はじめの一歩 1155 パンチドランカー経験者に体験談を聞く

パンチドランカー経験者の体験談 | はじめの一歩

パンチドランカー経験者の体験談 | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 第1155話ネタバレストーリー・あらすじ「海の家にて」
  2. はじめの一歩 第1155話ネタバレ感想・考察
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1155話ネタバレストーリー・あらすじ「海の家にて」

そこは、ボクシングのリングでもジムでもトレーニングするための土手でもない。
ビーチパラソルの下で寝そべる水着をきた女性たちの間をかいくぐり、モロコシを売る一人の猫田。

砂浜で猫田を蹴り上げる鴨川会長 | はじめの一歩

砂浜で猫田を蹴り上げる鴨川会長 | はじめの一歩より引用

その猫田を蹴り倒す鴨川会長。

猫田は、海の家 猫をオープンしていた。

海の家 猫では、犬たちが暑さに負けてぐったりしている。

猫なのに犬がいることを鴨川会長が指摘すると、犬が客寄せパンダになっているという猫田。

猫田は何の用かと聞くと、鴨川会長は真面目な話をしたいからまずは着替えろと猫田に要求する。

麦わら帽子にシャツにふんどしに足ヒレを付けている猫田の恰好を指摘する。

猫田は深刻な話だと知り、着替えてくるがさらにふざけた格好で現れる。

鴨川会長はキレ気味で拳をならす。それを見た、猫田はそそくさと再度着替えにいった。

まともな恰好は厚いと愚痴をたれる猫田。

厚いからとかき氷を鴨方会長の分も出しておごる。

猫田が、かき氷はシロップが沈殿する前にかきこむことからかき氷というと蘊蓄をたれると鴨川会長は素直にかきこむ。

猫田は、要件を早くいえと急かせるが、鴨川会長は押し黙ったまま。

かき氷を食べすぎて頭痛がおこっている。

頭を抱える鴨川会長を情けないと猫田はいう。自分なら大丈夫だという。

かき氷早食い合戦をする猫田と鴨川会長 | はじめの一歩

かき氷早食い合戦をする猫田と鴨川会長 | はじめの一歩より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です