日別アーカイブ: 2015-06-28

黒街 1 ゾンビを思考停止した現代日本人に置き換えた風刺マンガ

タイムセールに群がるゾンビ|黒街

タイムセールに群がるゾンビ|黒街より引用

黒街 概要

黒街は、引きこもりの高校生・黒町幸一と、バイトを転々とする父・黒町ひろみは、小さなアパートでふたり暮らしをしている。そんなある日、亡者の群れに出くわす。父と息子とマスク女子。弱者3人のサバイバルホラー漫画。

黒街 今回のあらすじ

仕事から帰ってきた父親は、起きていた息子に「いつもと同じ」パイナップル炒めを土産に帰ってきた。息子・幸一は、一口カツ残ってなかったのかと聞くも父親は帰ってくるなり、着替えもせず倒れたまま寝た。父親は、リストラされて近所のスーパーに再就職した。パイナップル炒めはそこの惣菜だった。

ツテならいくらでもあると言っていたくせに近所のスーパーに就職した父親を幻滅していた幸一。父親は「負けないぞ」といいながら倒れる。

そして、次の朝すぐに仕事に向かう父親。寝に帰ってきてるだけの父親はブラック企業に就職したのではと思う息子幸一。突然の父・ひろみからの電話がなる。忘れ物をしたから届けてほしいと。父親の職場なんてみたくないと思った幸一だが急用なので仕方ないと踏み切る。

時間は午前2時45分。

店内には誰もいない。客どころか店員すらもいない。後ろから中年女性に声をかけられる。店員のようだ。黒町の息子だとわかり、調理室へ案内される。調理室は薄暗く、ネズミとりなどあった。幸一は、いつも惣菜を食べていることで御礼をいう。中年女性は、トマトを箱から出すもその中にネコの頭があったのを一瞬みた幸一は声をかけようとすると、もうすぐ3時だと知り、中年女性は突然焦りだす。急いで調理を始めるも間に合わないと焦る一方。店内のほうでは、「タイムセール」という父親の声が聞こえた。

店内では父親がタイムセールのアナウンスをすると同時に、揚げ物を投げる。そこに群がるのはゾンビだった。バックヤードに入ってきた父親は、調理係の中年女性・佐藤に惣菜がもうなくなったことを告げる。そして、バックヤードのドアを抑える父親。裏口から逃げてというも佐藤さんは自分のせいじゃないと聞こえていない様子だった。

黒町ひろみ|黒街

黒町ひろみ|黒街より引用

父親は、息子幸一に逃げるぞといい、二人は裏口から逃げ、佐藤はゾンビたちに捕まって悲鳴を上げる。幸一はゾンビについて聞くも父親も知らんというだけで逃げるのに精一杯だった。幸一は働くからあんな職場辞めようというと父親は「ツテはある」という。二人は自宅へと帰っていった。

続きを読む

ワンダーランド 5 美少女ネコ耳剣士の名はアリス

Alice 猫耳剣士|ワンダーランド

Alice 猫耳剣士|ワンダーランドより引用

ワンダーランド 概要

目を覚ますと小さな人形サイズに身体が縮んでしまっていることを夢だと思ったゆっこ。しかし、父も母も同じく身体が縮んで飼い猫がおもちゃだと思って両親を弄ぶ。信じられない光景は、世界中に広がっていた。ミニマムパニックアドベンチャー。

ワンダーランド 今回のあらすじ

謎の美少女猫耳剣士に助けられたゆっこ。猫耳剣士はドッグフードのの袋を指している。ゆっこは、最初に反対した人間にも挨拶して、犬にエサをあげたら出て行くことを告げて中にはいってくる。そして、猫耳剣士にも挨拶をすると猫耳剣士は全く聞き覚えのない言語でしゃべった。

ゆっこの顔から汗が噴出す。猫耳剣士は、猫耳をとる。それとみてゆっこはコスプレだとわかり笑う。その和やかな雰囲気で猫耳剣士は、カラーコンタクトもとってみせる。そして、ドッグフードを指して袋を切ってくれる的なことをいってくれたのだと思い、お願いするゆっこ。

ドッグフードの袋を思いっきり剣で切りつけるも剣が折れて、付け牙も取れて猫耳剣士は泣く。

Alice 猫耳剣士|ワンダーランド

Alice 猫耳剣士|ワンダーランドより引用

そこに元々コンビニにいた一人の男性がカッターナイフをもってやってくる。犬のポコは警戒するも男性は、戦うつもりではなく、ドッグフードの袋を切ろうとやってきた。ごはんにありつけたポコ。
男性はゆっこの話を聞いてくれた。男性の話によると、夜勤帰りの車の中で目の前の景色がぼやけだして、目が疲れているのかと思ったら急に身体が小さくなってしまったという。他のコンビニの人たちも話に参加する。みんながみんな眠っている間ではないということがわかった。

一人の女性は夢だといいなと楽観的に考えるも現実は甘くない。みんな自宅に帰ろうにも外が酷い状況で帰られない。ゆっこは、ネットの動画でみた自衛隊の話をする。朗報というものもいるが、楽観しできないという人もいる。

の男がスマートフォンを持ってきていう。この男は朝シャンしていて小さくなったという。嗜好品のパッケージに入っている。自衛隊の映像を見る。

そこには、外から中への侵入を防ぐ自衛隊の包囲網ではなく、中から許可なく外に出さないためのものだった。無断でフェンスを越えようとするものは容赦なく攻撃をする自衛隊の映像があった。そして、外にでるためには服を全部脱いで検査させられるという映像だった。

検査させる自衛隊|ワンダーランド

検査させる自衛隊|ワンダーランドより引用

全員が小さくなっていない。小さくなったのはウイルスのせいかという意見もでるも人間を小さくするウィルスが世の中に存在するとは思えないという話になる。

ゆっこは、県外に住む友達に向かっていこうと出る準備をするもコンビミのみんなはここで救助を待とうという。電力も落ちてないから安全だと。でもゆっこは両親が○んで誰か知っている人に会いたいと涙ぐむ。

最初に声をかけてくれた男性も妻子が心配で一緒にいくという。猫耳剣士は、アロンアルファで剣を元に戻して自慢気だった。ポコの様子をみたゆっこ。ポコはよだれをたらして泣いていた。ゆっこのお許しがでてないのでドッグフードの前でずっとお座りをして待っていたポコ。ゆっこは急いで許可をだした。

ゆっこ|ワンダーランド

ゆっこ|ワンダーランドより引用

男性の名前は滝。そして、猫耳剣士の名前はAlice。

続きを読む