日別アーカイブ: 2017-01-19

ジョジョリオン 61 ドロミテのスタンド『ブルー・ハワイ』の能力

ドロミテのスタンド『ブルー・ハワイ』の能力を分析する定助 | ジョジョリオン

ドロミテのスタンド『ブルー・ハワイ』の能力を分析する定助 | ジョジョリオンより引用

  1. ジョジョリオン 第61話ネタバレストーリー・あらすじ「ブルーハワイ その1」
  2. ジョジョリオン 第61話ネタバレ感想と考察
  3. ジョジョリオン 概要
  4. ジョジョリオンを連載しているウルトラルジャンプについて

ジョジョリオン 第61話ネタバレストーリー・あらすじ「ブルーハワイ その1」

ドロミテは口を開ける。

ドロミテの歯が落ちる。

ドロミテは、岩にかじりつき、歯が抜け落ちる。

それを見て、常敏はドロミテに感謝する。

ドロミテのスタンド『ブルー・ハワイ』 | ジョジョリオン

ドロミテのスタンド『ブルー・ハワイ』 | ジョジョリオンより引用

常敏は、ドロミテの行動を正解だという。人は何かを乗り越えようとしている時が幸福だと持論を展開する。金持ちに生まれたとしても更に上に進まなければならないという。生まれたときがゼロ地点だからそこから登っていかないといけないという。

定助は、父親・憲助の指示でロカカカの接ぎ木した枝を見つけられる者のところにいく。定助にその者を引き合わせないというより、常敏が先におさえることが重要だという。

ドロミテのスタンド『ブルー・ハワイ』 | ジョジョリオン

ドロミテのスタンド『ブルー・ハワイ』 | ジョジョリオンより引用

ドロミテは、その定助が持っている携帯電話に情報が入っているんだなと常敏に確認する。常敏は頷く。そのためにはドロミテのスタンド『ブルー・ハワイ』の能力が必要だともいう。

常敏は、手袋をして、ドロミテが吐き出した歯を手に触れないように封筒にいれる。

ドロミテは確認する。ドロミテのスタンド『ブルー・ハワイ』の能力を使ったら、定助はおろか杜王町もマズイことになると。常敏は父親・憲助に気づかれなければいいという。

車を運転していたおばさんが口から血を流しながら塀を越えて定助に襲い掛かろうとしていた。

定助は、最初に襲ってきた少年を見ると、路上で放心状態になっている。

おばさんは、血を噴出しながら定助を掴もうとするも塀から落ちる。

定助は心配になって声をかけるが、おばさんは普通ではない目つきで定助を見る。

キングダム 502 秦軍の進路変更に気づいた李牧。司馬尚の登場で燕軍オルド軍を司馬尚に任せる李牧。

機先を制す者 | キングダム

機先を制す者 | キングダムより引用

  1. キングダム 第502話ネタバレストーリー・あらすじ「機先を制す者」
  2. キングダム 第502話ネタバレ感想・考察
  3. キングダム 概要
  4. キングダムを連載している週刊ヤングジャンプについて

キングダム 第502話ネタバレストーリー・あらすじ「機先を制す者」

金安城に到着した飛信隊。空は暗く夜になっていた。

先に到着した軍は野営の準備もせず、五千人将以上に総大将天幕にくるようにと招集をかけている。

信は、王翦将軍が待つ総大将天幕に向かう。

総大将天幕にたどり着いた信は最後の一人が来たと報告を受け、先輩たちに叱りを受ける信。信は軽い謝罪をすると土門将軍に殴られる。

全員揃ったところで総大将王翦将軍がすぐ経つゆえに手短に話すという。

王翦将軍 | キングダム

王翦将軍 | キングダムより引用

王翦将軍は、金安を出てぎょうに向かうと告げる。

黒羊を目指していたはずが趙国第二の都市、ぎょうに向かうことに知らされていなかった壁を含む将たちが驚く。

王翦将軍 | キングダム

王翦将軍 | キングダムより引用

王翦将軍はさらに遅れる小隊がいれば責任として、ここにいる将の首を容赦なくはねるという。それほどまでに重要だということだった。

信は飛信隊のみんなが進路変更を告げるとモタつくだろうと考えるも蒙恬はすべてを言わなければいいという。夜の進軍、どこに進んでいるかわからないという。

蒙恬は更に後戻りはできないというと信は初めからそのつもりはないという。王賁は作戦が成功したわけでもないのだから浮かれるなと釘を刺す。

李牧がいる趙西部前線都市武白では、燕軍オルドの進軍報告を受けていた。

李牧は、次々と城を落としていくオルドへの対応を迫られていた。

邯鄲から出兵したこちょう将軍を東に向かわせるべきという進言を考える李牧。オルド軍の侵攻は大都市ではなく中都市の青歌であることを知ると李牧はその情報を間違いないかと確認する。

青歌には司馬尚がいるという。無名の司馬尚を誰もしらない。司馬尚は、青歌城の城主で病に伏せているという情報しかしらなかった。

しかし、その真実は違うという。司馬尚は中央を嫌い、病と称して中央の命令を無視しつづけていたという。そして、以前に三大天の任命も断ったという。