ジョジョリオン 59 枝を接ぎ木したロカカカの争奪戦

定助に東方フルーツパーラーの跡継ぎしか知らされていない植物鑑定人を教える憲助 | ジョジョリオン

定助に東方フルーツパーラーの跡継ぎしか知らされていない植物鑑定人を教える憲助 | ジョジョリオンより引用

そして、憲助は憲助しかしらない植物鑑定人の写真が入ったスマートフォンを定助に渡し、二人の密談は終わる。

家に入ろうとする憲助。玄関先の異変に感づく。

そこには花都がハンモックによこたわりながら足の爪にマニキュアを塗っていた。憲助は声を荒げるも花都はシャンパングラスを軽くあげて挨拶するだけ。

花都は、この家の半分は自分のもので、財産はいつもらえるのかと聞く。更に子供たちにも会いたいというが、花都の現在やってることが子供たちに会いに来た態度じゃないと反論する。

花都は、定助の姿をチラッと見かける。

それを遮るように憲助は花都に言う。前は子供たちの前だから罵らなかったが、財際もなにもやるつもりはないという。刑期が終わってもその資格はない。消えろと言い放ち立ち去る憲助。

花都は、携帯電話で常敏と話す。

常敏には、憲助が何かをたくらみ始めたという。憲助が何かをたくらむと顎髭を触ったり、毛を抜くクセがあるという。そして、居候の定助がいきなりスマートフォンを持っていると指摘する。

常敏は、自分の父と定助が何をするのかと考えるが、花都はシンプルに誰かと会うためじゃないかなという。そのための携帯でしょと。

母親に礼を言って電話を切る常敏。

常敏は車を走らせ、ある池の辺にやってくる。

そこで、手袋をはめてフライドチキンを池に放り投げる。

そして、ルルルルと鳴いてみせる。

すると、常敏の足元に何者から近寄ってくる。

新たな岩人間と会う常敏 | ジョジョリオン

新たな岩人間と会う常敏 | ジョジョリオンより引用

それに驚き飛びのく常敏。

そこには常敏が投げたフライドチキンをむさぼる両手両足がない男がいた。

常敏はその男に話しかける。頼みがあるという。

田最環(だもたまき)、大年寺山愛唱、八木山夜露、兄弟、みんなやられたという。その男ほど長生きではなかったという。

定助はその頃、憲助に渡されたスマートフォンで植物鑑定人のところに向かっていた。

定助に手紙を渡す少年 | ジョジョリオン

定助に手紙を渡す少年 | ジョジョリオンより引用

そこにある少年に「東方定助」と名指しで呼び止められる。その少年は、定助に手紙を渡そうとする。

定助はスマートフォンを尻ポケットに入れて、少年から手紙を受け取る。

定助に手紙を渡す少年 | ジョジョリオン

定助に手紙を渡す少年 | ジョジョリオンより引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です