月別アーカイブ: 2017年4月

【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第6話 三浦鷹山vsロボで勝利したのは…

自分の敗北を認める三浦鷹山 | 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

自分の敗北を認める三浦鷹山 | 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

  1. 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第6話ネタバレストーリー・あらすじ「決着」
  2. 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第6話ネタバレ感想
  3. 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)の概要
  4. 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)を連載している週刊少年ジャンプについて

【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)第6話ネタバレストーリー・あらすじ「決着」

三浦鷹山との勝負の最後のホール。

ロボの2打目は、ラフからのショットでミスショットをする。

ダフるロボ | 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

ダフるロボ | 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

ダフりをしたロボに驚愕するトモヤ。

ワンミスならまだチャンスはあると思うトモヤだったが、3打目のロボのショットもどダフり。

ロボは、この勝負で打ったショットでボールが曲がったりして思い通りにいかなかったのは風の影響だと分析できたが、今回のミスショットはどうにもわからなかった。

その後も、4打、5打と打ってもロボはダフる。

このホールでの負けは決定的なものになる。

しかし、トモヤは、あの三浦鷹山に、1勝1敗1分けの引き分けにできたことが超大健闘だと考える。

三浦鷹山は、ロボのラフからのダフりをみて、前のホールのノーコンパットから違和感があったと考える。

今回のロボのダフりも、つま先あがりの基本的な対応ができていない。

三浦鷹山は、トモヤに確認する。

トモヤにロボが本当に素人なのかと確認する三浦鷹山 | 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

トモヤにロボが本当に素人なのかと確認する三浦鷹山 | 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

ラフ、バンカー、傾斜地など様々な状況に臨機応変にゴルフボールを打つのがゴルフだがロボは全くできていない。できていないというより、知らない。

あれほどの神業を体得した人間が、コースを回るのが今日が初めてなのかとトモヤに聞く。

三浦鷹山は、トモヤから事情を聞く。

ロボの発言が不真面目ではなく無関心からだと知る三浦鷹山 | 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)

ロボの発言が不真面目ではなく無関心からだと知る三浦鷹山 | 【ロボレザ】ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)より引用

キングダム 514 最低の愚作の極みだと評価される王翦の戦略の意図

王翦の策を最低の愚作の極みだと評価する河了貂 | キングダム

王翦の策を最低の愚作の極みだと評価する河了貂 | キングダムより引用

  1. キングダム 第514話ネタバレストーリー・あらすじ「愚作の極み」
  2. キングダム 第514話ネタバレ感想・考察
  3. キングダム 概要
  4. キングダムを連載している週刊ヤングジャンプについて

キングダム 第514話ネタバレストーリー・あらすじ「愚作の極み」

趙軍の東側から攻め入る燕国のオルド。

趙の司馬尚の実力を目の当たりにする。

それをみたオルドは、強敵の出撃に心が躍るも出陣の直前に急報が飛んでくる。

趙の東軍の知らせだった。

侵攻してきた燕軍の退路を断つために燕に侵攻する趙の東部長官・鈍足の趙泊 | キングダム

侵攻してきた燕軍の退路を断つために燕に侵攻する趙の東部長官・鈍足の趙泊 | キングダムより引用

燕は趙の東軍とはよく戦っているため、東軍を指揮する趙泊をよく知っていた。鈍足で知れ渡っている趙泊を侮っている。

その趙泊は、侵攻している燕軍ではなく、燕領土内の城を攻め落としているという知らせだった。

侵攻してきた燕軍の退路を断つために燕に侵攻する趙の東部長官・鈍足の趙泊 | キングダム

侵攻してきた燕軍の退路を断つために燕に侵攻する趙の東部長官・鈍足の趙泊 | キングダムより引用

しかも、趙泊は、燕の城をひとつ落として、二つ目の城を攻めているという知らせ。

趙に攻めにいった燕軍の退路を断つつもりだ。

趙泊の戦い方ではないことを知り、オルドは、李牧が燕に攻められた時の戦略として、あらかじめ練ってあった戦略を趙泊が実施したと考える。

オルドは、李牧の戦略はさすがという感心があった。ひとつ気に入れないのは司馬尚の存在。燕軍二万に対して、1/4である五千で練られているものだった。

オルドは、仕方なく奪われた二つの城を取り返すべく、趙侵攻を取りやめ、退却することにした。

司馬尚も退却するオルドは追わず、自分の城、青歌に戻る。

李牧は王都圏までの帰り道で休憩のために城に寄る。

その城で、燕軍が退却した知らせを聞き、列尾を越えた秦軍の行方を聞く。

進軍がギョウではなく、小都市の城を落としている報告をし、李牧は驚く。