はじめの一歩 1163 パンチドランカーテスト合格から新型デンプシーロールの完成

パンチドランカーテストその3 鴨川会長とのミット打ち | はじめの一歩

パンチドランカーテストその3 鴨川会長とのミット打ち | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 第1163話ネタバレストーリー・あらすじ「変貌」
  2. はじめの一歩 第1163話ネタバレ感想・考察
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1163話ネタバレストーリー・あらすじ「変貌」

パンチドランカーテスト、2つ目の課題。まっすぐにのばしたロープの上をロープに沿ってまっすぐ歩く。

一歩は神妙な面持ちで行きますと、ロープの上に片足を置く。

しかし、叫びとともに置いた足を上げる。

一歩は大事な場面だと深呼吸をする。

重りを外したことで体がなれていないので足のストレッチをする。

重りがついているつもりで踏ん張って歩くことを心がけ、ロープの上を歩いて行く。

鴨川会長が少しでも千鳥るようなら、というも一歩はロープを渡りきる。

パンチドランカーテストその2 ロープ渡り | はじめの一歩

パンチドランカーテストその2 ロープ渡り | はじめの一歩より引用

八木も含めて、青木、木村などは一歩に合格という。

鴨川会長は、一歩にリングに上がるようにと指示する。

鴨川会長がミットをもって、直接確かめる。

鴨川会長との久々のミット打ち。一歩は、重りが外れてフワフワしている体に踏ん張りをつけて、ミット打ちに向かう。

鴨川会長が左と指示を出し、一歩は応える。

木村や青木は重りを外して初めてのパンチに息を飲む。

最初の左から、ワン・ツー、下、下、ワン・ツー、下、上、下とミット打ちが始まる。

以前と変わらないパンチ。

重りを外して、もっと爆発的な威力を予想したも予想が外れる。

そんな鴨川ジム生は、一歩のパンチ力を気にしているなか、鴨川会長は、一歩のパンチドランカーを気にしている。

パンチドランカーは攻撃面より、防御面にその症状は顕著に現れる | はじめの一歩

パンチドランカーは攻撃面より、防御面にその症状は顕著に現れる | はじめの一歩より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です