キングダム 499 王騎将軍の矛で連合軍戦を挑む飛信隊隊長・信

王翦将軍 連載500直前記念巻頭カラー | キングダム

王翦将軍 連載500直前記念巻頭カラー | キングダムより引用

  1. キングダム 第499話ネタバレストーリー・あらすじ「手にする想い」
  2. キングダム 第499話ネタバレ感想・考察
  3. キングダム 概要
  4. キングダムを連載している週刊ヤングジャンプについて

キングダム 第499話ネタバレストーリー・あらすじ「手にする想い」

咸陽から出立する軍。王翦軍が咸陽の国民の大声援を送られて行軍する。

続いて、山の民の軍、桓騎軍と行軍する。

その中で、飛信隊に入隊したばかりの弓矢兄弟の兄・仁、弟・淡、そして干斗は、国民の大歓声に驚く。そんななか、飛信隊の古株の崇原、松左は自分たちは偉くなったと感慨深くなる。昔はそのあたりの野原からダラダラと行軍していた。

河了貂のところに壁がやってくる。

南に配属されていた壁も今回の連合戦で召集がかかった。

今回の連合戦は、合従軍の除いてはここ十年で規模は最大の約二十万の軍。

規模も驚きだが、なんといっても連合軍だということに驚く壁。連合軍はかつての六将時代ではあったけど、最近では初めて。それに加えて、昌文君の緊張具合から壁は、この趙西部攻略は大戦になると勘ぐる。

趙西部攻略の本当の狙いを知らされていない壁 | キングダム

趙西部攻略の本当の狙いを知らされていない壁 | キングダムより引用

壁も知らされていない。今回の戦は、趙西部を攻略すると見せかけたぎょう攻めだということを。

一段を大きな歓声が上がる。

軍総司令の昌平君と今回の戦の総大将・王翦将軍の登場だ。

壁は、王翦将軍をみて、河了貂に今回の総大将が王翦将軍だということについての率直な意見を聞く。壁は、王翦将軍を信用していない。

以前に、山陽戦で受けた仕打ちもあるが、目が信用できないという壁。

河了貂は、軍総司令の昌平君も王翦将軍の人間性には疑念を抱いているというも、その不安をおして余る力があるという。

軍略の天才、六将・胡傷が認めた軍略の天才・王翦 | キングダム

軍略の天才、六将・胡傷が認めた軍略の天才・王翦 | キングダムより引用

王翦のことを六将・胡傷が認めていたという。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です