はじめの一歩 1164 新型デンプシーロールを新生・風神と名付ける。鷹村の大人のアウトボクシング講座。

新型デンプシーロールを新生・風神と名付ける | はじめの一歩

新型デンプシーロールを新生・風神と名付ける | はじめの一歩より引用

  1. はじめの一歩 第1164話ネタバレストーリー・あらすじ「帰還!」
  2. はじめの一歩 第1164話ネタバレ感想・考察
  3. はじめの一歩 概要
  4. はじめの一歩を連載している週刊少年マガジンについて

はじめの一歩 第1164話ネタバレストーリー・あらすじ「帰還!」

鴨川会長とのミット打ちをして、新型デンプシーロールを見せた一歩。

鴨川会長から、パンチドランカーのテストで合格を言い渡され、歓喜の声を上げる。

その朗報に木村、青木、板垣はリングに上がって喜び、一歩に駆け寄る。

その途端、一歩が落ちる。

鷹村が新型デンプシーロールを鴨川会長から引き離すために、一歩を持ち上げていた手を離したのだ。

一歩は、リングから降りようとする鴨川会長に合格のお礼をする。

しかし、鴨川会長は振り返りもせず、一歩に浮かれるなと釘を刺す。

とりあえずの合格で、パンチドランカー疑惑のある選手をすぐにリングに戻すことはできないという。まだまだ様子をみるという。

その言葉に少し頭を垂れる一歩。

一歩は食い下がる。言いつけ通りに一ヶ月の約束を守り、パンチドランカーのテストにも合格した。ボクシングの練習をしたり、ロードワーク、ジムワークなどのトレーニングを再開しても良いのかと聞く。

鴨川会長 | はじめの一歩

鴨川会長 | はじめの一歩より引用

鴨川会長は、鼻息をひとつつくと、備えておけという。

板垣は、一歩のことを壊れていないとわかっていたと笑顔でいう。

青木や木村も一体誰が一歩を壊れていると発言したんだと言い出す。

みんなの視線は自然と鷹村に集まる。

鷹村は、腕を回しながら文句あるのかと木村や青木を追い回す。

逃げる木村と青木。

鷹村は何もしないというも振り回している腕はなんだと突っ込む木村と青木。

そういうことをするから世界チャンピオンなのにモテないんだという。そして、山口女医もむいてくれないという。

すると鷹村の表情が変わる。

どんな表情なのか読み取れない木村と青木。

鷹村の大人のアウトボクシング講座 | はじめの一歩

鷹村の大人のアウトボクシング講座 | はじめの一歩より引用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です