日別アーカイブ: 2015-11-26

キングダム 455 飛信隊流の橋の秘密

覚悟を決める渕 | キングダム

覚悟を決める渕 | キングダムより引用

キングダム 概要

中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦王・政の活躍を中心に戦乱の世を描く戦国ロマン。信は飛信隊とともに成長し、大将軍へと登りつめる。

キングダム 第455話ネタバレストーリー・あらすじ「主攻なる助攻」

テンの策略で、作戦を開始する飛信隊。

信とテンは別れて行動する。そして、渕も信の隊と別れて行動する。

テンの作戦では渕がキーマンとなる。

信の隊から離れて行く渕を信は呼び止めて、飛信隊の力を趙に見せ付けてやろうと檄を飛ばす。

渕は鬼気迫る表情。その強張った表情は緩むことはなかったが信の檄に応える。

趙軍も飛信隊の動きをみて、迎え撃つ体制をとる。

テンの作戦は、こうだ。

斥候のキョウカイが川を馬で渡って進んでいることから、この川のどこかに足が届く浅瀬があるということを利用する。

岐鮑の見立てて、それらしい場所が2箇所あり、その2箇所に兵を集中させて渡河を図る。

浅瀬の幅が広い中央に屈強は兵のヒョウコウ兵とカクビ兵を終結させて大戦力にする。そこの隊の隊長は信。

飛信隊 隊長 信 | キングダム

飛信隊 隊長 信 | キングダムより引用

信は、合図とともに、川を徒歩で渡りだす。

超軍も浅瀬のことは知っている。しかし、その浅瀬の対岸は凹地になっていて、渡ろうとすると正面や側面から集中砲火を受けることになる。それもテンの策の予想の範囲ないだった。

大量の矢が降ってくる。信らは盾を上に向けて、防ぎながら川を進む。

凹地に攻め込むのは下策中の下策。それでも進軍させる。

もうひとつの浅瀬のところにいたテン。信たちのところは川がくねっていて見えないが喚声から戦いが始まったことがわかる。

テンたちの対岸の趙軍は、信たちのほうへと移動しはじめる。大戦力による一点突破に見えるだろうから助けにいくのだ。

助攻と思わせた主攻のテンと楚水の隊 | キングダム

助攻と思わせた主攻のテンと楚水の隊 | キングダムより引用

その隙にテンと楚水でもう一つの浅瀬を渡る。