アイアムアヒーロー 253 クルスvsコロリ隊に割って入って狙撃する英雄

ただのおっさんと思っているクルスに加勢することを決める英雄 | アイアムアヒーロー

ただのおっさんと思っているクルスに加勢することを決める英雄 | アイアムアヒーローより引用

  1. アイアムアヒーロー 第253話ネタバレストーリー・あらすじ
  2. アイアムアヒーロー 第253話ネタバレ感想・考察
  3. アイアムアヒーロー 概要
  4. アイアムアヒーローを連載している週刊ビッグコミックスピリッツについて

アイアムアヒーロー 第253話ネタバレストーリー・あらすじ

コロリ太刀は、クルスに総攻撃をかけるが、クルスに攻撃があたることはなく、のらりくらりとかわしている。

クルスのことをただのおっさんだと勘違いする英雄 | アイアムアヒーロー

クルスのことをただのおっさんだと勘違いする英雄 | アイアムアヒーローより引用

その様子を銃のスコープ越しからクルスのことをただのおっさんだと思い、ただのおっさんを人間同士でよってたかって攻撃していると思っている。

クルスのナイフがおばさんの足に刺さるもおばさんは、クルスへの攻撃の手を止めるなと叫ぶ。

クルスは、自分の仲間だといったコロリの仲間の足にナイフを突き立てる。痛がる女。そんな反応を見て、クルスは痛くないはず、こっち側に早く来いという。

女は、斧をクルスに振り下ろす。

クルスのマスクに当たり、クルスは顔の一部に傷を負って、マスクが落ちる。

しかし、クルスは、人間に倒せないと笑う。

英雄は、コロリたちの身なりだけで湘南の海でナンパしたり、周りの迷惑をかえりみずはしゃぐ連中だと決めつけ、おっさんに加勢すると考える。

英雄は、50mに設定している銃を200mに設定しなおす。スラッグ銃の有効射程距離は200mだからと少し心配するも標的を決める。一番動きが少ないマスクの男を狙う。

しかし、相手が人間だと撃つことを躊躇う英雄 | アイアムアヒーロー

しかし、相手が人間だと撃つことを躊躇う英雄 | アイアムアヒーローより引用

しかし、英雄は、相手は生きている人間だと考えると撃つのをためらう。

英雄は後ろを振り向くと、藪の弟のZQNが一人で、英雄を守るために昇ってくるZQNたちを振り払っている。

自分の人生も藪の弟次第だと観念する英雄 | アイアムアヒーロー

自分の人生も藪の弟次第だと観念する英雄 | アイアムアヒーローより引用

英雄は、自分の命も藪の弟次第だと観念する。

もうすぐ終わる自分に何ができるかと考える。どうせ、終わるなら誰かを救いたいと考える。

最後になるなら誰かを救いたいと願う英雄 | アイアムアヒーロー

最後になるなら誰かを救いたいと願う英雄 | アイアムアヒーローより引用

英雄は、女子中学生が桐谷に足を掴まれているのを見て、危ないとトリガーを引く。

しかし、弾丸は外れる。

右に5mズレがことを調整し、もう一度、射撃する。

英雄の弾丸は、桐谷の頭に直撃する。

狙撃されたことでその場の誰もが動きを止める。

英雄はこれで不毛な戦いが終わればと願う。

アイアムアヒーロー 第253話ネタバレ感想・考察

狙撃でもクルスは倒せないのだろうか。

2016年10月3日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ「アイアムアヒーロー」を読んで。

アイアムアヒーロー 概要

アイアムアヒーローは、ゾンビになる感染病が蔓延するなか平凡な日常が崩壊していく様を描いたホラー漫画。作品中では「ゾンビ」という言葉は直接使われていない。でも「ZQN」は使われている。

アイアムアヒーローを連載している週刊ビッグコミックスピリッツについて

週刊ビッグコミックスピリッツは、毎週月曜日に発売。発行部数は約30万部。週刊誌のため、4大ビッグコミックの中で発行頻度が最も多い。青年向けの雑誌であるため、テレビアニメ化された作品は比較的少ないが、1990年代以降のトレンディードラマの台頭によって、柴門ふみの作品をはじめとしてテレビドラマ化された作品は多い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です