月別アーカイブ: 2017年2月

はじめの一歩 1172 再起戦で青木のカエルパンチ「ベルツノ」が炸裂

再起戦で青木のカエルパンチ「ベルツノ」が炸裂 | はじめの一歩

再起戦で青木のカエルパンチ「ベルツノ」が炸裂 | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 第1172話ネタバレストーリー・あらすじ「次を目指して」
  2. はじめの一歩 第1172話ネタバレ感想・考察
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1172話ネタバレストーリー・あらすじ「次を目指して」

青木の再起戦。

再起戦で青木のカエルパンチ「ベルツノ」が炸裂 | はじめの一歩

再起戦で青木のカエルパンチ「ベルツノ」が炸裂 | はじめの一歩より引用

青木は、相手のパンチをしゃがんでかわす。

観戦していた一歩は、青木のカエルパンチが出ると予想する。

しかし、鷹村は冷静に喋る。今日の試合でKO勝ちがまだない。観客もシラけている。

その言葉に一歩はだからカエルパンチで盛り返すというも鷹村は期待するなと念を押す。

再起戦で青木のカエルパンチ「ベルツノ」が炸裂 | はじめの一歩

再起戦で青木のカエルパンチ「ベルツノ」が炸裂 | はじめの一歩より引用

青木の対戦相手は、青木のカエルパンチを研究している。

青きがしゃがむポーズをとれば、顎をガードする。

鷹村は尚も解説する。青木の対戦相手は当然、カエルパンチを研究している。飛んでくるパンチを落ち着いてガードすれば、あとは泥試合だという。

そんなボクシングは質を下げるという。

青木はまだカエルパンチを出さない。

しゃがんだまま。

対戦相手は、カエルパンチがこないことに痺れを切らして、ガードを緩めてしまう。

鷹村が対戦相手に落ち着けと野次を飛ばそうとしたとき、青木のカエルパンチは発射された。

ベルツノが炸裂する。

そして、青木はKO勝ちを獲得する。それを見て一歩は質を上げたというも鷹村は気に入らない。

一歩はリングに戻りたいと焦る | はじめの一歩

一歩はリングに戻りたいと焦る | はじめの一歩より引用

鷹村の予想が外れたことにボクシングは難しいという。一歩は、難しいけど、早くリングに戻りたいという気持ちが高まる。

それを見透かしてか、鷹村が一歩の心中を言い当てる。

顔にでていたかと一歩は思う。

鷹村は一歩に、日本を卒業したつもりでタイトルを返上したが世界には通用しなかった。中途半端な存在の一歩はどういうつもりで再起するのかと問う。

一歩は、目指すものは漠然だが、何がやりたいかは瞭然だという。

鷹村は瞭然という言葉を聞き返す。

一歩は瞭然という言葉の意味をいうと、鷹村は自分を馬鹿だと思っただろというと一歩は否定する。

鴨川会長に新型デンプシーロールを見せたいと考える | はじめの一歩

鴨川会長に新型デンプシーロールを見せたいと考える | はじめの一歩より引用

鷹村はやりたいことは何だときくと、一歩は、壊れていると疑われた期間で今までとは違う自分を作り直せたと思っていて、新型デンプシーロールを見せたいという。

鷹村は大勢に見せて自慢したいのかと聞くと、一歩は、鴨川会長に見てもらいたいという。

鴨川会長が一歩自身に埋め込んできたものが芽を出すところを。

中途半端だけど、新型デンプシーロールを見せられれば前に進めるような気がするという。

鷹村は、鴨川会長が喜ぶならそれでいいという。ただし、泣かすなという。

会場に誰もいなくなったことに気づいた一歩は、試合を終えた同じジム生のもとにいく。

一歩は、みんなに大したケガがなくてよかったというと青木が独り心の傷をおったやつがいると木村を指す。

板垣も判定勝ちが気に入らないというと木村は勝てたからいいほうだという。

青木は、一歩に木村の荷物もちをするようにいう。それと愚痴を聞くようにと。

一歩は承知した。

帰り道、木村はため息ばかりつく。

一歩は、減量苦の体調で引き分けに持っていけたのはベテランの業だというも木村の気休めにはならなかった。

木村は、一歩に青木のことを聞く。必殺ブローもあって、伊賀の日本タイトルまでいくという。一歩は、木村に対して、ウエイトを上げれば充分に活躍できるという。

しかし、それ以上はいうなと木村に止められる。

減量苦は木村だけじゃない。

中途半端は前向いている人間の邪魔をしていはいけないという木村 | はじめの一歩

中途半端は前向いている人間の邪魔をしていはいけないという木村 | はじめの一歩より引用

鷹村や宮田も同じ減量苦で結果を出しているという。

はじめの一歩 第1172話ネタバレ感想・考察

木村の再起はあるのだろうか。

2017年2月22日発売 今週のマガジン「はじめの一歩」を読んで。

はじめの一歩 概要

はじめの一歩は、母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門してプロボクサーを目指し、活躍するボクシング漫画。

はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

週刊少年マガジンは、毎週水曜日発売の週刊少年漫画雑誌。

古くは手塚治虫や赤塚不二夫、つのだじろうといった通称『トキワ荘』組や小林よしのりなどといった複数の漫画誌を渡り歩いている漫画家を多く起用していた。1990年頃になるとその傾向は一旦低下するが、1999年頃から再び同社他誌の主力漫画家や他社デビューの漫画家を積極的に起用するようになっている。前者についてはCLAMP(『なかよし』)や福本伸行(『週刊ヤングマガジン』)が該当し、後者については大暮維人(『ウルトラジャンプ』)や木多康昭(『週刊少年ジャンプ』)、久米田康治(『週刊少年サンデー』)、ヒロユキ(『月刊少年ガンガン』)などがいる。その他能條純一や板垣恵介など他社の主力漫画家が一時的に『週刊少年マガジン』で連載を行なうことがある。

ジョジョリオン 62 常敏のスタンド名は『スピード・キング』。ドロミテの本名は泥駒政次(どろこままさじ)

東方常敏のスタンド『スピード・キング』 | ジョジョリオン

東方常敏のスタンド『スピード・キング』 | ジョジョリオンより引用

  1. ジョジョリオン 第62話ネタバレストーリー・あらすじ「ブルーハワイ その2」
  2. ジョジョリオン 第62話ネタバレ感想と考察
  3. ジョジョリオン 概要
  4. ジョジョリオンに登場する人物とスタンド一覧
  5. ジョジョリオンを連載しているウルトラルジャンプについて

ジョジョリオン 第62話ネタバレストーリー・あらすじ「ブルーハワイ その2」

ドロミテのスタンド『ブルーハワイ』に追跡される定助。

定助はとりあえず、裸足を何とかするべく、靴屋に入った。

定助は、自分が思っている以上に既に追い込まれていることに感づく。

定助は、ほろめく老人が近づいてくる。敵のスタンドかと警戒する。

定助は、バスやタクシーの交通機関を使って植物鑑定人のところへ向かい連絡をつけようと杜王町駅方向にきてしまったことを後悔している。

人が多すぎて、誰が敵のスタンド使いなのかわからない。

敵のスタンド能力でひとつだけわかることは、直線的に向かってくるということ。

定助の方向からそれる者は除外できる。

敵のスタンド使いは岩人間だとしてもいままでどういう生活をしていたんだろうと考える定助。

存在がイレた奴だ。街中がめちゃくちゃになってしまうと考える定助。

定助の近くに黒髪の女が近づいてきた。ネックレスのところに血がついている。

ドロミテのスタンド『ブルーハワイ』に感染した女と交戦する定助 | ジョジョリオン

ドロミテのスタンド『ブルーハワイ』に感染した女と交戦する定助 | ジョジョリオンより引用

女は定助に触れようとする。定助は持っていたペットボトルで女の手を押さえる。

そして、スタンド『ソフト&ウェット』のシャボン玉を掌に集め、シャボン玉を壁にしながら、女の顎を押し上げる。

そして、膝にもシャボン玉を集め、女の腹に膝蹴りをいれて、女の体勢を崩させる。

女は嘔吐する。

定助は、このスタンド能力から逃げ切れらるかと不安に思う。しかし、逃げ切らなければならないと走りだす。

ドロミテのスタンド『ブルーハワイ』に感染した女に追跡される定助 | ジョジョリオン

ドロミテのスタンド『ブルーハワイ』に感染した女に追跡される定助 | ジョジョリオンより引用

定助を追いかける女。ドロミテのスタンド『ブルーハワイ』に感染した女はゾンビのように定助を追いかける。

定助は人混みを避けながら逃げるのに対し、女は人混みに体当たりしながら追いかける。

ドロミテのスタンド『ブルーハワイ』に感染した女がバイクに轢かれる | ジョジョリオン

ドロミテのスタンド『ブルーハワイ』に感染した女がバイクに轢かれる | ジョジョリオンより引用

女はバイクにひかれて倒れて動かなくなる。

女がぶつかった人ごみのひとりが定助を追いかけ始める。

ドロミテのスタンド『ブルーハワイ』に感染した男から逃げる定助 | ジョジョリオン

ドロミテのスタンド『ブルーハワイ』に感染した男から逃げる定助 | ジョジョリオンより引用

定助は駐輪場に行き、自転車をジャンプで飛び越える。

ドロミテのスタンド『ブルーハワイ』に感染した男は駐輪所の自転車に突っ込む。

男も定助と同じように自転車の上に上り走るも、男の腕が自転車のハンドルに突き刺さる。男は突き刺さった腕を引きちぎりんがら定助を追いかける。

定助は、金網のフェンスを越える。男はフェンスにぶつかるとそのまま突き進もうとする。

ドロミテのスタンド『ブルーハワイ』に感染した男の血しぶき攻撃をガードする定助 | ジョジョリオン

ドロミテのスタンド『ブルーハワイ』に感染した男の血しぶき攻撃をガードする定助 | ジョジョリオンより引用

金網に肉を押し付け、皮膚が切れ、出血する。その血が定助のほうに飛ぶ。

ドロミテのスタンド『ブルーハワイ』に感染した男の血しぶき攻撃をガードする定助 | ジョジョリオン

ドロミテのスタンド『ブルーハワイ』に感染した男の血しぶき攻撃をガードする定助 | ジョジョリオンより引用

定助はスタンド『ソフト&ウェット』のシャボン玉を出し、血を防ぐ。

男の出血を浴びた子供が感染する。

定助はスタンド『ソフト&ウェット』のシャボン玉を子供に食わせる。シャボン玉の浮力で子供は浮く。その隙に、定助は子供の自転車を奪い、逃走する。

シャボン玉が割れて、地に足がついた少年は定助を走って追うも、自転車と徒歩のスピードの違いで引き離されていく。

ドロミテのスタンド『ブルーハワイ』の恐ろしさを感じる定助 | ジョジョリオン

ドロミテのスタンド『ブルーハワイ』の恐ろしさを感じる定助 | ジョジョリオンより引用

少年の姿が見えなくなったが、ロックオンされ、いずれ追いつかれると考える定助。

定助は、敵のスタンド能力を分析する。

射程距離は無限。何時間も何日でも追いかけられると考える。植物鑑定人のところに行くのも危険だし、憲助にも連絡できない。

やはり、本体を見つけて倒さないといけないと考える。

頼みの綱は康穂のスタンド『ペイズリーパーク』だった。

定助に頼まれて指定の場所にいく康穂。定助のスタンド『ソフト&ウェット』のシャボン玉に包まれた歯を見つける康穂。

康穂は、シャボン玉に包まれた歯を携帯電話で撮影する。

康穂がスタンド『ペイズリーパーク』でドロミテの所在を探す | ジョジョリオン

康穂がスタンド『ペイズリーパーク』でドロミテの所在を探す | ジョジョリオンより引用

目的は、康穂のスタンド『ペイズリーパーク』で町の歯医者の治療記録から敵スタンドの本体を見つけ出すこと。

康穂のスタンド『ペイズリーパーク』は、シャボン玉に包まれた歯を抱えて、進む。無数のドアを抜けて、どんどん奥に進んで行く。

康穂がスタンド『ペイズリーパーク』でドロミテの所在を探す | ジョジョリオン

康穂がスタンド『ペイズリーパーク』でドロミテの所在を探す | ジョジョリオンより引用

そこま、町の歯医者の記録データではないと感じる康穂。さらに『ペイズリーパーク』は何かを破壊している。『ペイズリーパーク』は何かの錠を破壊して、なかから歯のレントゲン写真を探し出す。

その記録は、杜王町六壁坂の小学校の校庭の小屋で飼育されていたウサギが人間によって噛み食われた資料。防犯カメラにも写っていない未解決事件。

康穂がスタンド『ペイズリーパーク』でドロミテの所在を探す | ジョジョリオン

康穂がスタンド『ペイズリーパーク』でドロミテの所在を探す | ジョジョリオンより引用

S市の警察署の事件資料だった。

その事件から2年後。杜王町六壁坂の近くにある農家で25羽の鶏が食い荒らされている事件の記録を探し出す。警察はその時、肉片に残されたDNAから容疑者を特定している。その資料に写真と名前が記載されていた。

ドロミテの本名は泥駒政次(どろこままさじ) | ジョジョリオン

ドロミテの本名は泥駒政次(どろこままさじ) | ジョジョリオンより引用

泥駒政次(どろこままさじ)、現在39歳。しかし、この容疑者は捕まっていない未解決事件だった。

どこに住んでいるのかはわからない。

次に康穂は歯についている土に注目する。

歯が抜けたときに付いた土だと考える康穂。これで居場所が分かる。そう確信した康穂に異変が起きる。

常敏のスタンド『スピード・キング』に攻撃される康穂 | ジョジョリオン

常敏のスタンド『スピード・キング』に攻撃される康穂 | ジョジョリオンより引用

康穂の血管の中の血液が熱くなっていく。そして、意識を失う。

康穂の後ろには常敏がいた。常敏のスタンド『スピードキング』の能力によって血液を沸騰させられた康穂。

常敏は、康穂を見て、常秀のガールフレンドだと認識する。

常敏は、康穂がスタンド使いだと知り、定助をつながっていることも知る。康穂をここでやってしまうことは父親・憲助に気づかれてしまうから止める。

歯の回収さえできれば、完了だとゴム手袋をして歯を回収する常敏。

常敏は、ドロミテの歯を排水溝に棄てて、康穂の携帯をふんずけて破壊する。

常敏は憲助に不満があった。東方フルーツパーラーの将来に『ロカカカ』が必要だという。

ジョジョリオン 第62話ネタバレ感想と考察

康穂が手に入れた情報だけでも役にたつのではないか。六壁坂付近の事件ということと、土ということから近いところにはいけるんじゃないかな。整備されているところならアスファルトだし。

2017年2月20日発売 今月のウルトラジャンプ「ジョジョリオン」を読んで。

ジョジョリオン 概要

ジョジョリオンはジョジョの奇妙な冒険で第8部にあたるシリーズ。第7部のスティールボールランに続き、第6部以前の世界とは異なったパラレルワールドとして展開される。大震災によってできた謎の突起物「壁の目」に埋まっていた記憶喪失の主人公・東方定助を取り巻く物語であり、「呪い」を解く物語とされている。

ジョジョリオンに登場する人物とスタンド一覧

  • 東方定助のスタンド『ソフト&ウェット』
  • 広瀬康穂のスタンド『ペイズリー・パーク』
  • 吉良吉影のスタンド『名称不明(おそらくキラークイーン)』
  • 吉良・ホリー・ジョースターのスタンド『不明』
  • 作並カレラのスタンド『ラブラブデラックス』

東方家のスタンド

  • 東方花都のスタンド『名称不明』
  • 東方憲助のスタンド『キング・ナッシング』
  • 東方常敏のスタンド『スピード・キング』
  • 東方つるぎのスタンド『ペーパー・ムーン・キング』
  • 東方鳩のスタンド『ウォーキング・ハート』
  • 東方常秀のスタンド『ナット・キング・コール』
  • 東方大弥のスタンド『カリフォルニア・キング・ベッド』
  • 虹村京のスタンド『ボーン・ディス・ウェイ』

岩男関連の敵スタンド

  • 田最環のスタンド『ビタミンC』
  • 八木山夜露のスタンド『アイ・アム・ア・ロック 』
  • 大年寺山愛唱のスタンド『ドゥービー・ワゥ 』
  • エイ・フェックス兄弟(兄)のスタンド『ショット・キーNo.1』
  • エイ・フェックス兄弟(弟)のスタンド『ショット・キーNo.2』
  • ドロミテ(泥駒政次)のスタンド『ブルー・ハワイ』

その他の敵のスタンド

  • 笹目桜二郎のスタンド『ファン・ファン・ファン』
  • カツアゲロードのスタンド『オータム・リヴス』
  • 苦竹財平のスタンド『ミラグロマン』

ジョジョリオンを連載しているウルトラルジャンプについて

ウルトラジャンプは、毎月19日発売の月刊青年漫画雑誌。他の『ジャンプ』系雑誌に比べ、新人作家をあまり使わず、他雑誌や集英社以外の出版社からの作家の引き抜き、もしくは他誌から移ってきた作品が多いのが特徴である。青年誌に多いエロスやビジネスといったジャンルよりも、バトルもの・SFものを中心に読みたいという大人の需要に答える意味で、同じ青年誌である『ヤングジャンプ』や『ビジネスジャンプ』、『グランドジャンプ』とは差別化されている。