月別アーカイブ: 2016年4月

はじめの一歩 1138 新型カエルパンチ『ベルツノ』の正体

新型カエルパンチ『ベルツノ』の正体 | はじめの一歩

新型カエルパンチ『ベルツノ』の正体 | はじめの一歩より引用

はじめの一歩 第1138話ネタバレストーリー・あらすじ「カエルにゃ色々あるけれど」

木村の試合が終わり、次は青木の試合。

トイレで横○を働く鷹村 | はじめの一歩

トイレで横○を働く鷹村 | はじめの一歩より引用

鷹村は、急いでトイレに向かう。大便が漏れそうになる。しかし、男子トイレの個室はどこも埋まっている。鷹村は、ドアを叩いて歩く。

トイレを使用している客たちは鷹村の存在を知る。世界チャンピオンでもウンコをするのかと。

なかなか空かない個室に鷹村は痺れを切らして、その場でウンコをしようとする。

逃げる観客たち。

そこでひとつの個室のドアが開いた。

トイレで主と出会う鷹村 | はじめの一歩

トイレで主と出会う鷹村 | はじめの一歩より引用

なかからでてきたのはフードをかぶった男。

鷹村は一目でただものではないと感じる。

鷹村は自分から名乗り、フードの男の名を聞く。しかし、フードの男は名乗るほどのものではないという。

食い下がる鷹村。フードの男は、自分のことをケチな男だといい。人は自分のことを主と呼ぶとトイレから去って行く。

青木がリングに向かう。

その途中で試合が終わった木村が立っていた。

泥がうつると木村にハイタッチしない青木 | はじめの一歩

泥がうつると木村にハイタッチしない青木 | はじめの一歩より引用

木村はハイタッチしようと手を掲げるも青木は泥試合がうつると木村とハイタッチしない。

会場にはいった青木は大声援で迎えられる。

今宵のカエルはどこまで跳ねるのかと。

事前のインタビューで青木は、トノサマガエル、アマガエルとカエルにゃ色々あるけど、一味違うカエルを見せると語っていた。

観客の期待はいやおうなく高まる。

冷静に青木に付き合うなとアドバイスする対戦選手のセコンド | はじめの一歩

冷静に青木に付き合うなとアドバイスする対戦選手のセコンド | はじめの一歩より引用

しかし、対戦相手のセコンドは、どうせ泥試合に巻き込む気だと冷静だった。

青木は、準備運動に高く飛ぶ運動をはじめる。

カエルパンチのウォーミングアップとみて、観客も盛り上がる。

一歩、板垣のところに鷹村がトイレを終えて戻ってくる。鷹村は、青木の試合でこんなにも観客が盛り上がっていることに気にしている。

新型カエルパンチ『ベルツノ』で期待が高まっていると答えると、新型パンチについて初耳の鷹村も気になる。

そして、青木の試合が始まる。最初は、静かにサークリングする選手。

鷹村は、新型カエルパンチ『ベルツノ』について大した技じゃないだろうと聞く。板垣は、一歩が倒れたと答えると鷹村は冗談いうなと茶化そうとするも一歩は事実だと述べる。

新型カエルパンチ『ベルツノ』の正体 | はじめの一歩

新型カエルパンチ『ベルツノ』の正体 | はじめの一歩より引用

ベルツノガエルは、主に南米の湿地帯に生息し、ずんぐりした可愛い体型で体長体重は10センチ、130グラム。特長はその捕食方法。地面に半分埋まり、獲物が通りかかるのをじっと待ち、待ち続けて目の前にくると一瞬で丸呑みする。

新型カエルパンチ『ベルツノ』の正体 | はじめの一歩

新型カエルパンチ『ベルツノ』の正体 | はじめの一歩より引用

鷹村は、ベルツノガエルの解説を聞き、待ち伏せ型かと分析する。

待ち伏せして跳ねないのにどうやってダウンされたんだと聞く鷹村。

一歩は答える。ずっとしゃがんでいるから心配になって覗き込んだ。

新型カエルパンチ『ベルツノ』の正体 | はじめの一歩

新型カエルパンチ『ベルツノ』の正体 | はじめの一歩より引用

そこにズドンかと鷹村がいうとそれも違うという。

新型カエルパンチ『ベルツノ』の正体 | はじめの一歩

新型カエルパンチ『ベルツノ』の正体 | はじめの一歩より引用

心配になって覗き込むとその瞬間『よそ見』。

鷹村は、バカといいながらも内心は誰でもひっかかると思っていた。

そして、青木は、相手選手の前で屈む。

はじめの一歩 第1136話ネタバレ感想・考察

青木の新型カエルパンチ『ベルツノ』は、

カエルパンチと同じうずくまるモーション

しばらくうずくまる

相手をひきつけて『よそ見』

パンチ

という流れか。これ、一歩だからひっかかったのではないのだろうか。青木を知らない敵だとひっかかるのだろうか。屈んだところに上からパンチ降ってこないだろうか。

2016年4月27日発売 今週のマガジン22・23合併号「はじめの一歩」を読んで。

はじめの一歩 概要

はじめの一歩は、母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門してプロボクサーを目指し、活躍するボクシング漫画。

はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

週刊少年マガジンは、毎週水曜日発売の週刊少年漫画雑誌。

古くは手塚治虫や赤塚不二夫、つのだじろうといった通称『トキワ荘』組や小林よしのりなどといった複数の漫画誌を渡り歩いている漫画家を多く起用していた。1990年頃になるとその傾向は一旦低下するが、1999年頃から再び同社他誌の主力漫画家や他社デビューの漫画家を積極的に起用するようになっている。前者についてはCLAMP(『なかよし』)や福本伸行(『週刊ヤングマガジン』)が該当し、後者については大暮維人(『ウルトラジャンプ』)や木多康昭(『週刊少年ジャンプ』)、久米田康治(『週刊少年サンデー』)、ヒロユキ(『月刊少年ガンガン』)などがいる。その他能條純一や板垣恵介など他社の主力漫画家が一時的に『週刊少年マガジン』で連載を行なうことがある。

女性漫画家の起用は早い時期から多く行なっているが、ペンネームが男性風になることが多い。例として塀内真人(現・塀内夏子)、島崎譲、大島司、さとうふみや、恵広史、山本航暉などがおり、他誌では女性風だったペンネームをわざわざ男性風にした久保ミツロウのケースもある。最近では咲香里や吉河美希、西山優里子など男性風に変えない女性漫画家もいる。ちなみに初の連載女性漫画家は高橋美由紀である。

ショートギャグにも比重を置いていることから専門の漫画家も多く起用しており、過去には斉藤富士夫や三ツ森あきら、現在は西本英雄や氏家ト全がそれに該当する。また島田英次郎のように普段は他誌で連載をしているが、本誌の連載漫画が休載したときの穴埋めとしてショートギャグ漫画の読み切りを描くことがある。

いぬやしき 55 試験運転で1日100人を○害する獅子神。明日から1000人に増やすと宣言。

いぬやしき 第55話ネタバレストーリー・あらすじ「試験運転」

小学生のスマートフォンに現れる獅子神。小学生も獅子神だと認識する。

獅子神は、35と言い、小学生にスマートフォンを耳に当てるようにいう。

小学生は、スマートフォンを耳に当てようとしたその時。

緊急警報で国民にスマートフォンを捨てるように呼びかける | いぬやしき

緊急警報で国民にスマートフォンを捨てるように呼びかける | いぬやしきより引用

緊急警報が鳴り響く。

スマートフォンから、スマートフォンを今すぐ捨てるよう警報が鳴り響く。

獅子神は、スマートフォンを使って○人を行うため、今すぐスマートフォンを捨てるように呼びかける。

少年は、その呼びかけに従い、スマートフォンを捨てる。

街中のひとたちも同じような緊急警報が鳴り響き、スマートフォンをすぐに捨てるように言われ、皆がスマートフォンを捨て始める。

獅子神は、その仕掛けに気づく。

この緊急警報を呼びかけたのは獅子神のクラスメート安堂だ。

チョッコーが妨害していることに気づく獅子神 | いぬやしき

チョッコーが妨害していることに気づく獅子神 | いぬやしきより引用

安堂の声を聞いて、笑う獅子神。ここで獅子神は疑問に思う。安堂というただの高校生がどうやって、国民のスマートフォンに呼びかけたのか。

緊急警報を仕掛けていたのはいぬやしき壱郎だ。いぬやしき壱郎が電波ジャックをして、全スマートフォンに緊急警報で呼びかけている。

その呼びかけに少しずつ国民も反応する。

スマートフォンを捨てる。
スマートフォンをバッグから出さない。
スマートフォンの電源を切る。
スマートフォンのコールに出ない。

チョッコーの回避策も無駄だという獅子神 | いぬやしき

チョッコーの回避策も無駄だという獅子神 | いぬやしきより引用

しかし、獅子神は、大スクリーンに登場して、スマートフォンを捨てても無駄だからと宣言し、○人の続きを始める。

獅子神の○害が再開される | いぬやしき

獅子神の○害が再開される | いぬやしきより引用

大スクリーンで「だだだだだ」をすると大スクリーン付近の人間が大勢○んでいく。

いぬやしき壱郎は、いまから新宿にいってくるという。安堂は、新宿にいるかわからないというもいぬやしき壱郎は、それでも新宿に向かうという。

獅子神はカウントアップを100でとめ、今日の分は終わったから、これで終わりにするという。

安堂は、走るいぬやしき壱郎に、○人は終わったと告げる。

獅子神は、大スクリーンを通して国民に呼びかける。

本日100人○害したので明日は1000人○害する宣言をする獅子神 | いぬやしき

本日100人○害したので明日は1000人○害する宣言をする獅子神 | いぬやしきより引用

試験運転で100人を○害するのに30分かかったと報告。明日から本格的に1日1000人を○害すると宣言する。そして、大スクリーンから消える獅子神。

後に残ったのは○体の山だった。

チョッコーを唯一強敵だと認識する獅子神 | いぬやしき

チョッコーを唯一強敵だと認識する獅子神 | いぬやしきより引用

獅子神は、チョッコーこと安堂が敵にまわったことを笑う。

いぬやしき 第55話ネタバレ感想・考察

獅子神は、どうやってチョッコーが妨害してると考えているんだろうか。まさか、チョッコーが大好きがガンツのような黒い球で妨害していると思っているのだろうか。

2016年4月26日発売 今週のイブニング10号「いぬやしき」を読んで。

いぬやしき 概要

いぬやしきは、家庭で信頼も威厳もない。会社では出世もない。そんな冴えない58歳の初老の主人公いぬやしきがある日宇宙からの落下物で命を落としてしまう。しかし、その落下物は未知のテクノロジーを持ち、機械として蘇る。いぬやしきは、史上最老ヒーローいぬやしき壱郎の空前絶後のSF英雄譚。

いぬやしきを連載しているイブニングについて

イブニングは、隔週刊(第2・第4火曜日発売)の週刊漫画雑誌。基本的にオリジナル新作の連載が主体であるが、月刊誌時代は既存作品の続編作品の連載と読切作品の掲載が中心であった。本誌創刊後は『モーニング』における職業ものの社会派作品の比率が高くなったため、『モーニング』で従来扱っていたギャグ漫画ものやスポーツ漫画・SF漫画など娯楽性の濃い漫画の新規作品、あるいは読切作品が本誌および『モーニング・ツー』で扱われる傾向にある。