闇金ウシジマくん 415 『最終章 ウシジマくん』新章スタート

新章『最終章 ウシジマくん』スタート | 闇金ウシジマくん

新章『最終章 ウシジマくん』スタート | 闇金ウシジマくんより引用

  1. 闇金ウシジマくん 第415話ネタバレストーリー・あらすじ「最終章 ウシジマくん1」
  2. 闇金ウシジマくん 第415話ネタバレ感想
  3. 闇金ウシジマくん 概要
  4. 闇金ウシジマくんを連載している週刊ビッグコミックスピリッツについて

闇金ウシジマくん 第415話ネタバレストーリー・あらすじ「最終章 ウシジマくん1」

滑皮は、ホテルでシャワーを浴び、朝のルームサービスをフロントに連絡する。

新章『最終章 ウシジマくん』スタート | 闇金ウシジマくん

新章『最終章 ウシジマくん』スタート | 闇金ウシジマくんより引用

備え付けのコーヒーメーカーでコーヒーをいれる滑皮。

コーヒーの独特な匂いに刺激され、滑皮は好物のアイリッシュ・コーヒーにすることを決める。

生クリームがあれば完璧だと滑皮特性のアイリッシュ・コーヒーが完成する。その時、ドアのノック音がする。

新章『最終章 ウシジマくん』スタート | 闇金ウシジマくん

新章『最終章 ウシジマくん』スタート | 闇金ウシジマくんより引用

先ほど、フロントに注文した朝食のルームサービスだろうと滑皮はドアを開ける。

滑皮は片手を後ろ手にしてペンを隠し持つ。もし、このルームサービスが刺客とも限らない。

ホテルマンは構える滑皮に疑問を持ちつつも、招き入れられて朝食を部屋の中に入れる。

その際に、滑皮は廊下も誰かいないかチェックする。

朝食は、目玉焼き、パン、スープといったシンプルなもの。滑皮は作法もなくガツガツと朝食を口にする。

新章『最終章 ウシジマくん』スタート | 闇金ウシジマくん

新章『最終章 ウシジマくん』スタート | 闇金ウシジマくんより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です