月別アーカイブ: 2016年3月

天空侵犯 114 久遠の恋のライバル登場。仮面を脱いだ白羽根ホワイトフェザー仮面。

スナイパー仮面のことを思い出して頬を赤らめる白羽根ホワイトフェザー仮面 | 天空侵犯

スナイパー仮面のことを思い出して頬を赤らめる白羽根ホワイトフェザー仮面 | 天空侵犯より引用

天空侵犯 第114話ネタバレストーリー・あらすじ「すっごいオシッコしたい」

スナイパー仮面にも合流地点について話す。その時に、青原の件を伝えるとスナイパー仮面はダメだという。青原のところにいる爺さん(田辺)がいるから視認すると襲ってしまうという。

電話するスナイパー仮面 | 天空侵犯

電話するスナイパー仮面 | 天空侵犯より引用

スナイパー仮面は、電話口の声が小さいといわれ、仮面をかぶったまま電話しているからだという。電話を切ろうとすると早くきてほしいという催促があって、スナイパー仮面はすぐにそっちに行くからと電話口の人を落ち着かせるようにいう。

スナイパー仮面は、久遠、ゆり、ニセを先に行かせて正解だったと考える。白羽根ホワイトフェザー仮面とぶつかったら、身体能力向上のない久遠が犠牲になっていたかもしれないと考えた。

久遠が撃たれるイメージをするスナイパー仮面 | 天空侵犯

久遠が撃たれるイメージをするスナイパー仮面 | 天空侵犯より引用

スナイパー仮面は、久遠が犠牲になったイメージをすると何かムカついてきた。イメージだけなのにムカつく自分に疑問に思いながらも世話の焼けるやつだと。

白羽根ホワイトフェザー仮面は仮面を外して主の相川に電話連絡していた。

白羽根ホワイトフェザー仮面は、困った表情をしていた。主である相川に叱られていた。生きて報告してきた点以外は失望させられた。

白羽根ホワイトフェザー仮面 | 天空侵犯

白羽根ホワイトフェザー仮面 | 天空侵犯より引用

作務衣仮面を倒した勢力に注意しろと忠告したはずだと。青原の仮面(アイン)の接近に気づかなかったことは少々不可解だという相川。

それと、スナイパー仮面を撃てなかったことに何か気になることでもあるのか聞く。

白羽根ホワイトフェザー仮面は、スナイパー仮面が頭を狙えと指示してきたことを思い出す。すると白羽根ホワイトフェザー仮面は頬を赤らめる。

相川は、東方の「神に近づいた者」同士が連携していることがわかっただけでも価値はある。武器が用意できたらまた連絡すると電話を切る。

執事仮面 木嶋 | 天空侵犯

執事仮面 木嶋 | 天空侵犯より引用

電話を切った相川は、木嶋と呼ぶ執事のような仮面を呼ぶ。木嶋は、仮面を腕に装着して顔にはつけていない。

相川は、木嶋に、東方の敵がレールガン使用者で間違いない。しかし、わからないのは自分の居場所を知られるリスクを冒してまでレールガンを使ったのか。その理由を木嶋に聞く。

木嶋は、自分にはわからないので相川の考えを聞かせて欲しいと忠実な執事らしい返答をする。

相川は、最初は戦闘の手助けと思ったが、ただが天使一体のために自分を危険な立場にするとは思えない。もしかしたら、自分の存在を相手に教えるために音を出したのかと考える。その目的は、警告もしくは挑発。勝つことはできないというアピールかと考える。

「神に近づいた者」相川 | 天空侵犯

「神に近づいた者」相川 | 天空侵犯より引用

もし、そうだとするなら自信満々で挑発してくる者に「完全なる神」にしてしまうわけにはいかないと相川は表情をゆがめる。

木嶋は、電位が乱れていますと相川をなだめる。

相川は短く謝罪する。

敵はレールガン本来の使用法を思い出せずに焦っているという可能性も考える。挑発して、知っている存在を呼び寄せて、情報を奪う気かもしれない。

それなら焦る必要はないと考える相川。予定通り、戦力の補充を優先する。補充ではなく、より強い天使を探し出して、戦力を増強する考えだ。

相川は、真の平和のために必ず勝たなければならないと決意する。

ゆりたちは、合流地点の手前まで来ていた。橋を渡れば合流地点。大きなビルを指定したから中に仮面がいるかもしれない。

ゆりは、久遠に「仮面に襲われない能力」をどうやって発現したのかと聞くも久遠は、覚醒する前から無意識状態でその能力を発現していたようだと恥ずかしそうに答える。

ゆりは、それぐらい簡単な能力なのかと自分が「神に近づいた者」の才能がないのかと軽く落ち込む。でも、ま、いっかと楽天的なゆり。

すっごいオシッコがしたい神崎久遠 | 天空侵犯

すっごいオシッコがしたい神崎久遠 | 天空侵犯より引用

合流地点のビルに入ると、ニセが久遠に「すっごオシッコしたい」と言っていたから一緒にトイレにいこうと言い出す。

突然の恥ずかしいキーワードに赤面する久遠。

ニセの眼は据わっている。ニセは、ゆりに橋の見張りを頼んで、久遠の手を引っ張ってトイレに向かう。

天空侵犯 第114話ネタバレ感想・考察

スナイパー仮面と電話してたのは久遠だな。

「すっごいオシッコ」という恥ずかしいキーワードを言ってまで久遠をトイレに誘ったニセちゃんは何を企んでいるのだろうか。

そして、ホワイトフェザー仮面がスナイパー仮面に恋してる。。。久遠のライバル登場。

2016年3月31日公開のマンガボックス「天空侵犯」を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・ユリ。そこでは仮面をした者が人を○害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との○し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯が連載されているマンガボックスについて

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

キングダム 469 逃げる慶舎に迫る飛信隊

逃げる慶舎に迫る飛信隊 | キングダム

逃げる慶舎に迫る飛信隊 | キングダムより引用

キングダム 第469話ネタバレストーリー・あらすじ「一瞬の出来事」

桓齮軍に入れられた尾平は、右丘戦場にやってきていた。

黒桜軍の兵にどやされる尾平。

尾平は、ゼノウ隊とともに突撃する予定だったが、ゼノウ隊が早すぎてついていけなかったというと、ゼノウ隊は失敗したから黒桜軍に加わって右丘を占領するといわれる。

馬呈、劉冬とともに持ち場に戻った紀彗。戦況を部下に報告させる。

紀彗軍を攻める黒桜軍 | キングダム

紀彗軍を攻める黒桜軍 | キングダムより引用

黒桜軍は主導権を握る3点を攻めてきていることに紀彗も劉冬も気づく。1点は攻め落とされ、もう1点が攻め落とさそうになっている。

紀彗は、兵百を借りて、攻め落とされそうになっている黒公を助けにいくというと、馬呈と劉冬は紀彗の体を案じて、止める。

馬呈と劉冬の肩に手を置き、誓い合う紀彗 | キングダム

馬呈と劉冬の肩に手を置き、誓い合う紀彗 | キングダムより引用

紀彗と馬呈でなんとしても黒公を助けねばというも劉冬は、紀彗が残り自分が行くという。すると紀彗は、馬呈と劉冬の肩に手を置き、三人で力を合わせれば必ず勝てるという。

その三十分前。

飛信隊では、飛信隊隊長信のいまこそ慶舎を討ちに行く好機という作戦を話し合っている。けが人が多く、動けるものも少ないが、起○回生の一手になるという飛信隊娘軍師の河了貂。

慶舎の戦術スタイルを考察する飛信隊娘軍師の河了貂 | キングダム

慶舎の戦術スタイルを考察する飛信隊娘軍師の河了貂 | キングダムより引用

飛信隊娘軍師の河了貂は、慶舎の戦術スタイルを看破していた。独特の陣からおびき出してからではないと慶舎は討ち取れない。桓齮将軍はそれを狙ったけど逃げられてしまった。慶舎はもう同じ手にはひっかからないだろう。

それを討つには、慶舎が陣を完成させる前の今しかないという。そして、それができるのは敵の視界から消えている飛信隊だけだともいう。

本陣にも兵がいて、今の飛信隊の戦力で打ち破れるかやってみないとわからない。単騎駆けのような戦法だから一撃必○でないといけないという。

その飛信隊の突撃を最初に気づいたのは劉冬だったが、あまりの近さに慶舎本陣への伝令部隊だと思ったほどだった。

慶舎本陣まで迫る飛信隊。しかし、慶舎本陣の兵も強く、思った以上に前に勧めない。

そうこうしているうちに劉冬が弓矢で飛信隊を牽制したのちに劉冬軍が飛信隊に突っ込んでくる。

飛信隊娘軍師の河了貂に劉冬軍の刃が迫る。

それを助けたのは羌瘣だった。

キングダム 第469話ネタバレ感想・考察

ワナがない状態での戦いなら劉冬も慶舎も信と羌瘣の武力にはかなわないだろう。人数の差はあるにせよ、このまま慶舎との対決になるのか。それともまた慶舎はのらりとかわすのか。

でも劉冬が持ち場を離れてしまってるので黒公のところをなんとか防いでも連苛のところが落とされるのではないだろうか。

2016年3月31日発売 今週のヤングジャンプ18号「キングダム」を読んで。

キングダム 概要

中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦王・政の活躍を中心に戦乱の世を描く戦国ロマン漫画。信は飛信隊とともに成長し、大将軍へと登りつめる。

キングダムを連載している週刊ヤングジャンプについて

週刊ヤングジャンプは、毎週木曜日発売の週刊漫画雑誌。創刊時の編集方針は「(性を内包した)愛・○力・権力(からの解放)」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高い誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。