか道はないというと、皆は覚悟を決める。

18階層に残る冒険者たちがすべて戦いに挑む。寄せ集め故に連携は捨て、邪魔にならないようにだけ気をつけて自分の戦い方で戦えという指示だけ飛ぶ。アスフィとリューがゴライアスの目を引き、その間に巨大魔法の詠唱をとなえる。そして、ためてためた魔法をぶつけ、ひるんだゴライアスにとどめをさそうと冒険者たちが総攻撃する。しかし、急速な自己再生をとげ、復活したゴライアスは集まってきた冒険者たちを打ちのめす。

リューは指示をする。ベルは周辺の敵を寄せ付けないように倒し、リューとアスフィでゴライアスの相手をする。その間に魔法使いが協力魔法を詠唱してぶつければ、ゴライアスもひるむはずと。それでもダメなら繰り返すまで。

武器の交換場所になっているヘスティアのところに戻ってきたリリルカ。そこに大きな剣を見つける。

渾身のファイアボルト|ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

渾身のファイアボルト|ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかより引用

ベルは、溜めて威力をあげたファイアボルトを発射するもゴライアスの口から発射する攻撃で半減させられる。それでもゴライアスの頭上半分を吹き飛ばしたが、ゴライアスはかまわず2発目の攻撃を撃ち、ベルは吹き飛ばされる。そして、空中の吹き飛ばされたベルをそのまま張り手で攻撃をするゴライアスとの間にカシマが割ってはいる。カシマもベルも気絶するほどのダメージを負う。そこにヘスティアとリリルカがやってくる。

ヘスティアはリューに戦いに戻ってくれという。ベルは必ず立ち上がり、敵を倒すと。ヘスティアはベルに呼びかける。ベルはヘスティアの声は聞こえていた。しかし、体が全く動かない。

もし、英雄と呼ばれる資格があるとするなら、剣をとった者ではなく、盾をかざした者でもなく、癒しをもたらした者でもない。己を賭した者こそが英雄と呼ばれるのだ。

命の結界重力魔法|ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

命の結界重力魔法|ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかより引用

リリルカから渡された大剣を持ってベルはゴライアスに立ち向かう。その時、光に包まれ、リミッター解除を始めるベル。リューは、高速攻撃をしながら魔法の詠唱をはじめ、命も詠唱を始める。ヴェルフは自分の落とした武器を探しにでる。アスフィもとっておきを出すしかないと一手、靴に光の翼をはやし、飛び、ゴライアスの目を攻撃する。リューの詠唱が終わり魔法攻撃をし、ゴライアスにダメージを与える。命も詠唱が終わり魔法を放つ。ゴライアスの頭上に光が現れ、ゴライアス頭から足まで串刺しにする。地面には光の魔方陣が現れる。そして、その魔方陣の範囲内の重力が増し、ゴライアスが結界内で小さく小さくさせられていく。しかし、結界はやぶられる。その後すぐにヴェルフがやってきて、ゴライアスを炎で包む。落としていた自分の武器。クロッゾの魔剣だった。そして、ベルの大剣の攻撃で、ゴライアスの上半身がすべて吹っ飛ぶ。

再生するゴライアス|ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

再生するゴライアス|ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかより引用

しかし、それでも再生を始めるゴライアス。ベルは諦めず、むき出しになった魔石にヘスティアナイフを突き立てる、そして、ゴライアスを撃破する。歓声があがる。

続きを読む