キングダム 492 秦で唯一の『中華十弓』の蒼源の技術を継承する弓矢兄弟が飛信隊に入隊希望

秦で唯一の『中華十弓』の蒼源 | キングダム

秦で唯一の『中華十弓』の蒼源 | キングダムより引用

  1. キングダム 第492話ネタバレストーリー・あらすじ「成功への募兵」
  2. キングダム 第492話ネタバレ感想・考察
  3. キングダム 概要
  4. キングダムを連載している週刊ヤングジャンプについて

キングダム 第492話ネタバレストーリー・あらすじ「成功への募兵」

男たちは走る。

息を上げ、汗だくになりながらも走り続ける。

これは飛信隊の入隊のための選抜試験だった。

飛信隊員の監督官たちは容赦ない指示を入隊希望者たちに浴びせる。

ランニングでは、吐いてでも走れという。止まれば失格。

木の枝にぶら下がるのは根性があれば三日はぶら下がれるという。

落ちた者から失格を言い渡す。

飛信隊の過酷な入隊選抜試験に引く尾平たち | キングダム

飛信隊の過酷な入隊選抜試験に引く尾平たち | キングダムより引用

そんな飛信隊の入隊のための選抜試験の風景をみた尾平たちは、飛信隊の軍師。河了貂が考えた選抜試験は過酷だと漏らす。自分たちでさえ残れない。飛信隊が小さい時に入っておいてよかったというほどの過酷さだ。

そんな過酷な選抜試験に声を荒げる者がでてくる。

走り回るだけなら子供でもできると。

そこに崇原がやってくる。

崇原は、戦で戦える体力と根性があるかを選抜しているのだと説こうとするも走らせるだけじゃなくて剣の腕で選抜しろという。

崇原は、その言い分をのみ、剣を持ってくるように指示する。

十人同時に剣での試験を行うという崇原。崇原に傷をつけられたものは即入隊だという。

十人が同時に襲い掛かるが一瞬で崇原に倒されてしまう入隊希望者。

崇原はまだ戦場じゃなくてよかったなと声をかける。

その華麗な剣さばきに盛り上がる他の入隊希望者。

崇原にやられた入隊希望者が聞く。崇原は飛信隊屈指の剣使い。そんな崇原よりも隊長の信は強いのかと。

飛信隊の信は崇原が百人かかっても勝てない強さ | キングダム

飛信隊の信は崇原が百人かかっても勝てない強さ | キングダムより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です