はじめの一歩 1154 パンチドランカーをチェックする検査方法

パンチドランカーの検査を受けられない一歩 | はじめの一歩

パンチドランカーの検査を受けられない一歩 | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 第1154話ネタバレストーリー・あらすじ「紙上の線」
  2. はじめの一歩 第1154話ネタバレ感想・考察
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1154話ネタバレストーリー・あらすじ「紙上の線」

鴨川会長にパンチドランカーの疑いをかけられ、ペンで一本の線を書くように指示される。

一歩は、緊張しながらペンを持つ。

一歩は、会長に指示の確認をする。

会長は、ゆっくり書けと指示する。

一歩は、紙の上にペンを置く。

ペンは動かない。

一歩は、息を止めて線を書こうとするもできず、息が噴き出す。

鴨川会長は早くしろと急かす。

一歩は、返事をしてもう一度、紙の上にペンを置く。

しかし、できない。

しびれを切らした鴨川会長は、机をたたく。

一歩は、注目されすぎてて震えなくてもいい手が震えると言い訳をする。

意を決して一歩は机に向かうも深呼吸してからと息を大きく吸う。

線を引くとまっすぐの線が引ける。

少しちぢれていると指摘するもこの状況では仕方ないという一歩。

精密検査で異常なし、末端神経も異常なし、状況証拠は何もない。

パンチドランカーの検査を通過する一歩 | はじめの一歩

パンチドランカーの検査を通過する一歩 | はじめの一歩より引用

とりあえずは、パンチドランカーはシロだと判断される。

しかし、打たれもろくなっているのは事実で、距離感が損なわれているのも事実。

パンチドランカーの嫌疑は晴れないという。

最も考えられるケースはダメージの蓄積。

ボクシングから離れろと命令される一歩 | はじめの一歩

ボクシングから離れろと命令される一歩 | はじめの一歩より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です