日別アーカイブ: 2017-02-23

キングダム 507 飛信隊の弓矢兄弟・仁と淡の一撃必殺の実力

飛信隊の弓矢兄弟・仁と淡 | キングダム

飛信隊の弓矢兄弟・仁と淡 | キングダムより引用

  1. キングダム 第507話ネタバレストーリー・あらすじ「仁と淡」
  2. キングダム 第507話ネタバレ感想・考察
  3. キングダム 概要
  4. キングダムを連載している週刊ヤングジャンプについて

キングダム 第507話ネタバレストーリー・あらすじ「仁と淡」

趙の国門である列尾を落とすため楊端和は、バジオウの隊を城壁に登らせることにした。

鳥加族の弓矢で援護しつつ、バジオウを登らせる。その弓隊の増援を飛信隊から出して欲しいという楊端和の要請に信と河了貂は飛信隊に新規加入した弓矢兄弟・仁と淡をあてがう。

初陣の弓矢兄弟・仁と淡に盾役となる部下を2名つけて戦場に出す。

城壁に近づいてきて、仁と淡に緊張が最高潮になる。

盾役は緊張するなというも次々と倒されていく味方の姿をみた仁と淡にはできない相談だった。

楊端和は、弓矢兄弟の仁と淡をみて、子供っぽいと不安を感じる。河了貂は、実際、隊でも最年少だという。

信は、弓矢兄弟・仁と淡については、腕は一級品だというもひとつだけ不安要素があるという。

仁と淡は鳥加族が陣取る場所にやってくる。

盾役はだいぶ遠くに陣取ったなといい、盾を地面にさし、防御の準備に入る。

淡の口から出た言葉は「近い」だった。思っていたよりも近いという淡に同意する兄・仁。

淡は盾役に、もうちょっと後ろに下がって打っていいかと聞く。盾役は、敵の矢は防いでやるからビビるなという。

楊端和は、信に弓矢兄弟の不安要素を聞く。

飛信隊の弓矢兄弟・仁と淡 | キングダム

飛信隊の弓矢兄弟・仁と淡 | キングダムより引用

信は、人を一度も打ったことないことだという。

仁と淡の不安をよそに鳥加族の弓矢の号令がかかる。鳥加族は次々を矢を放つ。

列尾の城壁で、はしごをかけて登ろうとする山の民の兵を狙い撃ちにしているが、鳥加族の矢が届き、被害を出す。

それに合わせて、バジオウ隊がハシゴをかける。

飛信隊の弓矢兄弟・仁と淡 | キングダム

飛信隊の弓矢兄弟・仁と淡 | キングダムより引用