感想ズ 漫画感想ネタバレ考察レビューサイト

キングダム 502 秦軍の進路変更に気づいた李牧。司馬尚の登場で燕軍オルド軍を司馬尚に任せる李牧。

機先を制す者 | キングダムより引用

  1. キングダム 第502話ネタバレストーリー・あらすじ「機先を制す者」
  2. キングダム 第502話ネタバレ感想・考察
  3. キングダム 概要
  4. キングダムを連載している週刊ヤングジャンプについて

キングダム 第502話ネタバレストーリー・あらすじ「機先を制す者」

金安城に到着した飛信隊。空は暗く夜になっていた。

先に到着した軍は野営の準備もせず、五千人将以上に総大将天幕にくるようにと招集をかけている。

信は、王翦将軍が待つ総大将天幕に向かう。

総大将天幕にたどり着いた信は最後の一人が来たと報告を受け、先輩たちに叱りを受ける信。信は軽い謝罪をすると土門将軍に殴られる。

全員揃ったところで総大将王翦将軍がすぐ経つゆえに手短に話すという。

王翦将軍 | キングダムより引用

王翦将軍は、金安を出てぎょうに向かうと告げる。

黒羊を目指していたはずが趙国第二の都市、ぎょうに向かうことに知らされていなかった壁を含む将たちが驚く。

王翦将軍 | キングダムより引用

王翦将軍はさらに遅れる小隊がいれば責任として、ここにいる将の首を容赦なくはねるという。それほどまでに重要だということだった。

信は飛信隊のみんなが進路変更を告げるとモタつくだろうと考えるも蒙恬はすべてを言わなければいいという。夜の進軍、どこに進んでいるかわからないという。

蒙恬は更に後戻りはできないというと信は初めからそのつもりはないという。王賁は作戦が成功したわけでもないのだから浮かれるなと釘を刺す。

李牧がいる趙西部前線都市武白では、燕軍オルドの進軍報告を受けていた。

李牧は、次々と城を落としていくオルドへの対応を迫られていた。

邯鄲から出兵したこちょう将軍を東に向かわせるべきという進言を考える李牧。オルド軍の侵攻は大都市ではなく中都市の青歌であることを知ると李牧はその情報を間違いないかと確認する。

青歌には司馬尚がいるという。無名の司馬尚を誰もしらない。司馬尚は、青歌城の城主で病に伏せているという情報しかしらなかった。

しかし、その真実は違うという。司馬尚は中央を嫌い、病と称して中央の命令を無視しつづけていたという。そして、以前に三大天の任命も断ったという。

三大天の任命を断ったことに驚愕する一同。

司馬尚を三大天に推薦したのは李牧だった。

司馬尚が青歌城から出陣 | キングダムより引用

そこに急報。司馬尚が五千の兵を引き連れて、青歌から出陣したという。

その報告を受けて、李牧は、こちょう将軍への東への進路変更の命令を取り消す。

李牧は、舜水樹がまだ武白にきていないことを気にする。すると燕軍の急報つづきて、舜水樹の報告を後回しにしていたという。その舜水樹の報告を受ける李牧。

秦軍は金安から進路変更する可能性があるという。

その知らせを聞いて、李牧は考えをめぐらせる。

金安に兵糧を隠して持って進路変更をしても南には黄河、東には鉄壁の王都圏。。。ぎょうに向かうことを考える。

秦軍の真意を見抜いた李牧 | キングダムより引用

李牧は、机を大きく叩く。

その夜が明けた時、金安にいた二十万の兵が忽然と姿を消した。

キングダム 第502話ネタバレ感想・考察

西に向かわなかったw 普通に中央に向かってった。

ここで、司馬尚がでてきた。

2017年1月19日発売 今週のヤングジャンプ「キングダム」を読んで。

キングダム 概要

中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦王・政の活躍を中心に戦乱の世を描く戦国ロマン漫画。信は飛信隊とともに成長し、大将軍へと登りつめる。

キングダムを連載している週刊ヤングジャンプについて

週刊ヤングジャンプは、毎週木曜日発売の週刊青年漫画雑誌。創刊時の編集方針は「愛・力・権力(からの解放)」。これは『週刊少年ジャンプ』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、少年漫画の枠を取り払った自由度の高いマンガ誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。