ジョジョリオン 61 ドロミテのスタンド『ブルー・ハワイ』の能力

ドロミテのスタンド『ブルー・ハワイ』の能力を分析する定助 | ジョジョリオン

ドロミテのスタンド『ブルー・ハワイ』の能力を分析する定助 | ジョジョリオンより引用

  1. ジョジョリオン 第61話ネタバレストーリー・あらすじ「ブルーハワイ その1」
  2. ジョジョリオン 第61話ネタバレ感想と考察
  3. ジョジョリオン 概要
  4. ジョジョリオンを連載しているウルトラルジャンプについて

ジョジョリオン 第61話ネタバレストーリー・あらすじ「ブルーハワイ その1」

ドロミテは口を開ける。

ドロミテの歯が落ちる。

ドロミテは、岩にかじりつき、歯が抜け落ちる。

それを見て、常敏はドロミテに感謝する。

ドロミテのスタンド『ブルー・ハワイ』 | ジョジョリオン

ドロミテのスタンド『ブルー・ハワイ』 | ジョジョリオンより引用

常敏は、ドロミテの行動を正解だという。人は何かを乗り越えようとしている時が幸福だと持論を展開する。金持ちに生まれたとしても更に上に進まなければならないという。生まれたときがゼロ地点だからそこから登っていかないといけないという。

定助は、父親・憲助の指示でロカカカの接ぎ木した枝を見つけられる者のところにいく。定助にその者を引き合わせないというより、常敏が先におさえることが重要だという。

ドロミテのスタンド『ブルー・ハワイ』 | ジョジョリオン

ドロミテのスタンド『ブルー・ハワイ』 | ジョジョリオンより引用

ドロミテは、その定助が持っている携帯電話に情報が入っているんだなと常敏に確認する。常敏は頷く。そのためにはドロミテのスタンド『ブルー・ハワイ』の能力が必要だともいう。

常敏は、手袋をして、ドロミテが吐き出した歯を手に触れないように封筒にいれる。

ドロミテは確認する。ドロミテのスタンド『ブルー・ハワイ』の能力を使ったら、定助はおろか杜王町もマズイことになると。常敏は父親・憲助に気づかれなければいいという。

車を運転していたおばさんが口から血を流しながら塀を越えて定助に襲い掛かろうとしていた。

定助は、最初に襲ってきた少年を見ると、路上で放心状態になっている。

おばさんは、血を噴出しながら定助を掴もうとするも塀から落ちる。

定助は心配になって声をかけるが、おばさんは普通ではない目つきで定助を見る。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です